根管治療を行う前の仮詰中、痛みがひどく食事もできない(イギリス)

相談者: まりもんさん (37歳:女性)
投稿日時:2012-01-31 19:44:36
現在英国に滞在しています。
左上6番についてです。

もともと左上6番は20年前から虫歯治療金の詰め物がありましたが、2年前それがポロッととれ、下に虫歯ができていたため再治療をし、今度は保険適応のレジンを詰めました。
ここまでは日本での治療です。

ところが、10日前くらいに急にその歯が痛みだし、英国で歯科医に行ったところ詰め物の下に虫歯があり、一部神経に触れているようなので抜髄することになりました。

治療の手順としては、まずは今の詰め物を取って虫歯部分を削って仮詰。
10日後に専門医による根管治療
日本と違ってここでもやはり1回で終わる予定です。

さらにその2週間後に最後の詰め物。
ついでに歯石取りもして終了。
この2週間後というのは、単に先生の予約がなかなか取れず伸びてしまったのもあります。


昨日一回目の治療が終わりました。

ラバーダムマイクロスコープも使い、今までの詰め物を取って削って、なにやら消毒くさい薬を塗ったりして、最後は白い粘土みたいなのを埋め込んで終了しました。

後半は結構グリグリされてるみたいで、麻酔をしていても少し痛かったです。

先生は

「これで少し不快感もなくなって楽になりますよ」

とおっしゃったのですが、麻酔が切れた後食事をとろうと思ったら、ほんの少し触れただけでも激痛が走ります。
舌で軽く押しても同様に痛いです。
治療前よりも辛くなってしまいました。

ただ、その痛みは長くは続かず、ほんと瞬間的な痛みです。
周囲の歯茎は特に目立った腫れや痛みはなく、何もしていないときの自発痛はありません。

やはり、神経ぎりぎりまで削っているからこの痛みは仕方ないでしょうか。
こちらの掲示板で類似の投稿を探し読みましたが、私の場合も仮詰を通して直接神経に圧力がかかっているため、と考えてもいいでしょうか。

もちろん、他に重大な原因があるかもしれない、やはりベストは直接診てもらうことでしょう。
が、なかなか予約もとれない上に一番の問題は言葉の壁です。
気軽に聞きに行くにはハードルが高く、藁をもつかむ思いでこちらで相談させていただきました。

この痛みは仕方ないですか?

10日後までなんとか我慢できるなら、放置していても大丈夫でしょうか。
まだ一日しかたっておりませんので、もう少したてばおさまる場合もありますか?

ハードルを乗り越えて歯科医に直接相談に行くとしても、こちらでいろいろ教えていただければ、それらをもとにあれこれ考えてから挑むことができます。

ちなみに総治療費は日本円で12万円ほど。
実費です。
歯も痛いですが懐も痛いです・・・。

 
よろしくお願いいたします。 


回答 回答1
  • 回答者
細見歯科医院の細見です。
回答日時:2012-01-31 19:55:31
日本でいうところの、麻酔抜髄即時根充というものでしょうか。

お国は違うとはいえ、ラバーダムマイクロスコープ使用しての専門医での治療ですから、特に問題ないとは思いますが。

麻酔抜髄即時根充は、術後多少の打診痛は出る事は有ります。

回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2012-01-31 21:28:03
>その痛みは長くは続かず、ほんと瞬間的な痛みです。
>周囲の歯茎は特に目立った腫れや痛みはなく、何もしていないときの自発痛はありません

神経を取っているので、2・3日はそのような痛みが出ることはあります。

痛みが悪化する・自発痛が出る・腫れるなどの症状が出るようなら、担当医に連絡して相談してください。


>私の場合も、仮詰を通して直接神経に圧力がかかっているため、と考えてもいいでしょうか。

歯根の先端部で神経を切断しているので、そこは「傷口」です。
歯に力が加わると、「傷口」を押さえていることになり痛みを感じます。

「傷口」は安静にした方が良いので、その歯でできるだけ噛まないよう気をつけてください。


>もう少したてばおさまる場合もありますか?

上記のように2・3日は経過を見て良いと思います。
おさまることが多いです。


ご参考まで・・・

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: まりもんさん
返信日時:2012-01-31 23:35:59
細見先生、杉原先生、お忙しい中ご回答いただきありがとうございます。


私の最初の質問文が悪かったでしょうか、根管治療そのものはまだ行っておらず、10日後の専門医による治療が最初になるはずです。
なので、昨日の治療では抜髄はしていないはずなのですが、やはり神経に近いところを削ったりしたので、少なからず影響はあるということでしょうか。

神経周りをいじった場合、2・3日の痛みは珍しくないということであれば、しばらく様子を見てみようと思います。

とても不安だったのですが、先生方のご回答をいただいて安心できました。ありがとうございます。
回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2012-02-01 13:47:10
すみません、抜髄を想定していました。


>やはり神経に近いところを削ったりしたので、少なからず影響はあるということでしょうか。

そうだと思います。
次回がまでに痛みが悪化するようであれば、担当医に相談してください。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: まりもんさん
返信日時:2012-02-01 19:11:53
杉原先生、再度のご回答ありがとうございます。

現在治療から3日目に入りました(ちょうど48時間経過)。
やはりまだ打診痛は相変わらずあります。

が、何もしなければ気にならない痛みですし、食事や歯磨きなども気を付けていけばなんとかなりそうではあります。
歯茎の痛みや腫れも出ていません。

このまま次回の根管治療本番まで、状態が悪化しないことを祈りたいとおもます。
悪化、というのは自発痛が出たり腫れたりということですよね。

食事をするのが億劫になったおかげで間食がなくなり、ちょっぴり減量もできてますので、「ラッキー」と思って乗り越えたいと思います。


いろいろご助言をいただいて気持ちがとても落ち着きました。
ありがとうございます。

歯がこんなおおごとになったのは人生初めての経験なので、当初は半パニック状態でしたが、こういうサイトがあることを知り、また丁寧に教えてくださる先生方に接し、落ち着いて治療に向き合っていけそうです。

また何かありましたらこちらでうかがうこともあると思います、その際はまたよろしくお願いします。



タイトル 根管治療を行う前の仮詰中、痛みがひどく食事もできない(イギリス)
質問者 まりもんさん
地域 非公開
年齢 37歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 虫歯治療後の痛み
歯科治療後の歯の痛み
むし歯 治療後の痛み
イギリス
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日