舌痛症患者の出産について

相談者: maikoさん (29歳:女性)
投稿日時:2010-12-06 17:11:23
こんにちわ。

4,5年前から上下の前歯付近の歯茎が痛み、色々な歯科に通いました。

最終的に辿り着いた某大学病院で「舌痛症」と診断され、抗鬱剤等で治療をしていました。
(それまで他の歯科では、漢方やマウスピースや首に注射をしたりしましたが、どれも効果がありませんでした。)


しかし、どの治療をしても治らず・・・
今年5月に妊娠が発覚し、薬の治療も出来なくなってしまったので、現在通院をやめています。

今でも歯茎はズキズキ痛み、泣きたくなるくらいです。



そして、来月後半にも出産を控えています。

今心配なのが、歯茎の痛みに耐えながら出産が出来るか・・・です。
初めての出産なので、どんなに大変なのかもわからないし、産婦人科の先生も「舌痛症」については何もわからないようですし・・・とっても不安です。

普通分娩で頑張るか?頑張れるか?
帝王切開等で出産すべきなのか?
とても悩んでいます。


先生方のご意見を宜しくお願いします。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2010-12-06 17:59:55
こんにちは。
痛みを伴うとなれば迷いますね。


普通分娩で頑張るか?頑張れるか?
>帝王切開等で出産すべきなのか?

ただこれは我々歯科医師が判断してよいものとは思えません。

産科医から、どちらも選択できますというのであれば、出産近くなった時期にご自身と赤ちゃんの体調などを考慮して選択してもよいとは思いますが、今の時期ではまだ産科医すらもどちらにするかは決めていない時期ではないのでしょうか。


情報が産科でも欲しい場合には、その「舌痛症」と診断を下した大学病院と産科の担当医で直接情報交換してもらってもいいと思います。



お一人のコンディションだけで事が進むわけではありません。
なので今は「これがいい」という勝手な判断をするより、赤ちゃんのコンディションに合わせて産科での指示をまず受け、それからそれに合わせた対策を考えるべきと思います。



お母さん業はもう今から始まっているわけですからね。
頑張って下さい。

回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2010-12-07 01:30:46
こんにちは。

妊娠後に大学病院へは通院しなくなったということですが、大学病院の先生と相談した上で通院中止となったのでしょうか。

もし、自己判断で中断されているのでしたら、もう一度大学病院の先生と相談された方がよいと思います。


薬の治療以外の治療法も検討してもらえるのではないでしょうか。
産科の先生も歯科での考えを知りたいでしょうから。




タイトル 舌痛症患者の出産について
質問者 maikoさん
地域 非公開
年齢 29歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 歯茎(歯ぐき)の痛み
妊娠中の歯科治療
舌の痛み(舌が痛い・舌痛症)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日