ブリッジを支えている歯にヒビ。抜歯ならインプラントor部分入れ歯? (イギリス)

相談者: パオパオさん (34歳:女性)
投稿日時:2009-05-21 00:47:33
現在、イギリスに住んでおり、もう3年ぐらいは日本に帰国出来ない状況です。

来週、現地の担当歯科医に相談に行くのですが、その前に日本の歯医者さんの意見もお聞きしたいと思いました。


左下567でブリッジをしていて、5番から膿が出るようになりました。
そこの根の治療をしていて、歯根しか残っていないです。


3年前にそのブリッジが取れかかっていたので、日本の歯医者さんに行ったところ、歯根か歯にひびが入っていると言われました。

でも、抜歯は嫌だったので、接着剤みたいなので止めて、そのままそのブリッジを付け直してもらいました。



?やはり、5番は抜歯しか方法はないのでしょうか?

?左下5、6番がないと部分入れ歯インプラントしか方法はないのですか?

?インプラントを使用した場合、2本必要ですか?
 インプラント1本使用で、2本分支える事は出来ますか?

?部分入れ歯には抵抗があり、インプラントの方がいいとは考えています。
インプラント技術は、イギリスと日本では変わらないのでしょうか?

日本とイギリスでのインプラント料金は同じぐらいなのですが、日本ではインプラントを10年保障をしてくれる所もあるみたいですね。(イギリスは分からないので、聞いてみます。)

?一時的、部分入れ歯にし、帰国後インプラントをしたらいいかなぁ?とも考えています。
でも、二度手間になったり、部分入れ歯用に健康な歯を削らなくてはいけなくなったりと、リスクが多いですか?


沢山、質問してすみません。
ご回答の程、宜しくお願い致します。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2009-05-21 01:15:46
こんばんは。

もしその左下5番にクラック(ヒビ)あるいは明確に破折があるのならば、本当に残念ですが抜歯は免れないと思います。

もし無理に残して温存するとその周囲の骨などがやられてしまい、後々義歯であろうがインプラントであろうが治療をより複雑にしてしまうばかりで得はありません。


4番〜7番までのブリッジという手段もありますが、そのためにさらにその左下のワンブロックを、さらに危険にさらす事にもなりかねません。


なので?でお書きになっておられるように、帰国してからインプラントをというお気持ちがあるのでしたら、一時的に部分義歯という事もあると思います。


しかし部分義歯にした場合、その支えとなるのはやはり両サイドにある4番7番なので、これらの義歯に面する部分が虫歯になりやすくなる(清掃性が悪くなる)ので、日頃のお手入れと比較的短いペースでの歯科でのメインテナンスは必須といえるでしょう。


技術的な事はそれこそその医師の技量によるところですので、何ともコメントし難いところであります。

ただもしイギリスで施術となるようでしたら、なるべく世界で一般的に流通しているメーカーのインプラントを扱う医院をお探しになった方が、帰国してからのトラブルにも対処しやすいと思います。


金額については各医院まちまちですので、日本国内でも高額な医院もあれば安いところもあります。

ただあまりに安い場合にはちょっと警戒してよく下調べが必要かも知れません。

回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2009-05-21 01:28:46
こんにちは。

海外での受診は悩みが尽きませんよね。

まず診断について、実際に拝見しないと分かりません。
それと治療方針については、担当医の技量が分からないことには判断出来ません。

その前提で、ですが、参考までに回答をしていきますね。



>?について

歯根破折の診断が間違いないなら、抜歯を選択されるべきだと思います。

割れ目から深部に細菌が大量に入って行きますので、周囲の骨のダメージが甚大になってしまいます。

今は何か症状などあるのでしょうか?
3年前の話から後が飛んでいるので気になります。

現地の主治医の先生に、精査してもらって下さいね。



>?について

ブリッジでされる先生も少なくないです。

特に日本だと、保険のブリッジとインプラントの料金差が激しいためか、多い気がします。

・・ですが、個人的には、基本的には反対です。

設計的に長すぎますし、そこにかなり大きな力がかかるので、非常に予後は悪いですね。

金属は変形もするしたわみもしますので、精度よくぴったりに作って、それを長持ちさせるのは至難の業です。


よくよく診査して、他の選択肢よりもマシと判断すれば勧める場合もあるかも知れませんが、基本的には勧めないですね。



>?について

基本的には2本で考えられた方が良いと思います。

中には3本で勧める先生もおられるぐらいで、1本はちょっと危ないと思いますよ。

主治医の先生と相談されて下さい。



>?について

こればかりは担当の先生次第でしょうね。

日本の歯科のレベルは、全体で見ると意外と先進国ではないのですが、出来る先生は間違いなく世界トップレベルだと思います。
イメージ的にはイギリスも近い感じだと思いますけど。。

インプラントの保証期間の比較については、あまり参考にならないと思いますよ。



>?について

それもアリだと思いますが、骨の状態にもよるかも知れません。

それこそそちらの主治医の先生と相談された方がいいでしょうね。

一長一短ですから、パオパオさんがどうすると安心出来るのかで決められてもいい様な気がします。



それとインプラントは、埋入したらハイ終わりではありません。
その後のお手入れや管理も重要です。

出来れば埋入して下さった先生と、長くお付き合い出来る様な環境があると好ましいですね。

生活の基盤がどちらになるかも考える際の要素となるかと思いますよ。


お大事にどうぞ。





(田中先生とかぶりました・・ まったく同じ内容ですね^^;)

回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2009-05-21 23:23:34
ヒビの入っていたが、3年後にいよいよ駄目に成っているようですね。

骨のダメージとかも広がっているかも知れませんので、まずは抜歯が避けられないだろうと思われます。


インプラントは健全歯に負担を掛けずにその場所に歯を作れますので、お勧めできますが、今回の場合5番の骨がどうなっているのかで治療期間、治療方法がだいぶ違ってしまうと思います。

歯周病の専門医とか歯茎、骨への配慮のチャンとしているDRを探される事をお勧めします。
専門医とかもいるのではないでしょうか。

腕に関しては、個人の問題なので洋の東西を問わないのでは、と思います。


入歯を入れると歯茎とか骨が痩せるリスクもありますし、金具の掛かる歯の負担の増えますので、お勧めしません。

ブリッジも削ってしまった歯は元に戻りませんから、勿体無いと思います。


ノーベルとかストローマンとか世界的に流通しているインプラントでの治療をお勧めします。


お大事に。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: パオパオさん
返信日時:2009-05-23 05:55:22
こんにちは。

田中先生、渡辺先生、松元先生、ご回答ありがとうございました。


どうしよう〜どうしよう〜と言う気持ちが、少し落ち着きました。
今後、イギリスか日本のどっちに基盤をおくかを考え、インプラントの事も考えたいと思います。

担当医に相談に行くまでは、なんとも答えが出ないのですが。。。


その先生は見た目がすごく若いので、インプラント手術の経験があるのか?、無ければ他の先生、又は専門医を紹介してもられるかも聞いてみます。



イギリスで半年に1回、定期健診に行くのですが、歯石を取って、5分で終わりと。。
(日本での衛生士さんやってくれるのと同じだけです)

いつも、え〜早っ!と思いながら、帰ります。 
なので、少し信用できない。。っていうのもあります。

国で経営している歯科なので、プライベートは分からないですけど。。


今は、右下5番の歯茎に白い膿みたいのができたり、腫れたりします。
硬いものは、左で噛めないです。

早く、硬いものを食べれるようになりたいです。


お忙しい中、ご回答、本当にありがとうございました。
とても、心強く感じました。




 



タイトル ブリッジを支えている歯にヒビ。抜歯ならインプラントor部分入れ歯? (イギリス)
質問者 パオパオさん
地域 海外
年齢 34歳
性別 女性
職業 パート・アルバイト
カテゴリ 抜歯:5番(第二小臼歯)
インプラント治療法
部分入れ歯 その他
イギリス
歯根破折
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日