虫歯ではない、欠けた歯の部分に銀歯を被せるべきか?

相談者: teamさん (29歳:女性)
投稿日時:2011-01-04 04:41:24
通っている歯科で、歯ぎしり対策のカバーを制作してもらうことになり(上の歯、1番の根が浅いため保護目的で)そのカバー制作前に、他の治療を終わらせることになりました。

4番左上の歯の(詳しくは5番側、頬側の4番のとんがり部分)一部が欠けている事が判明。

以前から、左上の4,5番あたりで食べ物がよくつまり、気になっていました。

歯科医いわく、「欠けているのが詰まる原因かもしれない」とのことで、「虫歯にもなりやすいし、保険内で銀歯をかぶせるのをお勧めします」と言われました。

初回診断表には、その歯にはCRのマークがついていて、別の歯科で過去に治療したみたいで。(銀ではない)
でも、詰まりは解消されず。
最近、詰まる原因は隙間とかかも…とも思えるようになってきて…。

虫歯にはなっていないみたいです。
あまり削ったり、被せたりしたくないのですが、銀歯にすべきでしょうか?

先に、保護用のカバーを制作して、後々治療をすることはできないのでしょうか。(虫歯になったら)

治療したらカバーは作り直しなのですか?


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2011-01-04 05:04:49
teamさま、おはようございます。

左上4番の遠心側に歯の欠損があって、以前レジン充填をしていて、現在は食べ物が詰まって気になっているわけですね。

先ず調べる必要があるのは、詰まるところが問題の欠損部位かどうかだと思います、もし欠損部位なら、充填することによって食べ物がつまらなくなるなら、充填することに意味はあると思います。

もし充填することによって詰まることが解消できないのなら、充填しても意味はないと思います。

もうひとつ現在のレジン充填がきれいに出来ているか否かになるでしょう、きれいに出来ていて充填をやり直しても、改善が見込めないのなら再充填しても意味は無いと思います。

もし不十分な充填なら、今後のことを考えてやり直すのもひとつの方法かと思います。

いずれにしても現在の状態を、正しく評価して今後の治療方針を決めるのがいいように思います。

歯軋り対策のマウスピースについては、個人的には必要ないと考えています、それより歯の側方運動時の咬合関係を精査して、問題があれば咬合調整するのがいいと考えています。

マウスピースはQOLを著しく低下させるでしょう、出来るだけ避けるのがいいと考えています。

参考になれば幸いです。

破折歯の修復 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=990
小さい場合 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=1181
前歯の場合 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=1278

回答 回答2
  • 回答者
当サイト登録医としてふさわしくないと判断したため、ご退会頂きました。(不正請求による保険医登録取り消し、H26.12.10)
回答日時:2011-01-04 09:45:04
レジン充填がされている歯でしょうか?

歯ぎしり等の問題もあり、レジンに亀裂が入っていたり完全に歯がコンタクトしてない可能性も考えられます。
またそのため金属の被せものを勧めていると思います。

歯ぎしり防止装置などのマウスピースの修理は、ハードタイプでしたら、レジン等の追加修理が出来ますが、ソフトタイプですと大きな歯の変更があると浮き上がる可能性もあります。

追加や修理は難しい物もあります。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: teamさん
返信日時:2011-01-09 03:30:54
御回答、ありがとうございました。参考になります。
やはり、した方がいいということでしょうか…。

一つ、悩んでいるのですが、4番左上となると、見える可能性も高くなりませんか?

コンポジットレジンのアドバイスなどは特になく、銀を被せましょう、といわれたのですが、その理由があまり分かりません。

銀の方が、コンポジットレジンより、かたいというのは分かりますが、コンポジットレジンはそんなに割れたり、かけやすい物なのでしょうか?

機能的に考えたら、銀の方がいいのでしょうか?
ちなみに保険内治療を考えています。
回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2011-01-09 04:08:55
おはようございます。

コンポジットレジン修復と銀歯によるインレー修復との比較の問題ですね。

この二つで比較した場合、銀歯が欠けることはまずありませんが、コンポジットレジンが欠ける可能性はありますので、そういう意味では、銀歯の方が安心といえるでしょう。

コンポジットレジンにした場合の欠けるリスクがどの程度かにつきましては、歯の状態、咬み合わせの状態などにより、異なりますので、担当の先生の判断をお聞き下さい。

治療後、歯ぎしり対策のカバーをお願いするという考え方もあると個人的には思います。


参考にしていただければ幸いです。

回答 回答4
  • 回答者
回答日時:2011-01-09 04:58:29
ご質問拝見させていただきました。

そうですね。。

歯のレジンの欠損が非常に大きい場合は、被せの治療を選択することもありますが、まずはレジン充填でつまりがなくすことができるかチョイスすると思われます。私見ですが。

口腔内カメラ等で、実際の状態を診せていただいてますかな??

もしかするとみていなくて不安が出ているかもですので、一度、先生に診せていただくといいと思います。

状態をみて、どうしても被せないとだめならば被せの治療がいるかもですが、保険でも白い硬質レジンジャケット冠ができます。

ただ、歯ぎしりがあるとチョイスできないかもですね。。。。


よく相談されてどうしても被せないと駄目といわれ、納得いかない場合は、セカンドオピニオンも必要かもですね。

回答 回答5
  • 回答者
回答日時:2011-01-10 13:13:25
こんにちは、健康な歯はできるだけ削りたくないですよね^^;

>やはり、した方がいいということでしょうか…。

ここで結論は得ない方がいいですよ。
実際の口の中を診ずに意見を言っているのですから。。。


>一つ、悩んでいるのですが、4番左上となると、見える可能性も高くなりませんか?

確実に見えますね^^;


コンポジットレジンのアドバイスなどは特になく、銀を被せましょう、といわれたのですが、その理由があまり分かりません。

過去にも何度か書かせてもらっていますが、歯と歯のすき間に近い部分のレジン充填は非常に難しいので、同じ手間で治療を行おうとすると、健康な部分を犠牲にしてでもインレーを選択した方が精度良く、段差の少ない詰め物が出来結果として長く持つ可能性が出てきます。

歯と歯の間のレジンの研磨は、不可能に近いケースもあります。


口の中で、

・段差なく
・形
・色
フロスも引っかからない

もの(レジンなど)を作るのは、非常に難しい治療であまり一般的な方法ではありません。


患者さんからしたら、どの方法も同じぐらいの難易度だととらえられがちですが、同じ歯でも虫歯の出来た位置、欠けた位置によっては治療方法が分れてきてしまう部分があります。


今の患者さんの要求度は非常に高いですからね^^;
1回でなるべくきちんとした方法を取ろうとすると、間接法でメタル修復になると思います。

レジンが希望でしたら、他の先生にも診てもらった方がいいかもしれませんね。

見ていませんが、出来ないこともないとは思いますが、歯科医院、先生は選ぶ必要が出てくると思います。



おだいじに
 
 

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: teamさん
返信日時:2011-01-17 03:12:04
ありがとうございました。

先にマウスピースを作ることになりました。
担当医とまた相談して決めたいと思います。



タイトル 虫歯ではない、欠けた歯の部分に銀歯を被せるべきか?
質問者 teamさん
地域 岐阜
年齢 29歳
性別 女性
職業 その他
カテゴリ 歯が割れた・折れた・欠けた
レジン(白いプラスチック)
歯軋り用マウスピース・ナイトガード
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日