糖尿病がありインプラントがダメになり、総入れ歯は発音に不満

相談者: ひろいさん (53歳:男性)
投稿日時:2011-03-20 13:34:09
私は、糖尿病による歯周病の悪化によって、約15年前にかなりの歯を喪失しました。

当時インプラント治療があるということを知り、下顎右側奥から4本と上顎で6本程度インプラントを行いました。

上顎のインプラントは10年も満たない間にインプラント部の歯周病により全て駄目になると共に、残った歯も全て抜歯することとなったため、取り外し可能な入れ歯タイプのインプラントにしました。


しかし、それもインプラント部の歯周病悪化により駄目になったため、総入れ歯にすることにしました。

下顎のインプラントは健全だと思っていましたが、上顎のインプラントについて再度可能かどうかを判断するため、別の歯科病院で3Dレントゲンをしていただきました。

その結果、下顎のインプラントの1本が駄目になっているので早急に取り除かないと他のインプラントも駄目になると言われました。



そこで、インプラントと総入れ歯について質問いたします。

質問1
インプラントが駄目になった場合は、他の歯科では治療することはできないのでしょうか?

駄目になると判断された医師によると施術された病院で治療することを薦められました。
インプラント用の金具が異なる、保障があるのではという理由で!


しかし、インプラント施術後5年後を経過していること、金具が施術病院によって異なるのであれば、施術後遠方に引越しした場合などはどうすればよいのでしょうか?

私の場合インプラント施術後引越したため、治療にかなりの交通費を費やしました。

インプラント施術病院での治療の際に言われたのは、金具(ネジ部)はどれも共通であり、治療(インプラントの除去)は可能であると。

この病院は技術力はある(?)と思いますが、横柄な先生のため、治療はしたくないと考えていましたが、他の病院で治療してもらえなかったため、仕方なく治療することになりました。


インプラント治療は今流行していますが、私の経験から言えば病院同志の横のつながりが全くない、自分の病院で施術したものでなければ治療をしたがらないという印象です。
歯科医院の先生方どのようにお考えですか?




質問2
インプラントは今流行っていますが、糖尿病がある場合などは施術しない方がいいのでは?

糖尿病を患っている場合、通常の歯に比べてインプラントは歯周病の進行が劇的に早いのではないのでしょうか?

今後の治療の参考としたいのでご意見を伺いたいと思います。



質問3
下顎のインプラントの維持のために、Plak out(プラークアウト)という抗菌剤(現在はあまり流通していないようですが)を使用しています。

これはインプラント施術病院で処方されたものです。
現在歯茎の腫れなどはないのですが、微妙に痛みを感じることがあります。

この薬剤の効果とこれより効果の高い薬があれば教えてください。



質問4
上顎は現在総入れ歯ですが、2度目の作り変えでそこそこ入れ歯が安定するようになりました。
しかし、うの発音の際には安定が損なわれます。

作り変え前の入れ歯は安定性が悪く、入れ歯安定材で固定する処置を時々していました。

現在の入れ歯は安定剤を使用していた時と同様の密着性(拘束力)を感じます。
入れ歯安定剤の使用について歯科医の先生方は否定的でありますが、現在の入れ歯の使用感と安定剤を使用していた時の感覚から言えば、両者とも同様に顎の骨の衰退は進行するのではないのでしょうか?

入れ歯安定剤の使用について見解をお聞かせください。

なぜ、このようなことを言いますと、仕事で長らく話す機会がある場合など安定剤によって入れ歯を固定しなければならないことを想定しての質問です。

入れ歯安定剤で粉末の新ファストンという薬がありますが、これを使用しても問題はないのでしょうか?
顎と入れ歯の隙間が少ない場合などに使用するものとネットで記載されているものを見ましたが。



以上、長文にて申し訳ありませんが歯に関してコンプレックスを抱いていますので、ぜひ良い投稿の方宜しくお願いします。


回答 回答1
  • 回答者
細見歯科医院の細見です。
回答日時:2011-03-20 14:00:05
質問1について。

インプラントが駄目になった場合は、他の歯科では治療することはできないのでしょうか?

インプラントのダメになり方によると思いますが、除去だけなら他の医院でも可能かもしれません。



>インプラント用の金具が異なる、保障があるのではという理由で!

インプラントは色々な種類があり、それぞれ使う器具も違います、自費治療でもあり保障の事も有りますので、やはり施術した医院で行うほうがいいですね。



>自分の病院で施術したものでなければ治療をしたがらないという印象です。
歯科医院の先生方どのようにお考えですか?

やはり他人のやった治療の尻拭い(言葉は悪いですが)はやはりやりたくはないですね。
公的病院(大学病院etc)がその様な役割を担っている部分が多いですね。



質問2について

糖尿病がある場合などは施術しない方がいいのでは?

糖尿病は免疫力が落ちる病気です、インプラントは施術したら歯周病(インプラント周囲炎)との戦いです。
そー言う意味では糖尿病の患者様はリスクは高くなりますね。

ただ糖尿病のコントロールの状態によっても変わってくると思います。


また最近歯周病を治療する事によって糖尿病が良くなることも確認されているようです、歯周病の治療に力を入れれば可能かもしれません。




質問3について

プラークコントロールの基本は薬剤ではなく、物理的な除去、つまりブラッシングです。



質問4について

上顎の入れ歯は熟達した歯科医に作りこんでもらえば安定剤など無くとも十分噛める物が作れると思います(自費になるかもしれませんが)

回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2011-03-20 14:25:05
ひろいさまこんにちわ。

糖尿病があって歯周病で歯を失ったことでインプラントをなさっていて、そのインプラントがインプラント周囲炎でだめになったようですね。

実際のお口の中を拝見したわけではないのでどのような状態かわかりかねますが、結果的にはインプラントは適応ではなかったと思います。



今後の補綴は基本的には義歯でなさるのがいいように思います、問題は咬める義歯が作れるかどうかになってくると思います。

歯周病とインプラント周囲炎を経験なさっているので顎堤の状態はあまりよくないかもしれません。


義歯を上手に作ることが出来る歯科医を捜されて相談なさるのが一番いいように思います。



>質問1

歯周病の治療にしても様々な方法で行われているように思います、個人的には歯周病が治っていないのにインプラントをするのはよくないように思います、したがってひろいさまのような症例では個人的には歯周病をそのままにしてインプラントを治す事はありません。



>質問2

糖尿病や歯周病がコントロールできていないのにインプラントをするのはどうかと思います。



>質問3

歯周病の原因はプラークです、歯磨きでしか治すことは出来ないと考えています、また糖尿病もあるので食事療法も必要なように思います。



>質問4

こればっかりは顎堤の状態や対合歯の状態などを拝見しないとなんともいえないと思います、参考になれば幸いです。


歯周病 
http://yamadashika.jp/perio.html

ブラッシングの威力? 
http://yamadashika.jugem.jp/?cid=52

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: ひろいさん
返信日時:2011-03-20 18:33:26
細見先生・山田先生早急な回答ありがとうございました。


ご意見をいただいて検討した結果、再度インプラントを施術することは費用面と自己管理や施術した後のインプラントが健全かどうか心配しなくてはいけないなどのことを総合的に勘案して、断念することにしました。

その他、以前インプラントを施術した病院は遠方のため、近くの大学病院で残存している下顎のインプラントのメンテナンス(歯石取りなど)を行うことを相談してみます。



上顎の総入れ歯について再度ご意見を聞かせてください。

私の入れ歯を製作していただいた歯医者は老人の患者が大半で、入れ歯の製作数も通常の歯科医に比べて多く、入れ歯治療に関しては評判が良いです。

母もそこで入れ歯治療を行ったのですが、入れ歯はかなり安定しているようです。


そこで、良い入れ歯とはどの程度の状態を言うのでしょうか?


数ヶ月前、NHKのためしてガッテンの放送で老婆が上・下総入れ歯なのにりんごのまるかじりをしているのを見ました。

入れ歯を外す場面も放送されたのですが、入れ歯安定剤を使用している様子もなく、入れ歯も保険適用のように見えました。
知人もこの老婆が入れ歯だとは気づいていなかったようです。


このように非常に安定した入れ歯を保険適用で製作することが可能なのでしょうか?

そして、高度な入れ歯治療を行う歯科医を探す方法があるのでしょうか?
(例えば入れ歯の製作を外注ではなく自前で行う歯科医とか)。


私の上顎の総入れ歯は、通常は安定していますが、うの発音時に入れ歯がずれて落ちそうになる、前歯で軟らかい食べ物でも噛み切れないなどの不満があります。

たぶん、以前インプラントを施術したこともあり、総入れ歯に対しての不満はインプラントを経験しない人に比べて大きいかもしれませんが!


入れ歯製作後6ヶ月経過した時点で、入れ歯の再製作を考える目安はどのように判断したら良いのでしょうか?

テレビ放送された老婆の場合は特別であるため、現状の入れ歯で満足しなければならないのでしょうか?
以上の素朴な質問について投稿の方宜しくお願いします。
回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2011-03-21 01:10:48
こんばんわ。

そもそもいわゆる総義歯でリンゴのまるかじりは不可能だと思います、総義歯では構造上前歯で物を噛み切ることは出来ません、安定してかめるのは臼歯部でということになります。



>このように非常に安定した入れ歯保険適用で製作することが可能なのでしょうか?

保険診療で作る義歯の場合は製作過程の途中でで前もって安定してかめるかどうかテストすることが出来ないので、少なくとも私のところでは可能かどうかについては出来上がるまで判りません。



>うの発音時に入れ歯がずれて落ちそうになる、

うの発音時に義歯を脱落させる力が働いているのが原因だと思います、それを取り除くことが出来れば安定すると思います。



>前歯で軟らかい食べ物でも噛み切れないなどの不満があります。

総義歯であれば前歯で物を噛み切ることは出来ないと思います。



総入れ歯に対しての不満はインプラントを経験しない人に比べて大きいかもしれませんが!

作り方一つだと思います。



>入れ歯製作後6ヶ月経過した時点で、入れ歯の再製作を考える目安はどのように判断したら良いのでしょうか?

入れ歯のどの点に問題があるかによって違ってきます、作り変えることによってしか問題解決できないのであれば再製作するしかないと思います、現在の義歯の問題点を調整することによって改善できるのなら再製作の必要はありません。

再製作をしても問題解決が出来ないのなら再製作も無駄になると思います。



>テレビ放送された老婆の場合は特別であるため、現状の入れ歯で満足しなければならないのでしょうか?

あの番組は私も拝見しましたがやらせのような印象を持ちました、しかし実際に義歯を診たわけではないので断定は致しかねます、参考になれば幸いです。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: ひろいさん
返信日時:2011-03-21 05:40:13
山田先生、いろいろ回答いただいてありがとうございました。

入れ歯の再製作については、いろいろ検討したいと思います。



タイトル 糖尿病がありインプラントがダメになり、総入れ歯は発音に不満
質問者 ひろいさん
地域 非公開
年齢 53歳
性別 男性
職業 非公開
カテゴリ インプラント治療法
インプラントに関するトラブル
総入れ歯 その他
その他(その他)
糖尿病
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

歯磨きをしても虫歯になる原因 デンタルフロスは効果無し? 歯ブラシとデンタルフロスどっちが先? 歯科衛生士が就職前に絶対に知っておきたい

Total total
今日 今日
昨日 昨日