回答 回答1
  • 回答者
長崎大学大学院包括的腫瘍学講座の中本です。
回答日時:2007-10-17 16:10:00
ちょっと興味深いニュースがYahooで出ていましたので、お知らせします。


引用ここから↓

英国、ペンチで抜歯など「自宅歯科」する人も=調査

[ロンドン 16日 ロイター] 英国の調査で、同国の歯科医療システムの使いにくさのため、自分でペンチを使って歯を抜いたり、強力瞬間接着剤で歯冠をくっつけたりしている人がいる現状が明らかになった。

イングランド全域で5200人を対象にした調査報告によると、患者の約6%がちょっとした「自宅歯科」をやり始めたと答えた。国営の医療制度であるナショナル・ヘルス・サービス(NHS)を利用できる歯科医が見つからないため全く歯科にかかってないという人が10%、自己負担で民間の歯科医にかかったという人は25%だった。

中には「ペンチを使って自分で14本の歯を抜かなければならなかった」とした回答者もいた。

調査では歯科医750人にも質問をしたが、NHSを利用する患者はもう受け入れていないと答えた人が45%となった。

英国歯科医師会(BDA)は、歯科医が行った治療に応じて報酬を得るのではなく、一定の収入を保証される同システムに大きな欠陥がある点が示されたと指摘。

一方政府は、NHSの歯科医療の利用に問題があることは認識しているが、今回の調査報告は状況の全容を映し出してはいないとしている。

↑引用ここまで


驚くべきは、イギリスの歯科医師の約半数が、国の医療制度を移用している患者を受け入れない、というところです。

遠い海の向こうのお話、というわけにはいきませんね。
色々考えさせられるところがあります。

回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2007-10-17 16:27:00
こ、怖い話ですね・・

日本の医療制度の考え方って、よく英国に似ていると比較されますよね?
他人事ではないかも知れませんね。

回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2007-10-17 18:37:00
貧富の差が広がって 同じようになっていくでしょうね。
資本主義経済社会は必ずこうなります。

イギリス・アメリカとも 同じような感じです。
日本もすでにこうなりつつあります。

日本の保険治療がなぜ 持ちこたえられたか?
ひとえに日本人の器用さと生真面目さのおかげだといわれています




タイトル 英国の歯科医療事情−yahooニュースより
質問者 中本恵太郎さん
地域  
年齢  
性別  
職業  
カテゴリ イギリス
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日