海外留学中で帰国まで2ヶ月、虫歯が痛むが治療に行けません

相談者: 愛菜さん (20歳:女性)
投稿日時:2011-05-09 00:30:11
はじめまして。

右上の7番の歯が虫歯のようで外側に穴があいていて痛いです。
この歯なんですが今年に入って穴があいていることに気がついてはいました。
しかし放置してしまい、今に至っています。

今治療に行けたらよいのですが、現在海外に留学中で歯医者に行けません。
保険に入っていないので治療費が高額になってしまうからです。
留学前に行けばよかったのですがいろいろと忙しくその時は痛くなかったので放置してしまいました。

帰国は6月下旬です。
残り2カ月このままなのですが、大丈夫か心配です。
対策などはありますか?


回答 回答1
  • 回答者
細見歯科医院の細見です。
回答日時:2011-05-09 00:57:06
海外での歯のトラブル困りますね。

現在の状態が解らない以上、大丈夫とは言えません。
対策も痛み止めを飲む位で根本的な事は有りません。


ただ痛みが有って腫れが無いのなら歯髄炎の状態でしょう。
冷たい物に滲みるか熱い物に滲みるかによっても重篤度は違います。
「冷たい<熱い」で重篤度は上がります。

腫れが有るようでしたら感染が考えられます。
感染は急激に進んだ場合、致命的になる場合も有ります。
この場合は出来るだけ早くの医療機関の受診をお勧めします。

回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2011-05-09 01:00:29
こんにちは。

いくら事情があるにせよ、現地で歯科に掛かる方法を検討されることが一番よいと思います。
費用を惜しんだために、後で金銭的その他のコストが大きくなる心配があると思います。

自力で歯の痛みを抑えようとするのであれば、丁子油(クローブ:clove)を穴に塗ることが方法としてあります。
薬局やエッセンシャルオイルを扱う店で入手できると思います。

もう一度いいますが、自分で何とかしようとするよりも歯科に掛かられる方がよいです。

回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2011-05-09 08:15:18
上記のお二人の先生方のご意見に同意です。
基本的に自分で何とかできることはありません。
気休め、ごまかし程度の事だとしても効果は僅かです。

留学先の医療がどのように行われているのか?
場所が特定できないので、詳細不明ですが、歯科にかかるしか、方法はないと思われます。

かかる前提で、どうしたら治療費用が捻出できるかを思案されることをお勧め致します。
お大事になさってください。

回答 回答4
  • 回答者
回答日時:2011-05-09 08:29:44
お痛みが出てしまっているようなので、今ご自身で対応できることはなく、対症療法として痛み止めを飲むことくらいでしょうか。

治療費の心配はあるでしょうが、一度見てもらったほうが安心だと思いますよ。

お大事になさってください。

回答 回答5
  • 回答者
回答日時:2011-05-09 08:50:30
おはようございます。


4人の先生方がおっしゃる通りです。

ご本人に出来ることと言えば、その部分を出来るだけ清潔にし、甘い食べ物、飲み物等、間食を控えて進行を最小限に抑えるくらいでしょうか。

しかし、痛みや現在出てしまっている症状を治めることは難しいと思いますので、痛みなどが増していくようであれば早めに歯科を受診された方がいいと思います。

回答 回答6
  • 回答者
回答日時:2011-05-09 10:06:15
大学付属の語学研修センターなどでしょうか?

担当チューター(に相当する方)に相談されることをお薦めします。おそらく似た経験は過去にも何度かあったと思いますから。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: 愛菜さん
返信日時:2011-05-09 18:25:41
やはり自分で出来ることもないようですね。
このまま放っておくのも怖いので歯医者に行ってみることにします。
治療費については日本人の先生などに相談してみます。

ありがとうございました。



タイトル 海外留学中で帰国まで2ヶ月、虫歯が痛むが治療に行けません
質問者 愛菜さん
地域 非公開
年齢 20歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 虫歯、知覚過敏の痛み
虫歯治療
海外その他
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日