根管治療後のクラウン、噛み合せが悪く金・かハイブリットで迷う

相談者: ポコポコさん (30歳:女性)
投稿日時:2012-06-04 02:17:40
先日、下の奥歯6番が、出産時に強く噛みしめてしまったせいもあってか、産後すぐから激痛が続き、歯科受診し、元々詰めてあったインレーを外してもらうと

虫歯もあるし、根が腐ってむき出しになっている」

ということで、神経を抜髄根管治療をしてもらいました。


現在、ファイバーコアを入れ、仮歯を入れている状態で、今後の被せものクラウン)について、金歯か、ハイブリット(内側は金属)かで迷っています。



私の口腔内の状態としましては、昔、外傷で顎関節の手術をしたため、顎が左右非対称で、しかも、オープンバイトで左右奥歯2本しか噛み合っておらず、どこの歯医者でも指摘される程、かみ合わせが非常に悪いです。
矯正も難しくてできないだろうと言われています)

歯も治療済みがほとんどで、抜髄してある歯も多く、状態もあまり良くありません。



歯医者では、

「かみ合わせで、奥歯の歯が上下とも内側に?歯がすり減っている。
被せ物も溝が摩耗し、つるつになっている。
オープンバイトの人は、ほとんどが奥歯から割れて無くなっていく」

と言われました。

年齢的にも、歯がなくなってしまうのはどうしても避けたく、ただでさえ負担のかかっている奥歯をどうにか長持ちさせたいです。



今の歯医者では、金歯か内側が金属になったハイブリットを勧められています。

当初、2次カリエスを防いだり、咬合相手の歯に優しいと聞き、審美的な事に少々ためらいはあるものの「金歯」を選択しようかとも思い始めていたのですが、今後また妊娠を望んでおり、いつになるか分かりませんが出産した時、もしもまた今回の様に噛みしめてしまったとしたら、割れやすい「ハイブリット」にしていた方が、力が分散される分、自分の歯が破折するのを防げるのかなとも思えてきたり・・・

だけどハイブリットでは今の自分のかみ合わせでは余計に壊れやすくなってしうのではないかと迷っています。



1.今後の出産まで視野に入れた将来、自分の歯をより守っていけそうなのは、どのクラウンが適していると思われますか?


2.また、金歯や内側金属のハイブリットでは、咬合相手だけでなく、自分の歯根の方に対しても優しい(負担が少なくなる)というようなメリットはあるのでしょうか。

(もしあるとすればどっちが優れているのでしょうか?
また、自分の歯根に対しての優しさは、保険で使用される銀歯との差はあるのでしょうか?)



以上、2点、お忙しい中恐れ入りますが、先生方のお考えをお聞かせいただけないでしょうか・・・


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2012-06-04 06:23:07
おはようございます。

審美的な要素以外は金歯が良いと思います。

顎関節の手術をされている事、オープンバイトなどを考えるとなおさらそう思います。


以上参考になさって下さい。

どうぞお大事に。

回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2012-06-04 09:10:35
おはようございます。

自分も宇藤先生同様にゴールドをお勧めします。
見た目が気にならなければ安心できる材料かと思いますよ。


金歯や内側金属のハイブリットでは、咬合相手だけでなく、自分の歯根の方に対しても優しい(負担が少なくなる)というようなメリットはあるのでしょうか。

あるかもしれませんね。
あまり詳しくはわかりませんが、差は感じないように思います。


参考にしてみてください。

回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2012-06-04 09:58:47
>内側が金属になったハイブリット

個人的には好きな方法です。

一般にマージンフィットが元も良いと言われるのが金合金です。
なので、内面の金属がゴールドであれば金属と同等のマージンフィットが得られるものと思います。


また、白い歯の材料と言うと、セラミックス系のものかレジン系の物になりますが(ハイブリッドはレジン系です)、見た目、長持ちと言う意味ではセラミックスに軍配が上がりますが、「硬すぎる」「割れる」と言う弱点もありますし、条件によってはセラミックスであってもすり減りがおきます。
セラミックスが割れたり擦り減ったりした場合は補修よりも作り直しになる事が多いです。

ハイブリッドはその点、割れたり、擦り減ったりした時には補修したり、盛り足したりする事が出来ます。


そのあたりのフレキシブルさを考えて僕は「ハイブリッド前装ゴールドククラウン」が好きなのですが、「すり減り」「変色」「プラークが付きやすい」などのデメリットの部分も把握しておく必要があると思います。


参考にされてください。

回答 回答4
  • 回答者
回答日時:2012-06-04 10:17:19
お話からの推測ですが、僕の場合、金をすすめることが多いです。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: ポコポコさん
返信日時:2012-06-05 02:40:11
宇藤先生、三留先生、櫻井先生、橋本先生

お忙しい中にも関わらず、こんなにも早くお返事くださり、本当にありがとうございます。


金歯について、出産時の歯への衝撃が気になっていたのですが、宇藤先生、櫻井先生、橋本先生のお返事で、過去の手術歴やオープンバイトなら「なおさら」金歯をお勧めということ、安心できる材料ということをお聞きし、少しまた金歯へと心が傾き始めました。

また、ハイブリットについては、私自身知らないことが多かったのですが、三留先生の話をお聞きし、とても参考になりました。


未だ少々金歯への審美面にためらいがあるのも事実で、もしハイブリットを選択する場合は、2次カリエスのリスクを金歯同様に少なくできる様に、先生の仰るよう内面金属をゴールドできないか主治医に尋ねてみようと思いました。

それに、ハイブリットは、壊れたら作り変えるしか方法がないと思っておりましたが、場合によっては補修や盛り足しも出来るんですね。
それを聞き、ハイブリッド前装ゴールドクラウンにも心揺れれてきております・・・。


デメリット面も教えてくださり、クラウンを選択する上でも(選択した後でも)とても参考になります。有難うございます。


先生方の貴重なご意見を参考にし、あらためて、金歯かハイブリット前装ゴールドクラウンのどっちにするかを考えようと思います。




恐れ入りますが、もう一つだけ、質問させてください。

今後、もし出産する場合、自分の歯になるべく負担がこないようにするために、どうしたらいいものかと・・・。

今の所、できるだけ喰いしばらないように気をつける事(陣痛の最中、あまり自信はありませんが)とマウスピースを作ることくらいしか頭に浮かびませんが、他に何かいい対策があれば、教えてください。
回答 回答5
  • 回答者
回答日時:2012-06-05 08:52:23
>もし出産する場合、自分の歯になるべく負担がこないようにするために、どうしたらいいものかと・・・。

出産時に食い縛るのは自然の事かと思いますが…^_^;



マウスピースを作ることくらいしか頭に浮かびませんが、他に何かいい対策があれば、教えてください。

強いて挙げれば「日頃から硬いものを好んで食べない(筋トレしない)」と言う事になるでしょうか。

回答 回答6
  • 回答者
伊藤矯正歯科クリニック(名古屋市中区)の伊藤です。



※2013年9月14日までは伊藤和明先生、それ以降は伊藤雅大先生がご回答されています。
回答日時:2012-06-05 11:31:52
>かみ合わせが非常に悪いです。(矯正も難しくてできないだろうと言われています)



矯正治療(顎矯正手術も考慮)で改善できると思います。

顎変形症を取り扱っている矯正歯科でご相談ください。

回答 回答7
  • 回答者
回答日時:2012-06-05 12:35:57
色々な考えがあると思いますが個人的には、矯正治療の可能性についてもう少し違う先生にも相談してみるのは一番良い手だと思います。

外科手術などの可能性もあるのでやるかやらないかは別として、まったく無理、ということもないのではないかと思いますよ。

次に、内面に金属を使ったハイブリッド前装冠については、個人的に嫌いです。

確かに適合は良くなると思いますが、内面に金属を使う分、ハイブリッドは薄く作ることになります。

ハイブリッドを割らないためには厚みが必要ですので、配慮が足らないとかえって壊れやすい構造になります。

奥歯保険レジン前装冠が使えないのと同じですね。
ハイブリッドセラミックレジンですから。



それとすり減った時に盛り足す、案ですが、歯はすり減ったらすり減った分、その歯か対合する歯が延びてしまいます。

そこに盛り足すことは出来ないので、補修が出来るとしたらすり減った時ではなくて割れたり欠けたりした時だろうと思います。

オープンバイトの奥歯の噛み合わせは非常にシビアですから、精密に作ってそれを維持していく必要があるので、形態が長続きしない様な材料は好きではないですね。。

ハイブリッドかゴールドだったら、私もゴールドの方が好きです。



奥歯の負担軽減のためには、日頃からマウスピースを使うのも悪くないと思いますよ。

お大事にどうぞ。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: ポコポコさん
返信日時:2012-06-11 10:01:07
櫻井先生

「日頃から硬い物を好んで食べない」
なるほど・・・そうなんですね。
これまで、食物の硬さを意識していませんでしたが、先生の仰るよう、なるべく硬い物を食べないよう日頃から気をつけたいと思います。この度は本当に有難うございました。



伊藤先生

先生のお言葉で矯正に対しての希望がもてました。長年このかみ合わせで随分悩んできましたので、「顎変形症を取り扱っている矯正歯科」を探してみて、一度相談してみようかと思います。

参考になります。
有難うございました。




渡辺先生

矯正について、そうですよね。
これまで矯正専門の先生に相談したことはなかったので、相談してみようかと思います。


ハイブリット前装冠について、内面に金属を使う分、ハイブリット部分が薄くなる設計になることや、磨り減った時に対向歯が伸びてくることなど、考えつきませんでした。。。とても参考になります。

マウスピースも、最近、目覚めた時に食い縛っている感じがあるので、日頃からの使用も考えてみようかと思います。

とても詳しく、分かりやすくご説明くださり、有難うございました。




先生方のご意見を参考にし、クラウンの選択および日常生活上での歯への配慮、矯正も視野に入れて考えていきたいと思います。

沢山のご意見をくださり、心より感謝申し上げます。有難うございました。



タイトル 根管治療後のクラウン、噛み合せが悪く金・かハイブリットで迷う
質問者 ポコポコさん
地域 非公開
年齢 30歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ ハイブリッドセラミッククラウン
ゴールドクラウン(金の被せ物)
噛み合わせ(咬合)その他
顎関節症
お勧めのクラウン(被せ物・差し歯)
根管治療後の詰め物・被せ物
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日