金属アレルギーを考慮してのクラウンとコアの選択について

相談者: junjunさん (37歳:女性)
投稿日時:2009-09-06 23:51:35
こんにちは。
はじめまして。

金属アレルギーを疑って、今ある銀歯を10本ほど白い詰め物に変えようと検討中です。

はっきりした検査はしてないのですが、なかなかアトピーが良くならないため、考えられることはやってみようかと思っています。


見た目重視ではないので、出来るだけ自分のは削らずに残したいと思っています。

左上6と7番。
右上8番。
(神経がないため、ファイバーポストの土台を入れる予定)
右下6番。
エンプレスオールセラミッククラウンにする予定です。

(注:場所については返信1で訂正あり)


残りの歯は、レジンハイブリッドインレーです。


ただ、セラミッククラウンは1〜1.5mm歯を削って被せるため抵抗があります。

ハイブリッドセラミッククラウン(金属を使用しない)に変えてもらおうかと思っているのですが、この場合削る量は何mmくらいでしょうか?

●削る量が変わらない場合は、私の場合の歯の位置からでは、どちらのクラウンが適しているでしょうか?


またどうしても削るのがいやな場合、クラウンをセラミックインレーアンレー)かハイブリッドインレー(アンレー)で何とか入れてもらおうかと思っていますが、

●この場合、削る量だけで比較するとどのようになりますか?


私は、
・セラミッククラウン>ハイブリッドセラミッククラウン>セラミックインレー>ハイブリッドセラミックインレー>>レジン
だと思っているのですが。


ただ場所や被せの大きさによって、インレーが出来ない場合はしょうがないですね。


●クラウンを被せる場合、削る量が多いため、神経を痛めたりとらなければならない場合は多いでしょうか?


●最悪、神経処置が必要な場合、セラミッククラウンになる予定の銀歯を3本触らずにそのまま残しておき、他の歯はインレーで白いものに変えた場合、金属アレルギー防止の意味ではやる意味が全くないでしょうか?

銀歯の本数が減るため、少しはアレルギーが軽くなるのでしょうか?


お忙しい中、恐れ入りますがお返事宜しくお願いします。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2009-09-07 00:36:02
はじめまして。

大掛かりな処置で、大変ですね。

まず削る量ですが、

セラミッククラウンハイブリッドセラミッククラウンセラミックインレーハイブリッドセラミックインレー>>レジン

かと思います。


そして、

>場所や被せの大きさによって、インレーが出来ない場合はしょうがないですね。

ということですね。



それと、8番は抜くと言う提案はありませんでしたか?

生え方やかみ合わせ、他のの状態などで色々でしょうけれど、

>右上8番。(神経がないため、ファイバーポストの土台を入れる予定)

↑これは何だかもったいない気が・・



>●削る量が変わらない場合は、私の場合の歯の位置からでは、どちらのクラウンが適しているでしょうか?

歯の位置がどうかと言うよりも、耐久性のことなど考えると、個人的にはセラミックの方が好きですね。

得意不得意などもありますし、主治医の先生に相談された方がいいでしょうね。



>●クラウンを被せる場合、削る量が多いため、神経を痛めたりとらなければならない場合は多いでしょうか?

自分の経験ではほぼないですよ。



>●最悪、神経処置が必要な場合、セラミッククラウンになる予定の銀歯を3本触らずにそのまま残しておき、他の歯はインレーで白いものに変えた場合、金属アレルギー防止の意味ではやる意味が全くないでしょうか?

>銀歯の本数が減るため、少しはアレルギーが軽くなるのでしょうか?

銀歯を外せば必ず症状が良くなるとも限りませんし、即効性があるとも限りません。

それより神経処置自体がたぶん必要ないと思いますから、費用面などで無理がないなら全てされた方が良いのではないかと思いますよ。



治療頑張って下さいね、お大事にどうぞ。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: junjunさん
返信日時:2009-09-11 17:08:22
先生へ

お忙しい中、お返事ありがとうございました。
とても分かりやすく、大変参考になりました。


右上8番の神経がないですが、私の勘違いで6番でした。
昔、矯正のため歯を上下左右それぞれ1本ずつ抜いたので、人より4本少ない状態です。

親知らずも全部抜いてしまってありません。
なので

左上5と6番。
右上6番。
(神経がないため、ファイバーポストの土台を入れる予定)
右下5番。
オールセラミックになります。


●この右上6番は、抜かない方がいいのでしょうか?


この前、見ていただいた審美歯科ではなく、今現在奥歯を治療して頂いていた歯医者さんにも、金属アレルギーの事を相談してみました。

こちらは、普通の歯科ですが、白い詰め物に変えることもやっているとの事。


審美歯科にも相談に行った事を告げ、同じ用に相談しましたら、現在治療中の7番は、レジンの土台の方が良いので、ファイバーポストではなくレジンの土台の方でするとの事。


●右上6番は、ファイバーポストと、レジンのコア(ピンの金属を使用しない場合)と、どちらが良いでしょうか?
被せはどちらの歯科も、オールセラミックです。


レジンはピンを使用するのか、しないのかその時聞けなかったのですが、(レジンの場合金属アレルギーの為といってあるので、先生はピン(金属)は使用せずにするのかな?とは自分で思っています。)が、使用する場合もあるのでしょうか?

それはどんな時でしょうか?


●またピンを使った場合除去が困難で、歯が除去時に割れてしまった場合は義歯になる。とこちらで見たのですが、そうなのでしょうか?


どうぞ宜しくお願いします。
回答 回答2
  • 回答者
歯科医師の野田です。
回答日時:2009-09-11 19:13:12
junjunさん、こんばんは。

>●この右上6番は、抜かない方がいいのでしょうか?

6番はとても大切なです。
もちろん他の歯もですが。

やむを得ない状況にでもならない限り当然抜かない方が良いです。


>●右上6番は、ファイバーポストと、レジンのコア(ピンの金属を使用しない場合)と、どちらが良いでしょうか?
>●レジンはピンを使用するのか、しないのかその時聞けなかったのですが、(レジンの場合金属アレルギーの為といってあるので、先生はピン(金属)は使用せずにするのかな?とは自分で思っています。)が、使用する場合もあるのでしょうか?

コアの選択は歯質の残り方とそれぞれの歯科医師の考え方によると思います。

歯質がたくさん残っていればファイバーやピンはいらないかもしれません。
担当の先生に伺ってみて下さい。



>●またピンを使った場合除去が困難で、歯が除去時に割れてしまった場合は義歯になる。とこちらで見たのですが、そうなのでしょうか?

ピンを使う使わないに関わらず、コアを外す時には細心の注意を要します。

それでも歯が割れてしまった場合は、抜歯を考慮しなければならなくなる事もあります。


治療大変そうですが、頑張って下さい。

回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2009-09-11 23:05:05
>●右上6番は、ファイバーポストと、レジンのコア(ピンの金属を使用しない場合)と、どちらが良いでしょうか?

どちらでもいいですよ。
私はレジンのピンなしが好きです。



>●レジンはピンを使用するのか、しないのかその時聞けなかったのですが、(レジンの場合金属アレルギーの為といってあるので、先生はピン(金属)は使用せずにするのかな?とは自分で思っています。)が、使用する場合もあるのでしょうか?

先生の好み、考え方、の状態等関係してきますから、直接担当の先生にお尋ねになった方が良さそうですね。



>●またピンを使った場合除去が困難で、歯が除去時に割れてしまった場合は義歯になる。とこちらで見たのですが、そうなのでしょうか?

どうなんでしょうかね。
先生の感じ方にもよりますし、患者さんがあまり気を遣う部分でもない様な気もします。
ピンの除去は、自分的には結構楽な気がしますよ。

でも再治療はたぶんないつもりで(根管治療に全力を尽くした上で)コアを作るので、除去の難易度は考えず、他のメリットや自分の好みから、ピンなしを選びますね。



レジンのピンがあるかないか・・みたいな細かいことは、主治医の先生にお任せで良いと思いますよ^^

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: junjunさん
返信日時:2009-09-17 02:59:29
先生方へ

こんばんは。
早速のお返事、ありがとうございます。


金属アレルギーで徹底して金属を除去するため、コアのピンでさえ金属が入っていると思うと、気分的にいい感じがしないため、出来る限りピンを使わず、レジンの土台でして欲しいと考えています。

6番のは、自分で見る限り殆ど歯の白い部分が残ってないため、もしかしたら、ピンで補強しないとムリなのでは....。と不安もあります。

また担当の先生に相談してみようと思います。


このたびは、いろいろとありがとうございました。
丁寧で、分かりやすく、心のこもったお返事にとても感謝しています。
回答 回答4
  • 回答者
回答日時:2009-09-17 12:42:28
ご相談ありがとうございます。

だいぶ方針が決まってきたようですが、私なりの説明も追加いたします。


アトピーの治療との因果関係ははっきりしていませんが、お口の状況とアレルギーとは関係がありそうだとも言われております。

金属の影響は最もよく知られていることですが、他にもあるかもしれません。



たとえば、神経を取った後なかなか症状が取れないときは、治療に使った薬品によりアレルギーのような影響が出たかもしれないとも言われております。

また神経を取った歯に慢性の炎症がおこり、痛みも腫れも何の症状もないけれどその影響でとんでもなく離れた身体の臓器に重篤な異常が出て、そこの抜歯をすることで内科的・外科的な治療をしなくても内臓が治ったという報告例もあります。

つまり、できるだけ神経は抜かない治療を選んだ方が身体のためにもなる可能性が高いと言えるかもしれません。


これからのご参考になれば幸いです。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: junjunさん
返信日時:2009-09-22 23:53:42
先生方へ

こんばんは。
貴重なお返事誠にありがとうございます。
に関するアレルギーもいろいろあり、大変勉強になりました。


これらの事を参考に治療に専念してきます。

また何か途中でわからない事が出てきましたらお世話になるかもしれませんが、どうぞ宜しくお願いします。

このたびは、本当にありがとうございました。



タイトル 金属アレルギーを考慮してのクラウンとコアの選択について
質問者 junjunさん
地域 非公開
年齢 37歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ レジンコア(プラスチックの土台)
ハイブリッドセラミッククラウン
オールセラミック(陶器の被せ物)
歯科金属アレルギー
お勧めの土台(コア)
お勧めのクラウン(被せ物・差し歯)
アトピー
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日