歯性上顎洞炎の疑い、健康な歯の神経を抜かれました

相談者: kazutさん (35歳:女性)
投稿日時:2010-08-02 21:52:26
一か月前から、運動したり顔を下向きにすると歯に違和感があり、歯医者へ診察へ行きました。

丁度その時、難聴で耳鼻科にも通い、確かに左上顎洞にMRIで液体があるとも診断されました。

県で一番大きな病院へ紹介され、耳鼻科から歯科口腔外科へ回されました。
そこでは「歯性上顎洞炎の疑い」7番の神経を抜いてきて下さいとの事でした。

虫歯もなく健康な歯。
上の歯は一度も歯医者さんにお世話になったことのない自慢の歯でした。

病院では神経を抜けないということで、地元の歯医者さんへ。
病院の診断を伝え、一応歯科用CTも撮影し神経を抜くことに。

歯科用CTでは完全に7番が上顎洞を突き抜けていた事もあり、私も先生を信じて処置して頂いたのですが、結果、神経も元気で他の歯に原因があるかも・・。と言われ。
泣きそうになりました。

これは完全な誤診でしょうか??

ただ、神経を抜いてから以前の上顎洞の違和感や下を向いたときの違和感も感じられなくなりました。

これは何らか7番の神経が、上顎洞炎に関与していたと言うことでしょうか?

それとも完全な誤診なのでしょうか?


回答 回答1
  • 回答者
歯科医師の松山です。
回答日時:2010-08-02 22:09:04
歯科用CTでは完全に7番が上顎洞を突き抜けていた事もあり
>これは何らか7番の神経が上顎洞炎に関与

歯科医が判断して行った結果、

>神経を抜いてから、以前の上顎洞の違和感や下を向いたときの違和感も感じられなくなりました。

良かったですね。
歯性上顎洞炎が治ってきたものと思いますが。

歯髄の病変の初期では、肉眼で病理学的診断(のような)は行えない状態のときも有ります。

回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2010-08-02 22:15:53
kazutさん、こんばんは。

歯科口腔外科の診断・治療方針は、手術前提でしょうか?
それとも保存療法?

また7番の処置依頼内容は、「抜髄」(神経を抜くこと)だったのでしょうか?
それとも「感染根管処置」でしょうか?

この辺りの情報がもう少しあると、あと一歩(半歩?)進んだお話ができるかもしれません。

回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2010-08-02 22:52:07
こんばんわ

ご質問拝見させていただきました。

神経をとってもらってから痛みがひいたのですね。

さて実際に診ていないので推測でお答えさせていただきますが、CT上では根っこが上顎洞の中に出てたわけですね。

痛みが引いたわけですから、誤診?にはならないと思いますよ(個人的にですが)。

口腔外科にて診断のもとで神経をとってもらったわけですからね、もしかしたらご自身は健康とおもってましても実際には、神経が一部感染していたかもしれませんしね。

とりあえず痛みがなくなってよかったですね。(^v^)

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: kazutさん
返信日時:2010-08-08 22:11:22
たくさんのご回答ありがとうございました。

ただ、歯性上顎洞炎と診断されましたが、上顎洞の液が動くのがわかる違和感だけで、痛み等は全然ありませんでした。

この場合でも歯性上顎洞炎なのでしょうか?

今は噛み合わせが上手くいってないせいか、下あごが痛いです。
これもずっと続くのでしょうか・・・。

もし健康な歯の神経を抜いたことによって、いずれ根管処理が上手くいかず歯性上顎洞炎になってしまったら、と思うととても不安です。
回答 回答4
  • 回答者
長崎大学大学院包括的腫瘍学講座の中本です。
回答日時:2010-08-09 01:04:53
kazutさん、こんにちは。

ご心配なことと思います。

>この場合でも歯性上顎洞炎なのでしょうか?

残念ながら、この場でkazutさんの症状が上顎洞炎だったのかどうか判断することはできません。

ですが、歯科医院、耳鼻科、口腔外科と3つの医療機関で診察をされた結果としての診断、および処置ということは重視されてよいと思います。

また、上顎洞炎は必ずしも鋭い痛みを常に伴うものではありません。

>もし健康な歯の神経を抜いたことによって、いずれ根管処理が上手くいかず歯性上顎洞炎になってしまったら、と思うととても不安です。

今回kazutさんは上顎洞炎(の疑い)との診断のもと、神経を抜く治療が必要と判断されて治療を受けられたわけです。

更に今後『神経を抜いたことで上顎洞炎になるのではないか』ということを考えてしまうと、堂々巡りになってしまい、処置自体が何もできなくなってしまいます。

したがって、現段階で過剰にご不安に思われることではないと思います。

>今は噛み合わせが上手くいってないせいか、下あごが痛いです。
これもずっと続くのでしょうか・・・。

これは今回の症状と関連があるのかどうか分かりません。

担当の先生に、今お困りの症状をしっかりと伝えられて今後の対策を検討されてください。

お大事になされてくださいね。




タイトル 歯性上顎洞炎の疑い、健康な歯の神経を抜かれました
質問者 kazutさん
地域 非公開
年齢 35歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 上顎洞炎(蓄膿症)
歯科/医療ミス
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日