クリアファイルコアとファイバーコアの違いと、コア(土台)の交換について

相談者: yuki7さん (32歳:女性)
投稿日時:2008-06-11 22:52:28
初めまして、
今 前歯 が差し歯なのですが、
13歳に差し歯にしてからずっと
保険銀の土台を入れていました。

今回 土台 コアの種類が色々あることを
知り、ファイバーコアポストを知りました。

ファイバーコアは 銀の土台に比べ
良いもので、天然に近いので、
ファイバーコアに変えようかなと、
近くの歯医者さんに相談しに行きました、

そちらでは、クリアファイルコアというコアがあり、
こちらの方がファイバーコアより安く
また、ファイバーコアと同じくらい良いもので、
ファイバーコアとそれほど変わらないので
クリアファイルコアを薦められました。

私は初めてクリアファイルコアというのを聞き
インターネットで調べたのですが、
情報が全くなく どういったものなのか
知る事ができません。

念のため クリアファイルという特質を
詳しく知ってから 選びたいと思っています。

クリアファイルというのは
どのような材質 有効な特質など
教えていただきたいです。

それでは、ご返答お待ちしています。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2008-06-11 23:42:46
こんばんは

専門用語に?ですね。

クリアフィルコアと言うのは製品名で
コンポジットレジンのコア用材料のことです。

最近、グラスファイバーが流行のようになっていますが
歯科領域においてグラスファイバーが使われだして
10年程度の月日しか経過していません。

ファイバーポストについてはさらに短い年月しかたっていません。
ですから、ファイバーが良い材料であることはまちがいありませんが、
やたらに飛びつくのはどうかと思います。

構造について説明します。

みなさんが言うグラスファイバーはコアの芯になる部分で
その周りにはレジンを使います。
これは、レジンと言う材料だけでは強度不足だからです。

ですから、クリアフィルコア単体では強度が保てません。
普通は芯になる部分に金属製のピンを入れたりグラスファイバーを入れます。

私の場合は、他社のコア用レジンとピンを併用して使っています。
症例によってはグラスファイバーや金属も使います。

レジン+ピン >> ファイバーコア≒金属 こんな比率かな。

余談かも知れませんが、
なぜ、土台を変えるのですか?
虫歯や他の問題が何かあるのでしょうか?

問題があれば変えたほうがいいと思いますが、
いい材料に変えたいということであれば疑問を感じます。

新たに、土台を入れるということは、
問題のない歯質を削ることになります。
また、金属の土台をはずすことにもリスクが生じます。

余計なことを言ってしまったかも知れませんが、
よくお考えください。

削ってしまったらもとにはもどらないのですから。

回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2008-06-12 01:30:46
こんばんわ、私の意見も桜田先生と同じで今問題がないならやり変えは将来問題が起こったときでいいと思いますよ。

金属の土台を除去するのにも結構リスクがあり、治療したが故に抜歯もありえます。


>クリアファイルコアというコアがあり

桜田先生のおっしゃる通りで商品名でファイバーコアのような共通語ではありません。

またこのクリアファイルコアはレジンコアの中に入り、メリット・デメリットは

⇒参考:レジンコア

です。


今問題なければ積極的にやり変えはおすすめしませんね^^;

土台の交換はうまく出来て2〜3回です。
よく考えられてからの方がいいと思いますよ。 

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: yuki7さん
返信日時:2008-06-12 14:13:13
桜田先生
井野先生 ご返答ありがとうございます。

クリアファイル保険内のレジンの中に入ってるということが
分かりました。

ただ、土台を変えるときのリスクなども
高いですね、

私が何故 土台を変えたいかというと、
深い事情があり、左上犬歯を2年前に抜きました。

深い事情でどうしても 
ブリッジまた部分入れ歯にする事ができません。

また17歳の時に左上4番も抜歯して、
19歳の頃に初めて犬歯と5番までのブリッジを入れ、
30歳で犬歯を抜いてからは
ブリッジ 部分入れ歯をしていません。
深い事情でどちらも出来ないのです。

その為 前歯1、2番でかかる負担が大きく
最近 噛み合せると 上前左1番2番に揺れがあります。

犬歯を抜く際に 器具が上前左2番に強く当たり
差し歯が欠けたり、2週間腫れてから、
揺れが特に強くなりました。

このような状態なので、少しでもを長く持たせるには、
土台がしなる特質のある
ファイバーコア クリアファイルコアに
変えたいと思いました。

ですが、やはり私の場合は特に
土台を変えるリスクが高くなるのでしょうか?

お手数ですが またご返答お待ちしています。
回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2008-06-12 14:41:33
を長く持たせるには、土台がしなる特質のある ファイバーコア クリアファイルコアに変えたいと思いました。

よく調べましたね、素晴らしい!!^^

ですが今回の場合土台を代えても問題は解決しないと思いますよ。

犬歯は口の中でもかなり大きな仕事をしています。

また横からの力に対しても抵抗力があり、この歯があるが為に他の歯も守られています。

よく見栄えの為に犬歯を抜くなど相談がありますが、このことを歯科医師から説明をしてもらえば、見た目の改善の為には矯正が必要だと考え方が変わると思うのですが・・・


すみません、話がずれました^^;


今回の場合はたぶん、欠損歯数が増え咬合力が過度に当って起こっている問題であり、まずは歯の無いところの問題を解決しない限りファイバーコア クリアファイルコアのメリットはそんなに出てこないような気がします。

ですから今回の場合は歯の無いところの相談を担当の先生とされた方がいいと思いますよ。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: yuki7さん
返信日時:2008-06-12 21:22:52
こんばんは、井野先生 ご返答ありがとうございます。

やはり私の場合は ファイバーコアなどの
治療にはあまり意味がないのですね、
土台を変えること事態リスクもありますし、

担当医師とよく相談してみます。

今回はありがとうございました。

まだ 他の悩みがありますので、
また新たに投稿させて頂きます。



タイトル クリアファイルコアとファイバーコアの違いと、コア(土台)の交換について
質問者 yuki7さん
地域 非公開
年齢 32歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ レジンコア(プラスチックの土台)
ファイバーコア(プラスチックとファイバーの芯の土台)
土台(コア)の除去・交換
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日