3番が原因歯の上顎洞炎? 左右1番も既に欠損、体調も悪く不安です

相談者: しむちゃんさん (31歳:女性)
投稿日時:2009-08-24 12:53:00
初めて質問させていただきます。よろしくお願いします。

小学生のころ前歯を欠損し、左上前歯を差し歯で過ごしていましたが、つい数年前貧血で倒れ、残る前歯も失ってしまいました。
今は前歯二本ともない状態で、入れ歯を使っています。

先日から頭痛がひどく、も痛み出したので歯医者に伺いましたところ、左上3番の虫歯からの上顎洞炎という診断があり、とりあえず痛み止めの新薬を処方されました。
今後の治療法としては、3番の抜歯が必要とのことでした。

前歯の入れ歯のこともありとても不安に感じ、この場合どのような治療となっていくのか、複数の選択肢を教えていただきたく思い投稿させていただきました。

なにとぞよろしくお願いいたします。


回答 回答1
  • 回答者
歯科医師の松山です。
回答日時:2009-08-24 13:51:33
上3番が上顎洞炎の原因になるほど、上顎洞底に近いケースは
滅多に有りません。

もしそうだとしても,根管治療により周囲炎も上顎洞炎も治療できるはずです。

何所で診断されたのでしょうか。
複数の施設でされたのであれば、また返答も変わってきますが。

回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2009-08-24 13:55:27
しむちゃんさん、こんにちは。

松山先生が回答されているように3番が原因上顎洞炎というのはかなり珍しいと思います。

上顎洞炎の場合は、原因歯を同定することが非常に重要になってきますので、慎重に診査する必要があると思います。

できればCTを撮影することをおすすめします。

参考になれば幸いです。

回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2009-08-24 16:18:17
なにか細かい情報が欠落しているように私には思えます。

なにゆえに、その年齢の女性に入れ歯という選択肢だったのか?
よほどの理由があるように思えます。

なぜ、3番由来の上顎洞炎なのか?
何か理由があるでしょう。

上顎洞炎の疑いありなので、より上位の病院、歯学部付属病院や歯科大学の付属病院の口腔外科での診察をセカンドオピニオンとして受けられますことをお薦め致します。


無事治療終了致しますよう、ご祈念申し上げます。

回答 回答4
  • 回答者
回答日時:2009-08-24 16:44:33
諸先生方の意見に賛成です。

畑田先生も書かれているように、歯科用CTで診査してもらえると何か解るかも知れません。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: しむちゃんさん
返信日時:2009-08-24 17:21:16
松山先生、畑田先生、佐藤先生、早速に御回答下さりありがとうございます。

上顎洞炎が、今の私のの状態からは考えづらいということがとても参考になり、安心致しました。

ここ数ヶ月仕事が大変忙しく、激しい頭痛貧血・吐き気がありましたのでそのことと、虫歯があったことから上顎洞炎と診断されたのかもしれません。

近所のずいぶん昔からある歯医者で診てもらったのですが、確かにあまりいい評判を聞きません。
他の口腔外科を探し、診てもらうことにしようと思います。


次回どこかで診察を受けてみないとどうなるかわかりませんが、左上3番の虫歯の治療が根管治療で済むようであるといいと願います。
診ていただいた歯医者さんでは、根っこが化膿しているというお話でした。
3番も欠損してしまいますと、穴だらけになってしまい、これからがとても不安で仕方ありません。。


>> 佐藤先生へ <<
前歯入れ歯のことですが、差し歯インプラントにという勧めもあったのですが、金属アレルギーを持っていますので当時とても抵抗がありました。

間もなくしてちょっとした外科手術をした帰りに貧血を起こしてしまい、倒れた拍子に残る前歯もなくしてしまいました。
前歯を2本とも欠損してしまい、この時はインプラントでなければブリッジという勧めがありましたが、健康な歯を削りたくないという思いが強かったので"入れ歯"で過ごしています。

前歯がないことはとてもマイナスなことですが、どうにもならなくてこういった状態になっています。
回答 回答5
  • 回答者
回答日時:2009-08-24 18:54:52
このことだけでは無いですが、金属アレルギーに関して、キチンと調べておかれることをお薦めします。

現在のインプラントは100%のチタンのモノが殆んどです。

チタンはまず、アレルギーの出ない金属ですので、一番安全だと思います。

逆に入れ歯に使われている金属にはクロムやコバルト、銀、銅、ニッケルなど、がありますので、そちらの方が私としては気になります。

貧血などもあるようです。
(鉄欠乏性?それもと単なる脳貧血?)
根本的な体の状態を治して頂きたいと思います。


せっかくなので、口腔外科を受診して、確認して頂く際にCTを撮影していただき、同時にインプラントが可能な骨なのかもみて頂くと宜しいかと存じます。

無事治療終了致しますよう、ご祈念申し上げます。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: しむちゃんさん
返信日時:2009-08-25 10:28:43
諸先生方、たくさんの回答を頂きまして大変感謝しております。

早々に口腔外科を受診し、今回アドバイス頂いたことを担当の先生に
お伝えし今後の治療について前向きに考えていこうと思います。


佐藤先生、親身に質問にお応えいただきましてありがとうございました!
実は身体の不調はかなり深刻で、内科医からは退職も勧められています。
これからは身体の状態を治すことを第一に考えていこうと思います!



タイトル 3番が原因歯の上顎洞炎? 左右1番も既に欠損、体調も悪く不安です
質問者 しむちゃんさん
地域 東京23区
年齢 31歳
性別 女性
職業 会社員(技術系)
カテゴリ 歯が抜けた・抜く予定 その他
上顎洞炎(蓄膿症)
その他(診断)
歯科金属アレルギー
頭痛、めまい
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日