深い虫歯で神経を抜くと言われたが、抜かずに済まないでしょうか?

相談者: yutaさん (37歳:男性)
投稿日時:2010-06-13 17:47:44
はじめまして、こんにちは。

中切歯2本が虫歯になりました。

治療に行きましたがその際に、

「今回は、取れるだけの虫歯を取っておきます。
奥が深いので、次回、時間を取って麻酔をして神経を出して、神経を取りましょう。
それで治療は終わりです。」

と言われました。


深い場合は神経を取るというのは調べてわかったですが、今回、虫歯になった事を気付いたのは、鏡を見てでしした。
痛くも無く、飲食をしてもしみたりもしていませんでした。

なので、深いということなんですが、神経を残しても、痛くなったり、しみたり、しないような気がします。

神経を出すというのも、わざわざ出すという気がしてしまいます。
こういった場合でも、神経を取らなくてはいけないのでしょうか?



深いとなぜ神経を抜かなくてはいけないのでしょうか?

虫歯を取り除くと神経がむき出し又はそれに近い状態になって、感じやすくになって、詰め物をしても、しみたりするからでしょうか?


神経を取る治療をすると歯がもろくなるという事ですが、ならない治療法はないのでしょうか?

どうしても取らなくてはいけなくなった場合、あればもろくならない方法で治療してもらいたいので、あれば教えて頂きたいです。


よろしくお願い致します。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2010-06-13 19:46:49
こんばんは。

虫歯の深いか浅いかは、ご自身の痛みがあるとは限りません。

ただどのくらいを指して深いとその先生がおっしゃっているのかが判りませんので、今回のyutaさんのケースが抜髄神経を取る処置)に相当するのかはこの場では判断出来ません。


一般的には虫歯が深く神経を取るという事は、歯髄(神経)が細菌感染してしまった場合や、あるいは急性症状が強くそうしないと症状が取れないと判断された場合、またはそうなる可能性が高いという時でしょう。

しかしこの辺りの判断が歯科医師の考え方によってかなり違いがあり、これという基準が一般の方からすれば様々過ぎて判断に迷うところです。


次回まず治療の前に、神経をどうして取らねばならなくなったのかをよく説明していただきご納得がゆかねば一度その話を持ち帰り、セカンドオピニオンを他の医療機関に求めてみるのも方法のひとつといえましょう。


たとえば神経が残せたとしても抜髄が必須となってしまっても、一番は直接施術する歯科医師から、ご自身が納得のゆく説明が得られるかどうかがポイントではないでしょうか。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: yutaさん
返信日時:2010-06-13 23:19:17
こんばんは。

回答、ありがとうございます。

痛みとは関係ないんですね・・・。
深くなって行くにしたがって痛いんだと思ってました。


先生から説明を受けていないので、何とも言えませんが、回答を読ませて頂いて、神経を取らなくてもいいような気がしてきました。

関係ないんでしょうけど、痛くもないし、しみないし、細菌感染してる感じもしないですし・・・。
すごい事になってる感じがしないんですよね。


先生によって判断が違うんですね。
だいぶ違いそうですね。
神経残せる可能性もありますね。

今度の診察の際に、先生に歯が今どういう状態なのか、どうして神経を取らなくてはいけない診断なのか伺ってみたいと思います。


神経を取っても歯がもろくならない治療は無いんですかね・・・。
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2010-06-14 00:13:48
>神経を取っても歯がもろくならない治療は無いんですかね・・・。

残念ながらあるとは言えませんね。
ただもしそうなったとしたら、次にはその歯がいかに長く良い状態でいられるのかを考えるべきでしょう。
とにかく治療は先を読んで進めなくては、持つものも持ちません。


別に神経を取る事を推奨しているわけではありません。
今ある目の前の事に沢山のオプション(可能性)を持っている先生なら、選択肢もいくつか出てくるかも知れません。

まずはよく話を聞き、次に何をすべきかだけではなくそれが将来再び問題を抱えてしまった時にには何をすべき可能性があるのかまでを聞いておけば、その時に再びあわてて歯チャンネル検索しなくてもよい程度には心配は減るのではないでしょうか。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: yutaさん
返信日時:2010-06-14 01:30:10
こんばんは。

再び、回答して頂きありがとうございます。

もろくならない治療は無いんですね・・・。
そうなった場合は、長く良い状態を保つにはどうしたらいいか先生に聞いてみます。

再び問題を抱えるのは嫌ですね。
そうなる可能性もあるんですね。
わかりました。


どちらになったとしても、治療後、その後どうなる可能性があるか聞いておきます。
回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2010-06-15 10:04:23
そうですね。

僕は治療中、神経が露出してしまっても神経取りはしません。
歯髄覆罩と言う処置をして神経を守ります。

参考:覆髄・覆罩(覆ずい・覆とう)



しかしながら、この覆罩健康保険で認められている処置ではあるものの、「覆罩後1カ月以内に痛みが出て、神経取りになった場合、ペナルティがありますよ」と言う保険のルールがあります。

良く言えば「君子危うきに近寄らず」。
「アヤシイと思ったら(ペナルティを食らうくらいなら)神経取りを行った方が良い」と考える歯科医師も少なくないと思います。


ウチは保険医療機関を辞退しておりますので、保険のルールに縛られず「危ないケース」でもチャレンジできるのですがね…。


担当の先生に「神経保護は出来ませんか?」と聞いてみてはいかがでしょうか?

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: yutaさん
返信日時:2010-06-16 02:41:27
こんばんは。

回答、ありがとうございます。

神経を取らない方法もあるんですね。

ペナルティというのは、神経を取ることになった際に、保険がきかないという事ですよね?
それとも先生がペナルティを食らうという事でしょうか?
そうなった場合、先生にペナルティだったらちょっと申し訳ないですねぇ。


先生に神経保護についても聞いてみます。
回答 回答4
  • 回答者
回答日時:2010-06-16 10:26:21
>それとも先生がペナルティを食らうという事でしょうか?

そう言う事です。

直接覆罩を行い、1カ月以内に抜髄になった場合には、抜髄時の保険点数から直接覆罩分の点数を差し引かれます。

正直言って、我々にしてみれば「そんなバカな!」と言う決まりです。

「一生懸命、癌の治療をしたが不幸にして亡くなってしまった。その場合の治療費は返金しなさい。」と言われているようなものです。

だったら「何もせず、亡くなるのを見守った方が得策だったんじゃないか」となりかねませんよね。


こう言った不条理な保険のルールはいっぱいあります。
(全国一律で医療を提供する保険制度にはそれなりのルールは必要ですから仕方のない事なのかも知れませんが…)

回答 回答5
  • 回答者
回答日時:2010-06-16 13:59:48
田中先生の言われるように、レントゲン等を診せてもらってなぜそういった処置になるのかを説明してもらい納得した上で処置をされた方が良いかと思います。


このケースがもし直接覆罩の適応だとしても、直接覆罩は治療自体が難しいですし、上手くいかないこともあります。
それにタイヨウ先生の言われるように収入としては殆どないか、逆に大きなマイナスになってしまいます。

うちは保険医療機関ですが、選択肢の一つとして直接覆罩は適応と判断した場合は行ってます、、、でも正直、辛いです。

回答 回答6
  • 回答者
回答日時:2010-06-16 14:26:24
こんにちは、

この辺りの判断は難しい所だと思います。
虫歯が大きいとレントゲン所見で治療方針は色々分れてきてしまう所があります。


>僕は治療中、神経が露出してしまっても神経取りはしません。

私は虫歯を削って神経に虫歯が達していると判断すれば神経は取ります^^;
回答者でもスタンスは違いますからね。



ただ、保険の治療は個々の理想を叶えるものではなく、ごく平均的に費用対効果が高い部分で判断している部分もあるので出来るだけご自身の希望を叶えようとすれば、タイヨウ先生のような歯科医院に受診した方がいいと思いますよ。

また、保険で使用できる材料も「水酸化カルシューム」、「レジン」であり、第2・第3象牙質(保護層)の観点から言えばMTA自費材料)より上手くいく確率は低いです。
水酸化カルシュームで出来た第2・第3象牙質の『質』が悪いとも言われています。

個人的には直接覆髄法は1回だけの処置になるのですから、成功率の高い材料で行った方が良いと思っています。


ここまで書いてしまうと、材料さえ良い物を使えば、どうのような症例にも行えるようなイメージを持ってしまいますが、厳密に言えば直接覆髄法の適応症はかなり狭いですし、長期的に失敗に終わった時のリスクは非常に高い治療です。

ケースによっては、根管治療が出来ずに抜歯になることもありますし、神経が死んでしまった場合の神経の処置は神経が生きている時より成功率は下がってしまいます。



ある面成功率(歯を長持ちさせる)を上げるには積極的に抜髄するもの1つの方法なのです。
この判断が非常に難しい所で・・・^^;

私もMTAで直接覆髄は行いますが、治療前に

「虫歯が大きかったら神経を取ります」

と言って削った歯を見て判断しています。

行う場合でも月に2本ぐらいです。



なるべく神経を保存してください、と言うスタンスでもし虫歯が神経に達していれば神経を取ると言うことも考えられた方がいいと思いますよ。
 

おだいじに
 

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: yutaさん
返信日時:2010-06-16 14:35:43
タイヨウ先生、こんにちは。

再びの回答ありがとうございます。

そうなんですか!

先生がペナルティを食らうんなら、頼みにくいですねぇ・・・。
双方にとって、良くないですねぇ、そういのって。
へんなことしますねぇ。
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: yutaさん
返信日時:2010-06-16 14:39:21
宮川先生、こんにちは。

回答、ありがとうございます。

説明してもらおうと思っています。

難しいんですね。
ならないか、マイナスになる事もあるって、・・・。
それは確かに、つらいですね。
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: yutaさん
返信日時:2010-06-16 14:57:12
井野先生、こんにちは。

回答、ありがとうございます。

1回だけの処置になるんですね。
やり直しとか、経過を見て再度とかは出来ないんですね。

保険で出来るものだと精度が、低くなるんですね。
失敗に終わった時に、リスクが高いんですねぇ。


もし失敗した場合は、神経の処置が下がるんですねぇ。
これって、抜歯しなくちゃいけなくなる可能性が高いっていうことですか?

神経に虫歯が達していたり、先生の説明次第ですが、場合によっては、神経抜いてもいい気持ちになりました。


神経は残した方がいいというような回答とか見たので、残した方がいいと思っていましたが、なんとなく残した方がいいのはわかるんですが、正直、何で残した方がいいのかわからなかったりもします。
回答 回答7
  • 回答者
回答日時:2010-06-16 19:34:30
保険で出来るものだと精度が、低くなるんですね。

歯科に関して言えば最先端のものが改定の度に組み込まれているものではなく、改定の度に治療費が安くなって規制が厳しくなっています。

国の財源がないので仕方がないことなのですが・・・
治療費は安くなっても材料費は年々上がっています。

過去のもの
覆髄・覆罩は、治療費に見合わない治療なのでしょうか?(香港)


保険の治療費は1200円(3割負担で360円)
MTA(1g)1袋 10000円

殆どの国民は日本で最先端の歯科治療が受けられると思っていますが・・・



>神経は残した方がいいというような回答とか見たので、残した方がいいと思っていましたが、なんとなく残した方がいいのはわかるんですが、正直、何で残した方がいいのかわからなかったりもします。

残せる神経は残した方がいいです。

残せない神経は固執して残さない方がいいと思います。
神経を取ってやった方が逆に歯の寿命も延びることもありますから^^

神経を取ると。
細菌感染を起こし、腫れる、痛む、膿が出るなどが起こる可能性が出てきます。
健康な歯であればまずこれらは起こりません。

また神経を取る治療により破折のリスクも大きくなります。
天然の歯でも割れる時は割れますが、ただ割れるのは圧倒的に神経を取った歯です。

ですから残せれば残してやった方がいいですよ^^

 
おだいじに
 

回答 回答8
  • 回答者
回答日時:2010-06-16 19:43:08
>残せる神経は残した方がいいです。

>残せない神経は固執して残さない方がいいと思います。
>神経を取ってやった方が逆に歯の寿命も延びることもありますから

まったくこの通りとぼくも思います。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: yutaさん
返信日時:2010-06-17 00:02:14
井野先生、こんばんは。

再びの回答ありがとうございます。

そうなんですね、今回はじめて知って驚きました。
保険って、国のやっている事ですし、どんな医療行為でも適用されると思っていました。
材料の事なんて考えてもみませんでした。

実際は、結構かかるんですね・・・。


神経は、残さない方がいい場合もあるんですね。
でも難しいですね、破折になるリスクが高いと・・・。

先生の話を聞いてから、残すか残さないか決めたいと思います。
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: yutaさん
返信日時:2010-06-17 00:04:20
田中先生、こんばんは。

再びの回答ありがとうございます。

そうですね、よく先生の話を聞いて、どちらがいいか決めたいと思います。



タイトル 深い虫歯で神経を抜くと言われたが、抜かずに済まないでしょうか?
質問者 yutaさん
地域 非公開
年齢 37歳
性別 男性
職業 非公開
カテゴリ 虫歯治療
根管治療の治療法
覆髄・覆罩(覆ずい・覆とう)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日