歯軋りをすると、ハイブリッドセラミッククラウンに金属の色が付くのですが…

相談者: ヘレンさん ( : )
投稿日時:2007-10-07 20:02:00
こんにちは。

先日、数年前に保険で治療済みだった下右の奥2番目の神経の無い歯を、クラウンのみハイブリッドセラミックに変えましたが、噛みあわせの上の歯が保険のクラウンの為、歯軋りした時に 上の銀色のクラウンが下のハイブリッドに色移りして数箇所、点々と黒い色に成ります。

指やティッシュで拭き取ると直ぐ取れますが、何か健康上問題が無いか心配です。。。

その旨を担当の先生にお話したところ、特に問題が有ることは無いとの事で、噛み合わせ調整をして頂き終わりました。

しかし以前より色の付き方が増えた気がします。
コアは上下とも保険のものです。

下の歯を変える時に、保険外でお願いもしてみましたが、綺麗に治療されているので下手にいじらない方が歯の為に良いとのことで、コアは下の歯も上の歯と同じ保険のコアそのままです。

現時点での状況でしたら、先生方は今後についてどのようにすることが良いと思いますか?

直ぐにでも保険外に変えたほうが良いか、来年再来年という期間を見て変えても良いか、または上の歯に痛みなどの問題が起きてからコアごと変える方が良いかなど・・。

アドヴァイスを宜しくお願いいたします。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2007-10-08 01:21:00
こんにちは。

銀歯対合歯の着色は、レジン系(ハイブリッドセラミック、直接充填用コンポジットレジン)の場合は普通ですよ。

他の素材なら黒くは見えないでしょうが、銀歯の金属がすり減る(?という程の量ではないかも知れません)ことに違いはありませんので、とりあえず気にされる必要はないかと思いますよ。

コアの素材なども着色との関係はありません。
ご心配なく。




タイトル 歯軋りをすると、ハイブリッドセラミッククラウンに金属の色が付くのですが…
質問者 ヘレンさん
地域  
年齢  
性別  
職業  
カテゴリ 歯の変色・着色
ハイブリッドセラミッククラウン
クラウン(差し歯・被せ)のトラブル
審美歯科治療(人工の歯)
クラウンの変色・着色・色の問題
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

歯磨きをしても虫歯になる原因 デンタルフロスは効果無し? 歯ブラシとデンタルフロスどっちが先? 歯科衛生士が就職前に絶対に知っておきたい

Total total
今日 今日
昨日 昨日