歯の神経を抜く治療の間隔が3週間近く空いて不安です

相談者: ゆずこ。さん (32歳:女性)
投稿日時:2011-01-08 18:21:18
はじめまして、神経を抜く歯についてお聞きしたいことがあります。

年末近くになり、左下7番の奥歯虫歯で半分かけてしまい電話をしたところ、空きがある一番早い日は年明けの8日ということで、かけた奥歯も他の虫歯も痛みもないので、8日に予約をとり行ってきました。

レントゲンを撮り確認したところ、左下7番目の奥歯は結構虫歯が大きいらしく、神経を取ることになり、それに伴い左下の親知らずも抜きましょうとなりました。

右下6・7番目も虫歯で、神経までいっているかもしれないということでした。
左上にも2本ぐらい虫歯があるらしく、それは神経まではいってないと思うので麻酔なしで大丈夫ですよと。

初診だったので、レントゲン撮影と今後の方針、左下7番目の奥歯にゴムのような白い仮の詰め物をし、ブラッシング指導をしてもらい終わりました。
次回は麻酔をして左下7番目の奥歯の治療をと言われました。

2回目の予約が27日しか空きがなかったみたいで、間隔が空いてしまいますがすみませんと言われ、とりあえず痛み止めを数錠もらい、27日に予約を入れて帰ってきたのですが、今まで行っていた歯医者では1週間に1回のペースだったので、3週間近く空くということが初めてでその間に悪化したりしないかなと不安で。

詰め物も仮のやつなので取れるかもと言われているし、詰め物をしたせいか、不安なせいか、痛みがなかった左下7番目の奥歯が時折、微かに痛んだり。

予約をして初診まで2週間程かかったのですが、行く前は特に2週間というのも、年末年始もありましたし特に気にもしなかったのですが、いざ行ってみると神経を抜いたり親知らずを抜くという事だったので、これ以上悪化しないうちに早く治療をと思ってしまい。

3回目の予約を入れる時は、もう少し間隔が空かないようにしてもらうつもりですが、特に気にしないで待っていても大丈夫でしょうか?


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2011-01-09 11:08:00
ゆずこ。さん

次回まで間隔が空くと不安ですね。


>特に気にしないで待っていても大丈夫でしょうか?

それほど緊急性が無いとの判断なのか、物理的に2週間先まで空きがないのか分かりません。

その間に急に痛み出た場合に、対処してくれるかどうか確認しておいたらいかがですか。


ご参考まで・・・

回答 回答2
  • 回答者
誠安・瑞石牙医診所(台湾)の王です。
回答日時:2011-01-09 13:11:18
海外からですが、記述内容から受けた個人的な感想とアドバイスを述べさせて頂きますね。

>初診だったのでレントゲン撮影と今後の方針、ゴムのような白い仮の詰め物をし、ブラッシング指導をしてもらい終わりました。
>次回は麻酔をして左下7番目の奥歯の治療をと言われました。

個人的に、初診ですぐに処置を施す場合は、その必需性があると判断された場合のみです。(例えば、疼痛があったり、腫れたり、割れそうな危険があったり、感染拡大の懸念があったりetc)

そうでなければ、私も初診時には説明と今後の治療方針に時間を費やしてしまいます。
ブラッシング指導は必ず行いますね。

親不知の抜歯は外科処置になりますし、そういった意味でも、術前の感染予防対策(口腔内を清潔に保つ、プラークを減らす)を施すことは、次回の抜歯後の創の治癒を順調に導けるということで、とても重要なことです。

また、個人的には歯茎歯周炎で出血している場合は、緊急性がない限り、根管処置もその後(歯周炎や出血をコントロールしてから)に行います。



>2回目の予約が27日しか空きがなかったみたいで、間隔が空いてしまいますがすみませんと言われ

物理的に予約時間がないようですね。
すみませんと言われていらっしゃいますから・・・・・

患者さんを短時間に多く診ていらっしゃる予約一杯の先生なのか、丁寧に時間をかけてやって下さる先生で、長い時間を確保出来るのが三週間後にしかないのか・・・どちらかですね。



>3週間近く空くということが初めてで、その間に悪化したりしないかなと不安で。

急性症状がありましたら、すぐ診てもらえるようにお電話なさったら良いと思いますよ。



>神経を抜いたり親知らずを抜くという事だったので、これ以上悪化しないうちに早く治療をと思ってしまい。

どちらも長い処置時間を要するものです。
歯科はパッパッパッと処置出来るといったイメージが一般の方に多いのですが、歯科は外科のオペと同じの外科処置です。

オペを行う場合、必ず診断・感染コントロール・手術日を決めていきますが、歯科も同じだと認識して頂きたいです。


海外ではアポイントメントに三週間待ちは常識になっていますので。
特に欧米ではそのようになっていますよ。

参考になさってください。

お大事に。

回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2011-01-09 13:41:02
確かに、一回の治療時間を少なくして、一日に多くの患者さんを診る。
そして次回の約束までの期間を短くするといった医院もあります。

只、根菅治療に関しては、(長い治療時間X少ない回数)といった体制(当然、次回の予約はずっと先)のメリットの方が、より大きいと思います。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: ゆずこ。さん
返信日時:2011-01-09 15:02:21
杉原先生、王先生、藤森先生
返信ありがとうございます。

近所というわけでもなく、4年ぶりぐらいの歯医者だったので色々不安になっていました。

事前に詰め物は仮のものなので取れるかもと言われていますし、痛みがひかない場合や詰め物が取れた時には連絡を取ってみます。

ありがとうございました。



タイトル 歯の神経を抜く治療の間隔が3週間近く空いて不安です
質問者 ゆずこ。さん
地域 非公開
年齢 32歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 根管治療の治療法
根管治療の治療期間
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

歯磨きをしても虫歯になる原因 デンタルフロスは効果無し? 歯ブラシとデンタルフロスどっちが先? 歯科衛生士が就職前に絶対に知っておきたい

Total total
今日 今日
昨日 昨日