ファイバーコア+ハイブリッドセラミックスの差し歯の厚みが確保できない

相談者: ma-koさん (31歳:女性)
投稿日時:2010-05-10 20:15:19
はじめまして.

私は右上3,4番の虫歯歯髄まで進行したため,根管治療後,現在,差し歯ファイバーコアハイブリッドセラミックス冠)の作製をして貰っています.


しかし,差し歯の作製段階で苦戦しており,昨日,ファイバーコアを入れて,仮歯で調整をして貰ったところ,仮歯が薄くなりすぎて,このままでは,ハイブリッドセラミックスで冠を作製すると割れる可能性が高いため,メタルハイブリッドセラミックスに変更するか,右下3,4番を削るしかないと言われました.



私としては,折角,ファイバーコアを入れたので,メタルフリーの素材を使用したいですし,健康な歯も削りたくありません.


何か良い方法(治療方法)はあるのでしょうか?

また,差し歯を作製する際に,健康な歯も削る場合はあるのでしょうか?


ご教授お願い申し上げます.


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2010-05-10 20:24:03
そうですね…。

咬み合わせの問題もあるので何とも言えませんが、右上34のファイバーポストコアをもう少し削る事で厚みは確保できないのでしょうかね?


もちろん、咬み合わせが深い場合には、それすらも出来ないケースもあるのですが…。
その場合はメタルを使用せざるを得ない場合もあります。


その辺りは担当の先生からしっかり説明を受けられてください。

回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2010-05-10 23:27:35
こんにちは。

かみ合わせの問題ですので、話だけ聞いていると担当の先生の説明も納得できます。

タイヨウ先生の話にあるように、右上34のポストを少し削ることも可能だと思います。


ただ状況がよくわからないのでなんともいえません。

担当の先生と御相談してください。

回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2010-05-11 08:51:19
右上34のファイバーコアを削るべきです。

それができない理由があるなら説明がほしいですね。

回答 回答4
  • 回答者
回答日時:2010-05-11 15:37:31
こんにちわ

御質問拝見させて頂きました。

成る程・・・ 


かみ合わせの問題が、あるから言われてると思うのですが、実際に診ていないので詳しくはいえないですが。

このような場合は ファーストチョイスはやはり3番4番を削ってクリアランスを確保すべきですね。

でも隙間がないのかもですね。。。 


場合によってはタイヨウ先生も書かれてますが、無理な場合もありますね。
無理な場合はやはりメタルを使わないといけないですね(>_<)

もう一度良く相談されてくださいね。 

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: ma-koさん
返信日時:2010-05-11 18:43:16
お忙しいところ,沢山の先生方に回答して頂き,有難うございました.

お陰様で少し気持ちが晴れました.


右上3,4番のポストコアを削ることを含めて,担当の先生と相談してみたいと思います.

本当に有難うございました.



タイトル ファイバーコア+ハイブリッドセラミックスの差し歯の厚みが確保できない
質問者 ma-koさん
地域 非公開
年齢 31歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ ファイバーコア(プラスチックとファイバーの芯の土台)
ハイブリッドセラミッククラウン
クラウン(被せ物)の形・形態
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日