受け口のため矯正したが、切端咬合までにしか改善されない

相談者: simbaさん (27歳:女性)
投稿日時:2009-02-15 03:27:38
はじめまして。
ご回答のほどよろしくお願いします。

私は受け口のため3年ほど前から矯正を始めたのですが先生から、

『酷い受け口ではないので外科処置の対象ではない。
抜歯で上顎の中切歯と側近の計4本を前に出す(少し出っ歯にする)ことと下顎の前歯を後方移動して上の歯が2〜3mmかぶるようにする。』

という治療方針で始まりました。

が、成人してる為思ったより歯が動かず上の前歯4本が下の歯の先端にちょうどぶつかってる状態で私には切端咬合の状態に似てるように見えます。



先生に相談したところ

「上下の歯を2〜4本抜歯すれば下の歯も奥に入っていくし、出っ歯にした上の前歯も元に下ろして2〜3mmかぶるようになるだろう。」

と言ってくれました。


ですが、一ヵ月後の定期診察の時に

「抜歯をすれば顎の形が変わってしゃくれたり、受け口が矯正前より酷くなる。
歯並びも悪くなるかもしれない。
外科もあなたの症例ではやる必要はない。」

と意見が変わってたのです。

抜歯をすることで治療する前より受け口が酷くなり顎の形が変わることが怖いと感じ

「それは嫌なのでこの状態でいい。」

と2か月前から装置を外しリテーナーに変わりました。


ですが、インターネット等で私より受け口が酷く歯並びも悪かった人がわざわざ出っ歯にすることなく綺麗な歯並びになり受け口も改善されてる症例を見るとあきらめられません。

歯並び事体が綺麗になり噛み合わせが良くなったことは満足ですが、笑うと上の歯が少ししか見えず下の歯が見える状態、また歯をいーっと噛んだ時に切端咬合のように上下の前歯の先端だけがぶつかってる状態が嫌なのです。



抜歯・外科手術も必要なしと聞いてますが他に治療法はないのでしょうか?
またお医者さんを変えるべきなのでしょうか?

よろしくお願いします。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2009-02-15 06:20:22
simbaさまおはようございます。

反対咬合矯正治療をなさったにもかかわらず、前歯の被蓋が切端咬合までにしか改善しなかったために、もう少し被蓋がよくならないものかと考えていらっしゃるのですね。


スタートの状態がわかりませんし現在の状態も判らないので改善できるかどうかについては判断いたしかねます。

おそらく主治医の技術ではこれが精一杯だとおもいます。
一度セカンドオピニオンを求められてはいかがでしょうか。


もしこれ以上改善できるなら再治療を考えられてもいいと思いますし、外科矯正の適応となれば手術も考えてもいいかもしれません。

出来たら2・3人のDrの意見を参考になさったほうがいいように思います。

お大事になさいませ。

回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2009-02-15 08:39:13
セカンドオピニオンを受けられるのであれば、口腔外科のある病院、歯科口腔外科で外科医の眼のあるところで矯正のご相談をされる方が宜しいかと存じます。




タイトル 受け口のため矯正したが、切端咬合までにしか改善されない
質問者 simbaさん
地域 非公開
年齢 27歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 歯列矯正(矯正歯科)その他
下顎前突(受け口)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

歯磨きをしても虫歯になる原因 デンタルフロスは効果無し? 歯ブラシとデンタルフロスどっちが先? 歯科衛生士が就職前に絶対に知っておきたい

Total total
今日 今日
昨日 昨日