歯周病で骨が無く歯茎の状態が悪く入れ歯ができないと言われた

相談者: 栗原さん (68歳:女性)
投稿日時:2012-09-16 21:50:47
30代前くらいに歯槽膿漏になり、40代くらいで歯がぐらぐらしているので、自分の歯を削って全ての歯に被せ物をしています。


ここ最近、下側の両方の奥歯3本分がそろそろもたない状態になっています。
歯医者さんレントゲンをとった際、前歯のほうはまだ少し大丈夫だが、他はほとんど歯の骨がない状態だと言われました。

奥歯が両側だめになった場合でも、部分入れ歯はできないとのことでした。


ただ、左右1本ずつならともかく、左右3本だと物も噛めないのでは、と思ってしまいます。
確かに歯茎の状態がとても悪く、歯茎が下がっているというより、爛れて溶けているといったような状態です。
荒れています。

部分入れ歯ができなければ、まだ無事な歯もすぐにダメになってしまうでしょうし、そうなった場合、総入れ歯も不可能なようです。
(それくらい上下の歯茎の状態が悪いです)




他の歯医者で診察を考えたのですが、今通っているところは歯を抜かずなるべくもたせようという風な治療をして下さっていて、長年通っているところです。。

ある程度の状態なら入れ歯は可能でしょうが、もうここまで骨もなく、歯茎が爛れている状態では、どこにいっても部分入れ歯、そしてその後の総入れ歯は不可能なのでしょうか。


今は、なんとか歯を磨いてもたせていますが、歯が浮く感じがありますし、朝起きると口の中に血の味がして、いよいよだな、というところまできています。

入れ歯がなければ会話もできないし、物も噛めません。
すごく不安な思いです。


回答 回答1
  • 回答者
細見歯科医院の細見です。
回答日時:2012-09-16 22:03:35
顎堤の吸収が激しければ確かに入れ歯の安定は悪くなります、しかし入れ歯が入れれないということではありません。

上手な歯科医が作った総入れ歯はトウモロコシが齧れるといいます。

それほど悲観することはないと思います。

3人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2012-09-16 22:40:19
細見先生がおっしゃるように入れ歯は可能だと思います。

歯周病がひどく骨が吸収していると入れ歯を安定させる土手(顎堤)の状態は悪く安定を得るのは困難になりますが、出来ないことはないと思います。


そして総入れ歯になっても上手な先生が製作すると保険の入れ歯でも
全く咬めないことはないと思います。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2012-09-17 07:28:39
博多の児玉です

>どこにいっても部分入れ歯、その後の総入れ歯は不可能

入れ歯治療はとても難しい治療のひとつです。

そのため我々歯科医は日々努力を重ねています。
対応してくれる先生はおられると思います。
 

1人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答4
  • 回答者
回答日時:2012-09-17 08:06:09
おはようございます。

>もうここまで骨もなく、歯茎が爛れている状態では、どこにいっても部分入れ歯、そしてその後の総入れ歯は不可能なのでしょうか。


顎の骨は歯を支えている歯槽骨とその下にある顎骨でできています。

進行した歯周病抜歯した場合でも顎骨は残ります。
顎骨があれば通常入れ歯を作ることは可能です。


確かに難しい治療になると思いますが、作ってくれる歯科医師はいると思います。

まだ1人の歯科医師にできないと言われただけですから、まずは他の先生に相談することから始めましょう。


どうぞ、お大事になさって下さい。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答5
  • 回答者
回答日時:2012-09-17 08:40:13
栗原さん

おはようございます。

>今通っているところは歯を抜かずなるべくもたせようという風な治療をして下さっていて、長年通っているところです。

私見ですが、歯をできるだけ抜かないことも大切ですが、ある程度を超えると、歯の周りの骨を残すために次の治療に移ることも重要ではないかと思います。

入れ歯にならないことも人生ですが、入れ歯になったあとも人生が続きますので、これも大切なことだと思います。
そのタイミングは、とても難しいと思います。

1人の専門家がこの回答を支持しています  



タイトル 歯周病で骨が無く歯茎の状態が悪く入れ歯ができないと言われた
質問者 栗原さん
地域 非公開
年齢 68歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 部分入れ歯 その他
総入れ歯 その他
歯周病その他
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日