歯列矯正で大きな犬歯を抜歯することについて

相談者: bakeruno38さん (37歳:女性)
投稿日時:2011-03-10 21:43:18
参考:過去のご相談
審美歯科のキャンペーンで乱杭歯のセラミック治療を契約・・・でも後悔



お世話になりますm(__)m

ワイヤー歯列矯正を行うにあたって主治医と話し合った結果、右上3番(犬歯)を抜歯する事に。

紹介状を書いてもらい抜歯に行った所、抜歯する歯科医師いわく、自分の3番は大きくて抜けないとのことでした。(抜歯する際使うペンチ?みたいな道具ではさめない)

又、根が相当深い様なので歯茎から切開し骨を削る可能性もあるとの事で、やんわりお断りされ抜歯無しに帰路につきました。

帰宅後、ネットで色々調べてみました所、普通犬歯は抜歯しない。
根が深く最後まで残る歯なので残す。
抜歯部位が陥没して老け顔(法令線等)になる。

等色々デメリットを閲覧していると怖くなってきました。

なぜ3番抜歯が決まったのかと言いますと…
3番犬歯は、歯並びの上から飛び出す様に生えてる八重歯で、噛み合わせに全く参加していない。

4番抜歯だと大きい犬歯が入りきらない。

時間的、金銭的に抜歯1本で早く終わらせたい。

3番の1本のみ抜歯で、矯正はスムーズにいくであろうとの事等です。

又、主治医の矯正医は認定歯科医で、過去に犬歯抜歯で治療したケースも何件か有り、全て問題なく終了したとの事です。

再度主治医にセカンドオピニオン的に大学病院口腔外科に紹介状を書いてもらい、3番抜歯に赴く予定です(来週)

しかしネットで色々デメリットばかりが目に付き不安になり、混乱してしまっています(泣)

特に自分をおびえさせる内容は、顔貌の変化です。

犬歯抜歯をした場合、鼻翼部位が陥没するとか…老人顔に!?
それって本当なのでしょうか?
個人差とかあるのでしょうか?

主治医は、自分の場合閉じた時の口元から八重歯の盛り上がりは確認出来ず、へこむ事はないでしょうとコメントされましたが…

歯は抜いてしまったら元に戻せないので、当方かなり困窮しております。

どうかアドバイスお願いしますm(__)m


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2011-03-10 22:04:58
こんばんは。

一般歯科医としては、やはり3番の抜歯は避けられるものなら避けて欲しいところです。

矯正終了後までの話で言うなら、確かに八重歯の方は3番抜歯の矯正が手っ取り早く、すばやく終わるのは間違いないと思います。

ですがbakeruno38さんが50歳になったとき、60歳になったときのことを考えると、3番は重要な歯です。

ただ、それほど大事な3番も、かみ合わせの上では今までも「無いに等しい」訳ですから、抜いたところで今よりも悪くなるとまでは言えないですよね。

・・でも・・一般歯科医としては・・抵抗が・・と言う感じです。



さて、では実際に3番を抜くべきか4番を抜くべきか、矯正の診断はやはり担当されている先生のご判断が最も信頼出来るかと思います。

こちらには何も資料がないですからね。



>4番抜歯だと大きい犬歯が入りきらない。

そういうこともあるかも知れません。



でもおそらく、時間をかければそれは解決出来そうな気もします。
(例えば複数の歯をコンマ1mmずつ削るなどすれば、それぐらいのスペースを作ることは理論上可能なはずなので。)



>時間的、金銭的に抜歯1本で早く終わらせたい。

↑これが一番大きい理由なのではないでしょうか。



>抜歯部位が陥没して老け顔(法令線等)になる。

に関しては、犬歯抜歯に限らず抜歯矯正においてはよく聞く話ですね。

理屈の上では、歯の位置が何ミリか変わった程度でシワになるとは非常に考えにくいのですが、矯正期間中に歳も取りますので、抜歯のせいか、加齢のためか、本当のところは誰にも分からないのではないでしょうか。

もしどうしてもの場合は、シワを取る手術もある様ですから、何を優先されるかで決められれば良いと思いますよ。

そもそもしなくてはいけない様な治療でもありませんからね。

十分に納得した上で治療を開始する様にされて下さい。

回答 回答2
  • 回答者
当サイト登録医としてふさわしくないと判断したため、ご退会頂きました。(不正請求による保険医登録取り消し、H26.12.10)
回答日時:2011-03-10 22:14:47
かなり大きい3番なのですね。
カンシで挟めないくらいだと、かなり大きいですが、へーベル等で抜けなかったのですかね。

言われるように、3番の歯の重要性はかなりあるかと思います。
機能的に見ても審美的に見ても重要な役割を果たします。

ただ、矯正治療において4番を抜歯するケースが多いとは思いますが、大きな3番の幅を考えてのことだと思いますが、部分矯正ではないと思いますので、他のはにスペースを作れば何とかなるような気がします。
反対側の3が歯列内におさまっているのですから。

4番は歯の根の形態が複雑で、コンケイブ状の歯周病的には大変不利な形態をしていることもあります。
そのため4番の近心ポケットが深くなり、歯周病に早く罹患することも考えられる歯です。

また歯の根の長さも短いため、アンテリアガイダンスを獲得すると、側方圧に耐えられる状態かは不安の残るところです。

3番がかなり低位唇側にあり、唇側骨の裂壊が大きくみられ、骨も歯ぐきも付いてこない可能性が高く、歯頚部が上がってしまい、審美的にかなり悪い場合は抜歯も考えることもあるかと思います。

担当の先生に矯正前のセットアップ等を見させていただき、他の歯の状態ポジションから3番保存の場合などをよくご相談されることをお勧めいたします。

回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2011-03-11 05:08:53
bakeruno38さま、おはようございます。

矯正治療をなさることになって、上顎犬歯抜歯をして治すことになったわけですね。

実際の咬合状態を拝見したわけではないので断定は出来ませんが、年齢を考えると、犬歯の抜歯も候補としては十分考えられると思います。

犬歯については、一般的には抜歯を避けることにはなりますが、あくまでも一般的だということで、個別の事情は様々なのでそれほど心配なさらなくてもいい様には思います。

ネットで調べて怖くなっていらっしゃるようなので、主治医に今の御自身のお気持ちを伝えていただいて、納得できるお話をしていただくのがいいように思います。

私も何症例か犬歯の抜歯で矯正治療をした経験があります、診断さえ間違っていなければ、なんら問題は無いでしょう、参考になれば幸いです。

回答 回答4
  • 回答者
伊藤矯正歯科クリニック(名古屋市中区)の伊藤です。



※2013年9月14日までは伊藤和明先生、それ以降は伊藤雅大先生がご回答されています。
回答日時:2011-03-11 07:56:14
「時間的、金銭的に抜歯1本で早く終わらせたい。」

これが大きな要素とすれば、犬歯1本抜歯もありかなと思います。
ただその場合、本当に矯正が必要なのでしょうか。

犬歯抜歯して、そのまま何もしないという選択肢もあるわけです。(もちろん私はお勧めしませんが)

私ならめったにこのような抜歯を選択しません。
顔の正中と上の前歯の正中はどうなっているのか、前歯や4番を含めた奥歯噛み合わせがどうなっているのか、などを考えるともう少し違った提案をするような気がします。

スペースの問題に関しては犬歯と第一小臼歯歯冠幅の違いは1ミリ程度です。それほど問題になるとは思えません。
治療期間もそれ程違ってこないと思います。
もちろん現在の状態によっては、半年近くの差が出てくる場合もあると思います。

回答 回答5
  • 回答者
回答日時:2011-03-11 10:25:59
私の場合、やはり矯正治療は治療後の状態がいかに良いかということが大前提で、それを犠牲にして治療期間の短縮をとるという場合は、再度患者さんにそれで本当によいのかを確認します。

伊藤先生ほどキャリアはありませんが、16年の経験の中では生えている犬歯を抜いたのは1症例のみです。
それも埋伏している犬歯を他院で牽引し、全く中途半端なところで終わりとされていたものの再治療です。

それくらいまれな選択肢と思います。

犬歯の位置が悪い場合は、通常下の歯とかみ合っていない場合が多いので、「犬歯が噛みあわせに参加していないので抜歯」というのは、私としては考えない理由です。

もちろん、噛みあわせに参加していない歯が骨癒着しているということは、たまにありますのでそういう場合は抜歯(少し大変な場合もありますが)ということもあるのではないかと思います。

4番を抜歯してスペースが足りなかったら、それをなんとか作るように考えてでも、犬歯は並べようと多くの矯正専門医は考えると思います。

ホウレイ線の問題は、犬歯の抜歯とは関係ないと思います。
というより、よくネットでも話題になっているホウレイ線と、矯正治療の問題はほとんどが関係ないと思っています。

回答 回答6
  • 回答者
回答日時:2011-03-11 10:36:27
犬歯抜歯後は、きれいに歯並びを揃えても左右非対称になります。
現在も、おそらく左右対称になっていないはずですが、他の部分がきれいになると、逆にその犬歯がなくなった場所が気にならないかは少し心配されますね。

犬歯抜歯によって、右の鼻翼下が少し陥没する気がするかもしれませんが、これによって、むしろ左との対称性が出来るのではないかと推測します。(つまり、従来は右が若干凸していたかもしれない)

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: bakeruno38さん
返信日時:2011-03-11 12:40:30
渡辺先生、服部先生、山田先生、伊藤先生、高橋先生、藤森先生、丁寧にご返答して頂きまして誠に感謝ですm(__)m

本日再度主治医に相談に行って参ります。

山田先生のおっしゃる犬歯抜歯も場合によっては。のアンサーで、ネットで調べて怖くなってる自分の気持ち、再度主治医に伝えてみます。


相談内容は3番ではなく、4番の場合を抜歯だと大きい八重歯はきちんと入りきるのか、他の歯をミリ単位で削ってスペース確保してくれるのか。時間はどれ程長引くのか。等…

又、犬歯抜歯の選択に自分も完全納得した場合、一度紹介状持参で行った歯科医に断られた理由である

「根が相当深い様なので、歯茎から切開し骨を削る可能性もあるとの事…」
その言葉はかなりダメージ(恐怖感)で、来週赴く予定(しかし抜歯する歯を4歯に変えた場合はキャンセルしますが)の口腔外科では、犬歯抜歯するにあたり上記の様な処置になるのでは…?とおびえまくりの状態です(/_;)

また、高橋先生のおっしゃる、「噛みあわせに参加していない歯が骨癒着しているということは、たまにありますので」を拝見し、自分もそれに該当?とやはり困難極める抜歯を想像しております。


またまた質問で申し訳ありませんが、骨癒着している犬歯の抜歯は、普通の抜歯方法とは違うのでしょか?

またよくネットで目にする犬歯歯根が鼻の骨までいっちゃってる場合、抜歯する事で蓄膿症になったり鼻の通りが悪くなる。というのは本当でしょうか?


ご多忙な中すみませんが、御手すきの瞬間がございましたらご教授お願い致しますm(__)m
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: bakeruno38さん
返信日時:2011-03-13 14:01:21
お世話になります。

ご返答を一件も頂けないので、再度投稿させて頂きますm(__)m


噛みあわせに参加していない歯が骨癒着しているということは、たまにありますので」を拝見し、自分もそれに該当?と、やはり困難極める抜歯を想像しております。


またまた質問で申し訳ありませんが、骨癒着している犬歯の抜歯は普通の抜歯方法とは違うのでしょか?

またよくネットで目にする、犬歯歯根が鼻の骨までいっちゃってる場合、抜歯する事で蓄膿症になったり鼻の通りが悪くなる。というのは本当でしょうか?

それから仮に3番抜歯を4番抜歯に切り替えた場合、自分の犬歯の位置が動かし辛い位置の場合、歯茎や骨がついて来ない場合等考えられますでしょうか?

3番抜歯で動かした時、歯茎は痩せてしまう可能性は出ますか?


以上質問宜しくお願い致しますm(__)m
回答 回答7
  • 回答者
回答日時:2011-03-13 14:13:39
こんにちわ。

犬歯抜歯についてですが、私の経験ではそれほど難しいとは思えませんが、個人的には歯冠がある犬歯の抜歯で骨の削除をしたことはありません。

もし癒着していたなら困難だとは思いますが、今まで骨の癒着をした犬歯の経験はありません。

唯一癒着を疑った症例は、上顎7番で根の一部が残ったため口腔外科へ紹介したら、そのまま放置することになりました、個人的な経験ですがこれが癒着を疑った唯一の症例です。

参考になれば幸いです。

回答 回答8
  • 回答者
伊藤矯正歯科クリニック(名古屋市中区)の伊藤です。



※2013年9月14日までは伊藤和明先生、それ以降は伊藤雅大先生がご回答されています。
回答日時:2011-03-14 07:38:04
八重歯になっている犬歯が、骨と癒着していることはめったにありませんので、それほどご心配は要らないのではないかと思います。

もし癒着しているなら、その後ろの第一小臼歯抜歯しても犬歯は動きません。
むしろその方が問題が大きいと思います。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: bakeruno38さん
返信日時:2011-03-18 12:13:21
先生方

きちんとご相談にのって頂き本当に感謝感謝です。

色々な角度から検討出来ました。
後は自分が決める事ですね。

先生方のご意見を参考にじっくり考えていきたいと思います。


質問した当日に地震にみまわれたりと、世の中大変にも関わらずその後、返答を下さった山田先生、伊藤先生、ありがとうございました。

また質問する際はどうぞ宜しくお願いしますm(__)m



タイトル 歯列矯正で大きな犬歯を抜歯することについて
質問者 bakeruno38さん
地域 東京23区
年齢 37歳
性別 女性
職業 その他
カテゴリ 矯正で抜いた・抜く予定
抜歯:3番(犬歯)
歯列矯正の治療法
歯列矯正(矯正歯科)その他
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

歯磨きをしても虫歯になる原因 デンタルフロスは効果無し? 歯ブラシとデンタルフロスどっちが先? 歯科衛生士が就職前に絶対に知っておきたい

Total total   今日 今日   昨日 昨日  
現在 人が閲覧中