口腔内の痺れや痛みは右下親知らずの治療と関係がありますか?

相談者: ma-goro5さん (44歳:女性)
投稿日時:2009-10-25 12:20:21
初めて投稿させて頂きます。

今年2009年1月下旬に腹部の帯状疱疹になりました。
その後まだ病気がなおりきらない2月中旬に、右下8番親知らず詰め物が取れたような気がして、(詰め物を確認していません)近所の歯医者に行きました。

「これは詰め物が取れたのでしょう。」

という事で治療開始、小さい穴がかなり削られ(神経までではない)大きな銀の被せ物がはいりました。
計4回かかりました。

その前後(時期が帯状疱疹後なのか親知らずの治療後なのかはっきりしない)から、まず右上1番と2番の間、その後5、6、7、8辺りの歯茎から口蓋にかけてしびれを感じ味覚や触覚も左とは明らかに違い、感覚が薄い右唇から右鼻も痺れているような状態が続いています。

また、最近では舌先も痺れを感じ、下の茎も夜に痛んだり、明らかに1月から急な歯茎の退しゅくも感じます。

また、それ以前から口腔内の乾燥も少々ありましたが、2、3ヶ月前ぐらいからドライマウスもひどく、唾液はでない、話も20分位すると口が渇き唇が歯茎について話せない、食事も痛くて噛めない、飲み込めない。

と大変な状態になっています。

歯医者も治療した元のところではなく、大学病院を含め4件くらい行き、X線診断も含め

「乾燥はあるが、親知らずの治療はおかしくない」
舌痛症でしょ」

と言われたり、わからないと言われたりでした。
(神経内科で頭のMRIも撮影済みです。)

私は親知らずをいじった関係かなとずーと思っています。

なぜなら、小顔で右下8番の親知らずがはえる時も顎やら耳の辺りがいたくなり、病院をまわったことがあり、その時はなんでもないと言われ、程なくして親知らずがはえてきてその後痛みは治まりました。

また、2年ほど前から膠原病の疑いがり、U1−RNP抗体値も高くシェーングレンの抗体であるSm−Aもあります。


●こういう複雑な状況ですが、単に「舌痛症」で抗うつ剤を使用してもいいのでしょうか。

●親知らずとの関係はあるのでしょうか。

●シェーングレンの口の痛みは私のような症状なのでしょうか。


10ヶ月も悩んで本当に困っています。

歯科なのか内科なのか精神科なのか、どこに行けば改善するのか。
少しでもいいのでヒントを戴けないでしょうか。

長文になりましたが、何卒宜しくお願いいたします。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2009-10-26 01:20:00
こんばんは。

1.帯状疱疹後神経痛と神経麻痺
2.原発性か続発性のシェ−グレン症候群
3.ドライマウス
4.舌痛症

などが疑われます。
3,4については1,2が原因となってることが予想されます。

抗うつ薬を最初に使うのか、他の治療法を先に行うのか総合的に判断する必要があると思われます。
1〜4を併せてみて貰える歯科口腔外科、耳鼻咽喉科を受診されるのがよいと思います。

親知らずがこれらの問題の原因とは考えにくいのですが、1や3の結果として親知らず付近が痛んだのかもしれませんし、単に虫歯で痛んだのかもしれません。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: ma-goro5さん
返信日時:2009-10-27 00:24:53
樋口先生、お忙しい中、ご回答ありがとうございました。

疑問がまだ残るので少々質問させいただいて宜しいでしょうか。

1.帯状疱疹後神経痛と神経麻痺
ですが、この病気を治療してもらった皮膚科、また口腔外科で言われたのですが、

「腹部にできたものは口に後遺症はでない」

との事。
先生は腹部のものも口に症状がでるとお考えですか。

2、シェ−グレン症候群は可能性はかなり高いと思います。
現在たまーに行っている膠原病リウマチ内科で調べてもらおうと思いますが、シェーングレンのことは特に治療もないですし、診断に前向きではないです。

シェーングレンの患者さんは、このように片側のみ麻痺のような症状がでる方はいらっしゃるのですか。


●右下8番親知らずのことですが、保険治療の銀歯が大きく被さってから噛み合わせも違和感を感じます。

また、親知らずのとなり右下7番から5番までゴールドブリッジになっていています。

一月まではゴールドブリッジに自分の自然のエナメル素材があたっていたのに、もともと小顔で親知らずはきつきつといった感じなのに、たいした穴でもなかったところに硬い銀が入って歯並び急に動くことはありませんか。

●また、右下7番から5番のゴールドブリッジは30年前に造ったものです。
これに何か問題が起きているということは考えられますか。

大学病院歯科ではX線を見てゴールドブリッジにはなにもふれませんでした。

また、長文の質問を書いてしまったのですが、真剣なんです。
宜しくお願いします。
回答 回答2
  • 回答者
長崎大学大学院包括的腫瘍学講座の中本です。
回答日時:2009-10-31 01:46:54
ma-goro5さん、こんにちは。

大変お困りの状況にあると思います。ご心中お察しします。
督促がありましたので、私からコメントします。


>歯医者も治療した元のところではなく、大学病院を含め4件くらい行き、

>神経内科で頭のMRIも撮影済みです

残念ながら、文面のみのご相談で、一般的な医療情報の提供を目的とする本サイトでは、お答えできる範囲に限界があると思います。

これまでも本相談室には、ma-goro5さんと同様に、数件〜数十件の医療機関を受診したにも関わらず、原因がはっきりとしない症状に関してのご相談がありました。

ですが、複数(それも2、3箇所ではなく、大学病院といった高度医療機関・専門的な医療機関も含めての複数)の医療機関を受診された段階にあれば、この相談室でコメントされる状況は、当然受診先の先生も想定されていると、私は思います。

また、現実の診察の結果として原因が確定されていない状況にある際に、本相談室であれこれと病名を予測することは、場合によっては問題を複雑化することにも繋がりかねません。

何とか突破口が開けないか、という、ma-goro5さんのお気持ち強く伝わってきますし、少しでもお力になれればとも思います。

しかしながら、インターネット医療相談の限界も現に存在し、これ以上具体的にma-goro5さんの症状の原因を、この場で追究することは困難ではないか、と個人的に考えます。


なお、お寄せいただいたご質問に関して、一般論でお答えします。

■>帯状疱疹後神経痛と神経麻痺

>腹部のものも口に症状がでるとお考えですか。

帯状疱疹後痛は、基本的に帯状疱疹を発症した部位に、疱疹の治癒後に残る神経痛です。

皮膚科・口腔外科の先生が言われたように、体幹(お腹)に帯状疱疹が現れて、後痛は口腔領域に出るということは、やはり考えにくいと思います。

■>シェーングレンの患者さんは、このように片側のみ麻痺のような症状がでる方はいらっしゃるのですか。

シェーグレン症候群の直接の症状として、麻痺が現れることはありません。

ただし、口腔乾燥状態になると、様々な症状を感じることは確かにあります。

■>歯並び急に動くことはありませんか。

■>右下7番から5番のゴールドブリッジは30年前に造ったものです。
>これに何か問題が起きているということは考えられますか。

ということに関しては、今回のma-goro5さんの症状との関連性は低いように思います。


申し訳ありません。
この辺りまでのコメントが限界だと思います。

何とか良い方向に状況が進むことを願っています。

お大事になされてくださいね。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: ma-goro5さん
返信日時:2009-10-31 13:33:45
中本先生、ご回答ありがとうございました。

>シェーグレン症候群の直接の症状として、麻痺が現れることはありません。

>ただし、口腔乾燥状態になると、様々な症状を感じることは確かにあります。

の回答でやはり「」ではなく、自分の持っている抗体からのような気がかなりしてきました。

シェーングレンの正式な検査(生検)を受けようと思います。

>>シェーングレンの抗体であるSm−Aもあります。

は訂正で、抗体SS−Aでした。


シェーングレンだったとしても治療法が特に無いのが残念ですけれど、なんとか頑張ります。
ありがとうございました。



タイトル 口腔内の痺れや痛みは右下親知らずの治療と関係がありますか?
質問者 ma-goro5さん
地域 非公開
年齢 44歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 虫歯治療
舌、粘膜、唇の病気・異常その他
親知らずの虫歯
歯科と全身疾患その他
膠原病
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日