[写真あり] 視診で神経まで虫歯が達しているか判るのか? (イギリス)

相談者: junjunn9さん (36歳:女性)
投稿日時:2011-05-10 18:25:20
こんにちは。
初めて質問をさせていただきます。
海外に期間限定ではありますが居住をしております。


先日、歯の詰め物が取れたので昨日治療に日系の歯科へ行ってきました。

そこで、詰め物が取れた左下6番のその下は神経まで達するほど虫歯であることを教えていただきました。
これはレントゲンを撮影していただき、分かっております。


そして、視診にて右上7番・6番もすでに神経まで達している虫歯だと指摘されました。

患者としては、今すぐに治療しないと…と思ったのですが、先生がココまで進んでいる虫歯なら約2年後の帰国後に日本で治療をしても、今治療したのとでも変わらないとおっしゃられました。
でも、痛みが出てきたなら治療しないとね。とも言われました。

いずれも、昔に虫歯治療をしてある箇所で、治した下が虫歯になっているようです。
 

そこで、

・視診のみで神経まで達していることがわかりますか。

・神経まで達している虫歯を2年間放置しておいても大丈夫なのでしょうか。
(痛みは今のところありません)

・治療が必要な場合、一時帰国中の10日ほどで治療は可能ですか。


この3点を質問させてください。
即時に治療が必要な場合は1週間後の一時帰国を考えております。

写真も添付させていただきます。
(左下6番は詰め物をしていただいたので、添付できません。
右上7・6番を添付させていただきます。

画像1画像1


回答 回答1
  • 回答者
細見歯科医院の細見です。
回答日時:2011-05-10 18:30:12
>視診のみで神経まで達していることがわかりますか。

判る場合も判らない場合も有ります、junjunn9 さんの上の歯は判らないと思います。


>神経まで達している虫歯を2年間放置しておいても大丈夫なのでしょうか。
>(痛みは今のところありません)

大丈夫じゃないと思います、神経に達しそうだがまだ達していない、だから痛みが無いのだと思います。


>治療が必要な場合、一時帰国中の10日ほどで治療は可能ですか

こればっかりは診断になるのでここでは判断できません。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: junjunn9さん
返信日時:2011-05-10 20:41:54
細見先生

ご回答ありがとうございました。
やはり2年間放置は大丈夫ではないのですね。
まだ神経に達していない間に、治療すべきだということですね。

ロンドンは歯科治療は高額治療…今すぐに帰国して治療をした方がよさそうですね。


引き続き、諸先生方のご回答もお願いいたします。
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2011-05-10 21:25:18
神経を保存出来る状態であれば10日でも治療が可能なケースもあると思います。

なんでも二年そのままだとちょっとまずいですよね。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: junjunn9さん
返信日時:2011-05-10 21:58:00
柴田先生

ご回答ありがとうございました。
2年間そのままというのは、やはりまずいですよね。

こちらの先生に

虫歯がここまで(神経まで)きてしまったら、今治療しようと、2年後だろうとやることは変わらないわ」

と教えていただき、驚いたとともに恐怖を感じました。


今後の安心と一生涯続く大切な歯のことを考えて治療をしに帰国をしたいと思います。


引き続き諸先生方のご回答も、よろしくお願いいたします。
回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2011-05-10 22:14:42
>視診のみで神経まで達していることがわかりますか。

写真からは分かりません。

大穴が確認できれば、「こりゃいっちゃってるでしょ」というのはあります。
ただ、神経の治療をする前にはレントゲンを撮りますね。



>神経まで達している虫歯を2年間放置しておいても大丈夫なのでしょうか。
>(痛みは今のところありません)

大丈夫の基準がよく分かりませんが・・・ (^^;)

治療を要する状態なのであれば、早めの方が良いです。
神経を守れる可能性もありますから。



>治療が必要な場合、一時帰国中の10日ほどで治療は可能ですか。

柴田先生は希望のある書かれ方をしていますが、実際は難しいと思いますよ。

現時点で6番は銀歯が入っているわけですから、これを一旦外して、ムシ歯を取り除くことになります。

神経の治療を要するかどうかは別として、受診初日に歯型が取れたとしても、銀歯を作るのに日数がかかります。

これにだいたい1週間くらいはかかるのが一般的です。



で、神経を取らずに済むか微妙なところであれば、ムシ歯を取りきったところで、一旦セメントなどで仮の詰め物をして経過をみたりすることもあります。

神経を取る必要があった場合、スムーズに治療が進んだとして・・・

初日:神経を取る(抜髄処置)
2回目:症状がなければ根管充填
3回目:問題なければ形を整えて、銀歯の歯型を採る
4回目:銀歯を調整して、装着

というのが、よくある治療の流れだと思いますが、これを10日間でというのは厳しいと思いませんか?

よくある「1週間に1回の予約」という流れであれば、1ヶ月かかります。



>ロンドンは歯科治療は高額治療

ということは、日本で保険診療を受けようとされているんだと思いますが、だとすると上述した流れが一般的かと思います。

つまり、時間的に厳しいでしょう。


旅費や移動時間のことを考えると、現地で良い先生を見つけて治療を受けられた方が良いと思いますよ。


今は円高ポンド安なので、比較的割安だと思うんですけどね・・・
http://www.breath-design.com/?eid=1620645

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: junjunn9さん
返信日時:2011-05-11 08:52:37
吉岡先生

ご回答ありがとうございました。
やはり日程的には厳しいですか…ですよね。
中途半端で終了するよりこちらで見つけることが大切ですね。

先生が添付してくださったサイトを見ました。
良心的なデンタルですね。

でもカーディフなんですよね。
ロンドンではやはりその倍の治療費です。トホホです。

なんとか保険も利用して、良い先生を捜したいと思います。
アドバイスありがとうございました。


細見先生・柴田先生・吉岡先生
アドバイス本当にありがとうございました。



タイトル [写真あり] 視診で神経まで虫歯が達しているか判るのか? (イギリス)
質問者 junjunn9さん
地域 非公開
年齢 36歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 虫歯治療
その他(写真あり)
イギリス
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日