右上3番、何度も治療し斑なレジンを被せにしたほうがいいと言われた

相談者: こゆまさん (42歳:女性)
投稿日時:2012-09-26 13:39:59
初めてメールいたします。

上の前歯で右3本目の角がすこし欠けてしまいました。
歯が欠けたのか、レジンが欠けたのか不明です。

過去20年くらい、何度か虫歯になり、すでに神経もなく、その度にレジンで治しており(すべて違う歯科・転勤のため)、見た目はかなりまだら模様でした。


今回診ていただいた歯科医師は、レジンでも治せるけれど、歯がもろくなっているので、かぶせ(表面がプラスチック、裏が銀?のインレー?)にしたほうがよいとのこと。

今やっておかないと、もろくなってインレーにもできなくなるかもとのことです。


また、この歯以外にも、同じような前歯3本も遅かれ早かれ削ってかぶせにしたほうがいいとも言われました。

まだら模様でもまだ使えるのかな・・・と思っていたので、削ってまでかぶせにするのはちょっと躊躇しています。



小さな子供がおりセカンドオピニオンに行く暇もないのでこちらでご相談させていただきました。
よろしくお願いいたします。

また、もしかぶせにしたほうがいいのなら、プラスチックでいいのか
セラミックのほうがいいのか、おしえていただけますか?


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2012-09-26 13:44:03
こゆま さん、こんにちは

>小さな子供がおりセカンドオピニオンに行く暇もない

受診中にお子さまを見てていただける歯科医院も結構あるようです。

直接診ていただいて、ご相談なさることをお勧めします。

回答 回答2
  • 回答者
細見歯科医院の細見です。
回答日時:2012-09-26 13:46:16
>かぶせ(表面がプラスチック、裏が銀?のインレー?)にしたほうがよいとのこと。

一つの考えだと思います、決して間違いでは有りません。



>今やっておかないと、もろくなってインレーにもできなくなるかもとのことです。

これは無いと思います。



>まだら模様でもまだ使えるのかな・・・と思っていたので、

審美的に気にならないのならレジンで修復しても良いと思いますよ。

2人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2012-09-26 13:53:45
レジンでの修復の範囲によると思います。

つぎはぎになっていて目立つのでその部分を全部削除して作り直そうと思うと、かなりの広範囲になり形を作るのも大変になるのでしょうか?そういった意味で作り直すときは冠にした方がいいと言われたのかもしれません。


>まだら模様でもまだ使えるのかな・・・と思っていたので、

あくまでも審美的な問題です。
機能すればいいとお思いならそれでもいいかもしれません。
それこそ、レジンでの修復の範囲によると思います。


参考にしてください。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: こゆまさん
返信日時:2012-09-26 15:39:00
早速のアドバイスありがとうございます。

これまでもまだらだったので、どうしても真っ白にしたい・・とは、今のところは考えておりません。

それよりも、今、どの治療を選択したら、70歳〜80歳になるまで自分の歯で食べられるのか?と考えております。


当方、歯科衛生士さんいわく、歯はよく磨けています。。
とのことですが、じわじわと虫歯が広がっていきます。
かなり虫歯になりやすい体質のようです。

こちらの先生方でしたら、どちらのほうが長く自分の歯で食べられるとお考えでしょうか?


かぶせが嫌というわけではなく、セラミックが一番という意見があれば、セラミックにしてもいいとも思います。
お金の問題ではありません。



しろうと考えでは、レジンで自分の歯を少しでも使ったほうがいいのかなあ??と思うのですが。。
回答 回答4
  • 回答者
回答日時:2012-09-26 15:51:10
私も、審美的な問題がないのでしたら、そのままレジンによる修復も悪くないかなと思います。

確かに、強度的には弱いかもしれませんが、考え方によっては、歯冠部の破損はしても、逆に歯根破折の可能性は高くないようにも思えます。

回答 回答5
  • 回答者
回答日時:2012-09-26 16:59:39
こんにちは。

一応、言っておきますが我々はセカンドオピニオンしているわけではなく、文面から想像して好きなことを言ってるだけでしかないですからね。

セカンドオピニオンを求められるのであれば、実際に診てもらいながらでないと・・・ ですからね。



レジンでも治せるけれど、歯がもろくなっているので
>かぶせ(表面がプラスチック、裏が銀?のインレー?)にした
ほうがよいとのこと。

であれば、個人的には「レジンでいきましょう」と言いたいところです。


>今やっておかないと、もろくなってインレーにもできなくなるかもとのことです。

まぁ、それは考えにくいですけど (^^;)
ただ、現状がどんな状態か分からないので、なんとも言えませんが。



で、個人的にすごく気になることを書かせてもらいます。


>過去20年くらい、何度か虫歯になり、すでに神経もなく、

とのことですので、


>今、どの治療を選択したら、70歳〜80歳になるまで自分の歯で食べられるのか?と考えております。

現状のままでは、ちょっとハードルは高そうに感じます。
治療法の選択よりも大事なことが抜けてるんじゃないかな、と。



>当方、歯科衛生士さんいわく、歯はよく磨けています。。

歯磨きプラークコントロールのひとつの方法ではありますが、歯磨きだけがすべてではないですからね (^^;)



>とのことですが、じわじわと虫歯が広がっていきます。
>かなり虫歯になりやすい体質のようです。

たとえば、唾液分泌量が少ない、とか。
唾液には食器洗浄器的な「自浄作用」があります。

歯牙接触癖(TCH)がある方は、唾液分泌が少ない傾向にあるように日々感じております。

今みたいに悩みながら、モニターを見てるときとかって危ないんですよ。


他には唾液の中和能力が低いとか、そういうことも関連します。
「体質だから変わらないよ」という意見もあるようですが、唾液分泌が少なくなっていると、性能も落ちちゃうこともあるようです。

あとは、亜鉛などの栄養素欠乏の結果として現れたりもします。
なので、普段の食事を変えることで体質を変えられたりもします。

そのためには「ビタミン・ミネラル」を葉物野菜やタンパク質などで意識的に摂るようにして、「よく噛む、よく話す、よく笑う」ような生活を送られると変わってくると思います。


このあたりのことにもし興味があれば、ブログを参考にして下さい。
http://www.breath-design.com/?cid=66397

1人の専門家がこの回答を支持しています  
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: こゆまさん
返信日時:2012-09-27 08:40:14
アドバイスをくださった先生方、ありがとうございます。


レジンの治療では、欠けた所以外にも薄くなってたり変色したりで、裏表ともに治療が必要、、と言われたので、かぶせのほうがいいと診断されたようです。

まだレジンでいくか、削ってかぶせにするか迷いがあるので、もう少し考えることにします。
(予約が明日に迫っていたので。。)



幅広い意見を戴いて本当に助かりました。


唾液分泌は、確かにとても悪いです。
口の中はずっと乾いているし、朝なんて舌はカラカラです。
食事など気をつけているほうだと思いますし、1歳の子供がいるので口は動かしているかな〜と。。

また上記のブログも見て勉強したいと思います。
ありがとうございました。



最後に、かぶせにする場合、プラスチックとセラミックでは、削った歯が虫歯になる確率がプラスチックのほうが高いと言われましたが、本当でしょうか?
確かに15年前にかぶせたセラミックのところは、まだしっかりしていますが。。。

どうぞよろしくお願いいたします。
回答 回答6
  • 回答者
細見歯科医院の細見です。
回答日時:2012-09-27 08:49:11
>かぶせにする場合、プラスチックとセラミックでは、削った歯が虫歯になる確率がプラスチックのほうが高いと言われましたが、本当でしょうか?

有る意味本当だと思います。


というのは、セラミック(自費)、プラスチック(保険)の印象印象材から変えている医院が多いと思います。

当院の場合では自費の印象はラバー系の印象材で、保険の印象は寒天アルジネート連合印象で行っています。

当然精度も違ってきますのでその分フィットの良い補綴物が出来ます、その分虫歯になりにくいかもしれません。


もし両方とも同じ印象方法なら材料の違いだけです(ただプラスチックよりセラミックの方がプラークが付着しにくいのは良いと思います)

回答 回答7
  • 回答者
回答日時:2012-09-27 09:13:32
>削った歯が虫歯になる確率がプラスチックのほうが高いと言われましたが、本当でしょうか?

んんん…。

個人的には差は無いと思いますし、むしろレジンの方が隙間無くピッチリ埋められるので良いような気もしています。

ただ、レジンは術者の技術によりとても差が出る材料なので、もしかしたら担当の先生はレジン治療はあまり得意ではないかも知れませんね。



いくつか、無理やり「レジンのデメリット→虫歯になりやすい」を考えてみると…

 1 インレーより削る量が少ない(ともすると虫歯の取り残しを生じる)
 2 接着操作が難しい
 3 すり減りが起こる
 4 レジン表面にざらつきが出る
 5 プラークが溜まりやすくなる
 6 すり減り+プラークの停滞により虫歯になる

と言う感じでしょうか。 

これらの対策としては

 1 検知液などを使って取り残さないように削る
 2 ラバーダムをしたりマイクロスコープなどで確認しながら行う
 3 すり減りにくいレジンを使う
 4 定期的に研磨
 5 セルフケア&プロフェッショナルケア
 6 的確な経過観察を行う

と言う事で防げる気がします。

参考まで。


>細見先生

あれ?
レジンインレーvsセラミックインレーの話ですか?
てっきりダイレクトvsセラミックインレーだと思ってました。(・_・)

回答 回答8
  • 回答者
回答日時:2012-09-27 09:21:29
>あれ?
レジンインレーvsセラミックインレーの話ですか?
>てっきりダイレクトvsセラミックインレーだと思ってました。(・_・)

>細見先生&櫻井先生

あれれ?

てっきり ダイレクト vs 硬質レジン前装冠 かと・・・



>上の前歯で右3本目の角がすこし欠けてしまいました。
>歯がもろくなっているのでかぶせ(表面がプラスチック、裏が銀?のインレー?)にしたほうがよいとのこと。

って、書かれてますから、右上3(犬歯)の話ですよね?

回答 回答9
  • 回答者
回答日時:2012-09-27 09:27:25
>かぶせにする場合、プラスチックとセラミック削った歯が虫歯になる確率がプラスチックのほうが高いと言われましたが、本当でしょうか?

同じ先生で、同じ歯で、同じ治療費で、同じ条件で行えばほんど差はないんじゃないですか!?^^;


条件が色々異なるので一概には言えませんし、細見先生がおっしゃられるように自費保険では治療費が雲泥に違いますから、治療費が高い方が手間がかかっているかぶせものになっているとは言えますね。

プラスチックとセラミックの被せ物の差は被せ物自体の劣化のスピードが一番大きく違う所で同じ手間で作ったものなら後はそんなに変らないと思いますよ。
(私見)
 

回答 回答10
  • 回答者
回答日時:2012-09-27 09:43:37
>てっきり ダイレクト vs 硬質レジン前装冠 かと・・・
>って、書かれてますから、右上3(犬歯)の話ですよね?

を〜そうか〜〜(・。・)

回答 回答11
  • 回答者
水野です。
回答日時:2012-09-27 09:46:22
こゆまさんおはようございます。

おおよそは諸先生方のおっしゃるとうりだと思います。


ただ、適合に関してはやはり自費の治療の方がよいような・・

歯科医師の作業もさることながら、上モノを作って頂ける技工士さんも、スコープを使ってしっかり作業をして頂けているかといえば??

と思います。



ただ、どんな治療方にしても、日々のセルフケアーを怠るとよくないと思います。

ブラッシングは問題ないとの事でしたので、引き続き頑張って!!

回答 回答12
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2012-09-27 11:27:28
犬歯レジン修復で継ぎはぎになって欠けてしまったので、再度レジン修復か、かぶせ(表面がプラスチック、裏が銀)=保険でできるレジン前装冠のどちらがいいか?


レジン修復が可能であれば、欠けたり、不適になっているところだけレジン修復をしてもらうと、ご自身の健全な歯質を多く残すことが可能です(保険適用)。

そのうえで、見た目が劣るということでしたら、唇側だけセラミックべニアを貼り付けると、見違えるほど綺麗になります(こちらは自費治療)。


べニアも従来の方法だとかなり多くの健全歯質を削る必要がありましたが、最近日本に導入されてきたルミネアーズやe.max thin べニアは極薄のつけ爪くらいの薄さですから、ご自身の歯を綺麗に保存する点では非常に優れています。

ただし、接着技術が高くないと脱離や破折の可能性が高くなる治療法ですから、技術の高い歯科医院を選択されることをお勧めします。


被せものにすれば、その点は有利で、かなり歯を削ることになりますが、技術的な差は少なくなります。




>また、もしかぶせにしたほうがいいのなら、プラスチックでいいのかセラミックのほうがいいのか、おしえていただけますか?


プラスチックの被せものは保険適用です。
セラミックの被せは自費治療です(材料・システムすべてが医院毎に異なり、保証、価格も全く異なってきます)。

質感や、特徴に関してはプラスチックの食器と陶器の食器を思い浮かべていただくとよいかと思います。

最近のプラスチックはかなり良くなっていますが、傷つきやすく、着色しやすく、細菌が付きやすい。
しかし、衝撃には強い。


セラミックではグレードによって特徴が異なり、色・艶・質感は永久的で、細菌が付きにくく、歯茎に優しい(生体親和性が高い)が、衝撃に弱く欠けやすい。

セラミックでもe.maxは、欠けにくい点が特徴です。


他にジルコニアなどもあります。
しっかり調べて早めに悩みを解消してください。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: こゆまさん
返信日時:2012-09-27 12:25:04
たくさんのアドバイスを戴き、本当に感謝です。

途中、専門用語が出てきて???でしたが、最後の船橋先生のまとめでよく解りました。


痛みもないので急いで削ることはやめて、納得のいく治療方法を決めたいと思います。
幸い、今の医師も、自分でいろいろ調べてからどうするか決めてくださいと言っておられるので。


技術がいろいろ進歩する中、自分で調べて決めないといけないのはなかなか大変な作業ですが、医師探しを含めてじっくり調べようと思います。

相談に乗っていただいた先生方、ありがとうございました。



タイトル 右上3番、何度も治療し斑なレジンを被せにしたほうがいいと言われた
質問者 こゆまさん
地域 非公開
年齢 42歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ レジン(白いプラスチック)
保険のクラウン(前歯:レジン)
オールセラミック(陶器の被せ物)
お勧めのクラウン(被せ物・差し歯)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

歯磨きをしても虫歯になる原因 デンタルフロスは効果無し? 歯ブラシとデンタルフロスどっちが先? 歯科衛生士が就職前に絶対に知っておきたい

Total total   今日 今日   昨日 昨日  
現在 人が閲覧中