舌の位置は、必ずしもスポットにないといけないのでしょうか?

相談者: バッジオさん ( : )
投稿日時:2007-10-27 02:09:00
普通、人は舌がスポットというところにないと歯並びに影響を与えるというのは歯科的には常識のようですが、僕の場合口の位置とスポットの位置に多少のずれがあるようです。

自分でインターネットなどで調べたところ、舌と口の筋肉はつながっていると知り、一概に口の位置などを無視して舌の位置を決めてしまうのに違和感をもっています。

少なからず例外はあると思うのですが、そういった場合でもスポットに舌を位置させておけばいいのでしょうか。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2007-10-28 00:52:00
舌がスポット(上の前歯の後側のあたり)にあったほうが良いというのはよく言われていますが、これには少し注意が必要だと思います。

というのも、歯並びが正常な人であれば意識をして舌をスポットに持っていくことは可能だと思いますが、もともと並びが悪い人の場合には、バッジオさんのおっしゃられているように例外にあたるかもしれません。

例えば開咬で前歯部に隙間が開いているために、そこに無意識に舌がいってしまうということはありえます。

また、舌の大きさにも個人差がありますので、スポットに舌を維持するのが難しいという人もいると思います。

ただ基本的には、舌をスポットにおいておくように意識するというのは悪くないと思います。

スポットの位置を意識するだけで改善する場合もありますし、それをしたから何か問題があるのかと言うとそういうことはまず無いと思いますから、やって損はないと思いますよ。

しかし歯並びが悪い人の場合には、意識するだけでは改善が難しいケースもありますから、矯正も視野に入れて考えなければならないこともあります。

また、矯正をして歯並びが良くなることで自然に舌の位置が良くなることもあるみたいですね。




タイトル 舌の位置は、必ずしもスポットにないといけないのでしょうか?
質問者 バッジオさん
地域  
年齢  
性別  
職業  
カテゴリ 歯列矯正(矯正歯科)その他
舌の病気・異常
舌、粘膜、唇の病気・異常その他
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日