スプリント製作の歯科探しの度にX線撮影しても大丈夫でしょうか?

相談者: Schinさん (40歳:女性)
投稿日時:2011-05-05 12:57:30
ご無沙汰しております。

以前からいろいろ相談しております通り、オープンバイト歯茎がかなり下がっており、おそらく夜中の食いしばりが原因で痛みや腫れが時々あって困っております。
3件ほど質問があります。


(1)レントゲンを1年のうちに何度もとって大丈夫でしょうか?今まで大学病院2件で一度に10枚ほと撮ったりしています。

(2)個人の医院でスプリントを希望すると驚くほど高いのですが、保険は効かないのでしょうか?
素材が違うのでしょうか?

(3)難易度の高い治療は大学病院と個人とではどちらがいいのでしょうか?


<経緯>

今まで個人の歯科や大学病院3か所で見てもらいましたが、結果は歯茎が下がりすぎで矯正は無理、スプリント(固いタイプ)でなんとか今の現状を維持するしか術はないという結果に落ち着いておりました。

唯一かみ合っている奥歯ブリッジのため、固いスプリントも怖く、何度か使用していましたが、安眠ができず、顎の痛みも出たことから、歯科医から調子の悪い時は使用をやめるようにいわれ、最近は使っていませんでした。

ですがまた最近痛みが出始めたので、柔らかいものを作ってもらいたいと思っています。

その大学病院では柔らかいものは作ってもらえないようなので、以前柔らかいものを作ってもらった大学病院か、近くの歯科を探しています。


以前柔らかいタイプを作ってもらった大学病院は予約がかなり先になり、痛みもあるので迷っています。

それと仕事上平日は休みが非常に取り辛いです。


どちらにせよ歯科探しの度にレントゲンを撮るのは大丈夫でしょうか?
今年に入って3か所でレントゲンを撮りました。
うち2か所では10枚ほど一度に撮っています。


歯科を探す際、意見を伺うだけでもレントゲンをとってみないとといわれますが、やはり取らないとスプリントのタイプも聞けないのでしょうか?

それと以前個人の歯科でスプリントを希望したら3万と言われ、やめました。
個人の医院では保険がきかない事が多いのでしょうか?

よろしくお願いします。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2011-05-05 13:33:19
>意見を伺うだけでもレントゲンをとってみないとといわれますが、

ほとんどの歯科医師にとって、診断のためにレントゲン写真は必須であろうと思われます。
セカンドオピニオン自費になります / 予め費用をご確認ください)を受けられる際には、既に撮影しているレントゲン写真を借りてご持参されれば良いと思います。



>個人の医院では保険がきかない事が多いのでしょうか?

そんな事はないと思いますよ。
でも、「病気を治すために診療しているのであって、単にスプリントを作って売っているのではない!」と考える歯科医も多くいると思います。
私のように何年もスプリントを作ったことのない歯科医師も稀にいるようですし・・。

回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2011-05-05 13:51:58
こんにちは。

レントゲンに関してお気になさる方も多いとは思われますが、やはり藤森先生もお書きになっておられるように、診断のためには必要と考えられることがほとんどであります。


またそのようなものであるため、歯科用レントゲンはその被曝量は極力少なくなるように工夫されたものです。

お話にある程度の被曝は全く問題無いと考えられますし、今後再び診断で必要とあらばレントゲン検査をお受けになっていただいた方が、その後の治療のためにも、被曝のリスクよりも治療への有用性がはるかに上回ると思います。


スプリント保険でも作ることは可能と思います。
しかし保険のルールに沿った診断・病名が付き、そのルールに則った手順で行われた場合です。

ただ単にスプリントを製作して欲しいというだけでは、健保適用とはなり難いと思います。

また保険では対応していないような独自な方法で治療が進められる場合にも健保適用外となってしまうかも知れません。

回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2011-05-05 14:34:53
ご相談ありがとうございます。


>1)レントゲンを1年のうちに何度もとって大丈夫でしょうか?
>今まで大学病院2件で一度に10枚ほと撮ったりしています。


全然ご心配はありません。

歯科用のレントゲンはとても放射線が少ないことと、身体の特に放射線に弱い部分には直接当たらないからです。

反射したり間接的に当たるレントゲンはさらにとても弱くなっていて気にすることもありません。


もう成人していらっしゃいますから、もし心配するならば、これから何十万枚かを撮影してもまだ障害が出るには足りないと思います。

人間の身体には回復力があり、少々放射線を受けた方がかえって健康になる効果があることも知られています。

例えば関東地方は地面から出る放射線量が関西よりも五分の一と少なくなっています。
地球全体どこにいても自然の放射線に当たっています。

それで人間は強くなっている部分もありますから、いつも足りない分を補った、くらいに思っても間違いではありません。

ぜんぜん大丈夫です。



>(2)個人の医院でスプリントを希望すると驚くほど高いのですが、保険は効かないのでしょうか?
>素材が違うのでしょうか?


保険医療機関ならば効くはずです。
自由診療専門ならば効きません。
医院毎に違います。

ふつうの素材はあまり違わないはずです。
ただ金属を使えば全く違います。



ちなみにスプリント以外でも、保険の歯科治療費は驚くほど安いから、それと比べれば驚くほど高く感じるだけで、世界的に見れば決して高くありません。



>(3)難易度の高い治療は大学病院と個人とではどちらがいいのでしょうか?


そういう特別な場合は、どちらかと言えば大学病院の方が良いともいえます。




>歯科を探す際、意見を伺うだけでもレントゲンをとってみないとといわれますが、やはり取らないとスプリントのタイプも聞けないのでしょうか?


スプリントは治療の手段ですから、その前の診断のために検査は必要になります。
あまり転院をくり返すと、不要な検査や時間が増えてしまうことはあると思います。

回答 回答4
  • 回答者
回答日時:2011-05-05 14:36:39
>(2)個人の医院でスプリントを希望すると驚くほど高いのですが、保険は効かないのでしょうか?
>素材が違うのでしょうか?

いかほどが高いのでしょうか?
田中先生が書かれたように診断病名が付き保険でスプリント(保険上にこの名前はありませんが)を作ると3割負担で5000円ほどかかります。
万単位のスプリントは保険外診療の可能性が高いですね。

レントゲンの被曝に関しては小さなレントゲンが0.01ミリシーベルトぐらいですので60枚撮影すると胃のバリウム検査と同じぐらいの量ですね。
ニューヨーク東京間を飛行機で往復して0.19ミリシーベルトですから気になさるほどの量ではないと思います。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: Schinさん
返信日時:2011-05-07 16:08:08
藤森先生、田中先生、さがら先生、柴田先生、ありがとうございます。

先生方の被爆のリスクよりも治療への有用性というアドバイスのおかげで安心して病院に行く事が出来ました。

長い間この症状に対応してきたので自分の歯の状態も処置のしようもない事はわかっていました。

しかし残っている歯をなるべくもたせたいという願望は捨てていません。
今日見てもらった歯科医師になるべく持たせたいのでというと

「1本しかかみ合ってないから、こんな歯が持つわけがない」

と傷つくことを言われました。
自分で選んだ所なので、自分でできる限りの事はしようと思っています。

また相談するかもしれませんがよろしくお願いいたします。
ありがとうございました。



タイトル スプリント製作の歯科探しの度にX線撮影しても大丈夫でしょうか?
質問者 Schinさん
地域 非公開
年齢 40歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 噛み合わせ(咬合)その他
レントゲン写真
歯軋り用マウスピース・ナイトガード
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日