再び虫歯になった右上1番。歯並びを整えるために差し歯にするという選択は?

相談者: ボンボンさん (32歳:女性)
投稿日時:2009-08-30 15:59:43
初めまして。

最近通いだした歯科歯周病虫歯予防の指導をしてもらい、急にのケアに目覚めたものです。
こちらのサイトは非常に勉強になります。


さて、右上1番ですが、以前虫歯治療詰め物をした左上1番との間部分、および右上2番との間部分が、再び虫歯と診断されました。

表側は詰め物をした部分との境が変色しており、裏側は黒くなっている部分があります。


今回も前回と同じく詰め物をして治療を終わらせることが可能だとのことです。
(神経を抜いたりする必要はないそうです)

ただ、この右上一番は、20度ほど外側を向いて生えています。
ほかの歯は比較的まっすぐなのですが、一番目立つこの歯が斜めなために、全体が乱れた印象になっていて前から少し気にしていました。


先生は、

「この際大きく削ってクラウンを被せ、歯並びを整えるという選択肢もあるから検討してみたら。」

と勧めてくださいました。

私は、職業がら初対面の人や欧米人と接する機会が多く、また大口を開けて笑う癖があるので、かなりこの提案に乗り気になっています。


しかし、このサイトを拝見していると、審美的な目的で差し歯にすることに懐疑的な先生が多いようです。

健康な歯を削る必要はないというのは、専門知識がなくとも納得できるところですし、私もやりたいとは思いません。

ただ、すでに2度も虫歯になってしまっていて「健康」ではない歯です。
必要以上に削らないことにこだわるべきなのか、それとも、そこにこだわる意味はないのか。


どのように考えればよいか、アドバイスをお願いいたします。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2009-08-30 16:14:35
実に気になるのは、なぜお若いのに、すでに2回も虫歯になったのか?

ここです。

これが解決できない限り、また虫歯になるでしょう。


ここの解決を主治医に相談されることが実は一番大事なのではないか?
質問の趣旨とはずれますが、私はそのように思います。


クラウンか充填かは、診察していませんので、返答不可能です。

ラミネートべニアという選択もあるかもしれません。
主治医に聞いていただけますか?宜しくお願い致します。

回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2009-08-31 09:31:10
佐藤先生と同意です。

まずは「すでに2度も虫歯になってしまって」と言う所の解決が先でしょうね。

原因として考えられるのは

 1 御自身のケアが
  a 不十分
  b 形態的に難しい

 2 充填に不備がある
  a 単に術者サイドの問題
  b 形態的に難しい

です。

1aの場合

キチンとした指導を受け、頑張りましょう。


2aの場合

拡大鏡や顕微鏡を使って不備の無いような充填をしてもらう。


1bや2bの場合

充填では難しければ清掃性も考慮してクラウン補綴にする。

この場合、佐藤先生の書かれているようにべニアと言う方法もなくもないですが、色調修正だけでは無く、形態修正も必要かと思いますので、クラウンにせざるを得ないのではないかと思います。


このあたりの回答は佐藤先生も書かれている通り、実際に拝見していないので何とも言えません。
担当の先生としっかり相談されてください。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: ボンボンさん
返信日時:2009-08-31 22:09:51
佐藤先生、タイヨウ先生

早速のお返事ありがとうございます。


2度も同じところが虫歯になったのは、単純に自分のケアに問題があるのだと思っておりました。

両隣のは無事なのに、同じ様に磨いていてなんでこの歯だけ?という疑問もあるにはありましたが、よく考えずに「これから先はちゃんとやらなきゃ」とだけ思っていました。


ご指摘をいただいて、私が目指すべきなのは、2度とこの前歯を虫歯にしないことだということがよくわかりました。
目が覚めた気分です。


担当の先生に、早速相談してみます。

先生方のアドバイス、大事にさせていただきます。
お忙しいなか、本当にありがとうございました。
回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2009-09-02 00:34:06
>ただ、すでに2度も虫歯になってしまっていて「健康」ではないです。
>必要以上に削らないことにこだわるべきなのか、それとも、そこにこだわる意味はないのか。


もし、この歯の神経がまだ残っているなら、かぶせるときに神経を取る必要が出てくるかもしれません。

もしそうなら、大きなリスクをしょう事になるでしょう。

神経を取るかどうかには大きくこだわられたほうがいいと思います。



診てみないとなんともいえませんが、少しひねっているだけなら、歯を少し小さくして、部分的に矯正をする方法もあるかもしれません。


>欧米人と接する機会が多く

欧米人にとって矯正治療はごく当たり前ですので、矯正装置を見て悪い印象をもたれることは無いでしょう。

トムクルーズも売れ出してから矯正していましたよね。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: ボンボンさん
返信日時:2009-09-02 14:00:36
小牧先生

お返事ありがとうございます。

やはり、神経を残すのが大事なんですね。
抜いてしまうと、変色したり、あとから様々な問題が出ることがあるとは耳にしていました。

もしクラウンを被せるとすると、前歯ですのでオールセラミックも検討中なのですが、このサイトの相談を見ますと、セラミックは比較的大きく削ることになり、神経を抜くことが多くなるという印象です。


矯正は、今後転勤などありそうですので、時間的にちょっと難しそうです。

主治医に、神経を残すことを前提にどんな選択肢があるのか、細かく相談してみようと思います。


ありがとうございました。



タイトル 再び虫歯になった右上1番。歯並びを整えるために差し歯にするという選択は?
質問者 ボンボンさん
地域 非公開
年齢 32歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 虫歯治療
虫歯その他
クラウン(差し歯・被せ)その他
審美歯科治療(人工の歯)
1、2本だけ歯並びが悪い
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日