上7番の抜髄後に入れる、ベストなクラウンとは?

相談者: ヨゴさん (33歳:男性)
投稿日時:2007-12-12 18:49:47
左上7番の虫歯の修復についてです

抜髄となり根管治療がおわり
型取りとなりました

先生方々が
もし、ご自分の歯がこのような状況になったとしたら
左上7番の修復には
どんなものをいれますでしょうか?

こちらのサイトで
銀パラのメリットがないと勉強しましたので
なにを入れたらいいか悩んでいます


見た目を気にせず(奥歯なので見えませんので)
やはりゴールドでしょうか?
(適度なかたさと持ちもよい)

メタボン→虫歯の再発になるので×
セラミックス→奥歯なのでわれやすいので×

白い素材もやめといたほうがいいのでしょうか?

なにを入れたらいいか悩んでいます
先生方々だったらご自分の歯がこのような状態でしたら
どのように修復されますでしょうか?

一番ベストな方法を教えて下さい

どうぞよろしくお願いいたします


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2007-12-12 19:14:10
僕なら

 ハイブリッドセラミックス
   か
 ゴールド

です。

どちらも一長一短ですので、窩洞(穴)の大きさや形態を見て決めたいですね。

回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2007-12-12 19:50:07
おぉ〜、頑張って勉強されていますね。
素晴らしい!!

上の7番ですよね!?

であれば私はゴールドを入れますね。

最後大臼歯は破折のリスクが付きまといますので出来ればその辺りも考慮された方がいいと思いますよ。


>こちらのサイトで銀パラのメリットがないと勉強しましたので

いやいや、安いという最大のメリットを忘れてはいけませんよ。

本来金属修復は非常に高価な治療なのですが日本では保険制度で安く治療を受けることができます。

この煽りを技工士さんが直に受けています。


メタボン虫歯の再発になるので×

完全な間違いです。


セラミックス→奥歯なのでわれやすいので×

歯ぎしりをするかなどで変わってきますね。


>一番ベストな方法を教えて下さい

ベストな方法というよりベターな方法ですね^^;

ここではヨゴさんの口の中も見れない訳なので何が最もいいかの判断は担当の先生と話し合って決めてくださいね。 

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: ヨゴさん
返信日時:2007-12-13 01:28:38
タイヨウ 先生
井野 先生

回答ありがとうございます

ゴールドを入れた場合
となりの歯やかみあわせの歯に
銀歯があるのですが

ガルバニック電流ガルバニー電流)が気になっています

口腔内の銀歯は
すべてゴールドにしなくてはいけなくなるのでしょうか?

また詰め物で修復可能であれば
詰め物で対応したほうがよいでしょうか?

その場合はなにで詰め物をするのが
良いでしょうか?

よろしくお願いします
回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2007-12-13 09:46:19
ガルバニック電流ガルバニー電流)が気になっています
口腔内の銀歯はすべてゴールドにしなくてはいけなくなるのでしょうか

理論的にはガルバニー電流は発生します。
理想的には作り変えた方が良いと言えるでしょう。

しかし、僕も実は口腔内に異種金属が入っていますが、味覚の変化など、実質的な不具合は生じていません(鈍感なだけと言う噂も‥)。

ですから、ヨゴさんが「嫌だなぁ」と思われれば、交換した方が良いでしょうね。


>その場合はなにで詰め物をするのが良いでしょうか?

同様にゴールドかハイブリッドがお奨めです。

また、レジン充填が得意な先生であればレジン充填でも大丈夫な場合もあります(あまり大きな窩洞にはお奨めしませんが)。

そのあたりは担当の先生としっかり話をされると良いと思います。




タイトル 上7番の抜髄後に入れる、ベストなクラウンとは?
質問者 ヨゴさん
地域 非公開
年齢 33歳
性別 男性
職業 非公開
カテゴリ 保険のクラウン(奥歯:銀歯)
ハイブリッドセラミッククラウン
オールセラミック(陶器の被せ物)
メタルボンド
ゴールドクラウン(金の被せ物)
お勧めのクラウン(被せ物・差し歯)
根管治療後の詰め物・被せ物
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日