[写真あり] 憂鬱な通院、全部を抜歯したら最短どれくら掛かりますか?

相談者: ほいどさん (45歳:男性)
投稿日時:2012-10-29 01:32:32
ここ10年程、画像のような状態で、食事や話す事には支障なく過ごしてきましたが、ここに来て、歯茎が化膿しやすくなりました。

歯科医に受診してみましたが、

「なぜ、このような状態になったのか?」
「これは酷い!」

と半分説教・・・

歯茎の化膿部分は切開してもらい、膿を出して、飲み薬を処方されました。
その後も、化膿を繰り返してますが、その際は自分で針を刺したり、カッターで切って膿を出してします。
そして、市販薬の化膿止めを飲んでいます。

私は歯科医が嫌いです。
痛み云々は、痛くて当然!我慢します。

しかし、小さな頃から、虫歯の多かった私は、歯医者に行けば、まずは説教!
ちょっと弄って、また来週ー
毎週一回の、憂鬱な通院日・・・長期に渡る治療期間には、こりごりです。

先日、たまたま知り合った歯科医の先生に、聞いた見たところ、最低二年は掛かると言われました。
また、そのまま総入れ歯にしても、歯の無い期間が長い為、顎の形状が変わっていて、総入れ歯にすると話す事が困難になると言われました。

最近は、特に化膿を繰り返している為、全歯の抜歯を望みたいのですが・・・
また来週ーまた来週ではなく、毎日通院してでも一ヶ月程度で治せないものでしょうか?

最短での治療法を教えて下さい。

画像1画像1 画像2画像2


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2012-10-29 01:57:35
こんばんは。

治療のゴールをどこに設定するか次第ですよね。

今までそれで不自由を感じなかったのなら、全部抜くだけで済ませても大丈夫かも知れません。(とは言え本当は残っている根っこの部分である程度噛んでそうですが・・)

全部抜くだけなら、健康状態に問題がなければ物理的には1日でも可能かも知れませんが、普通は安全を考えて、1ブロックか2ブロックずつ、4〜5本とか抜いて、抜いた部分の血が止まるのを一旦待って(1週間ぐらい)数回〜4、5回とかに分けるのが無難かと思います。

その後に入れ歯でしっかり噛めるところまで、となれば年単位でしょう。

ただ歯医者って、歯は大切にしたいと思っている人間が圧倒的に大多数ですから、共感を得られない患者さんとのやりとりでは実際心揺れますよね。。
更には話したこともないのに面と向かって(?)嫌いだとか言われて、それもいい大人に・・



あと倫理的な問題もあると思います。

残そうとすれば残せる歯も、患者さんの希望だからと言って全部抜くのは考えものです。
例えば自殺願望がある患者でも、医療としてそうすることは出来ないのと同じです。
歯は抜けば取り返しがつきませんし、歯のある生き物は歯がなくなれば死に至るのが自然です。

感情的になってしまう歯科医もいるかと思いますがその主張にも耳を傾けて頂き、礼を尽くして礼で返して頂ける様、相談してみて下さい。

お大事にどうぞ。

4人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2012-10-29 05:37:23
ほいどさん

おはようございます。

>一ヶ月程度で治せないものでしょうか?

急げばできると思います。
すぐに総入れ歯型取りをして、噛み合せをとって、入れ歯ができた日にダメな歯は全部抜くという治療をすれば、1ヶ月でも可能ではないでしょうか?
即時義歯と言われる総入れ歯です。

歯科治療は、歯科医院と患者様の共同作業ですので、そこに協力や信頼関係がないと治療結果に影響します。

渡辺先生に賛成です。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2012-10-29 08:35:28
ご相談ありがとうございます。

結論から言えば、

全部抜歯は一度に一日でも可能です。
もちろん抜歯手術に耐えられるかどうか、確実に出血が止められるかどうか,身体に異常がないかどうかの確認は必要です。

また一日で上下の歯を一度で入れることも可能です。
もちろん、長い間に変わってしまった噛み合わせなどをいろいろ調べる必要はあります。


そして、両方を組み合わせれば、一日で全部抜歯して上下に一度で歯を入れることも可能です。
もちろん、そのためには相談やCTスキャン検査などの準備が必要です。


なお、残せる歯があればそれを残すことをお勧めします。
それが歯医者の仕事だからです。

しかし、1・2本の残せる歯があったとしても、噛み合わせや生活に支障があるようであれば、満足できるかどうかというお気持ちに沿うような治療の方が,歯を残すことにこだわるよりも優れていることもあります。

あくまでも,診察と相談を重ねる準備は必要でしょう。
まず化膿はすぐに治しましょう。
ばい菌が体中に広がり、重い病気の元となることが報告されています。

歯を入れるかどうかは後のこととして、まずきれいなお口にしましょう。

2人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答4
  • 回答者
回答日時:2012-10-29 08:55:16
お写真を見せてもらいました。

全部を抜歯して、義歯を製作するにはある程度まとまって治療しても数か月になると思います。

治療の回数を極力少なくするために、残根となっている歯の形態を整え、その上に義歯を乗せます。

つまり、残根上の義歯を作るということです。
そうすれば抜歯を避けて義歯が作れます。

しかし、化膿を繰り返す歯があったりするそうなので、その歯が何本あって、どのような状態「骨の吸収の程度も含みます。」になっているのかが分かりませんので、すぐに義歯の製作にかかれないことも想像できます。

いずれにしてみても、まずは状況の確認をしないことには、治療の計画も立てられないので、説明、計画、準備、が必要です。

お気持ちはわかりますが、一日ですべて抜歯して、すぐに義歯を作り、一か月で治療終了には、どこかで無理を生じるでしょう。

今一度、先生とよくお話合いをされて、治療の方針を決めるのがよいでしょう。

ご参考まで。

3人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答5
  • 回答者
回答日時:2012-10-29 10:52:50
諸先生方の書かれているように、物理的には1日で抜歯する事は可能です。

しかし、身体的な事を考えると、何回かに分けて抜歯した方が良いと思います。


また、ノア先生が書かれているように医学倫理的な問題もあります。


さらに言うと、健康保険ルールからあまりにも逸脱いたペースで処置を行うと、担当の先生が「注意」や「指導」を受ける事もあります。
自由診療では関係ありませんが…)


いずれにしても施術する担当の先生に理解してもらう事から始める必要があると思います。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: ほいどさん
返信日時:2012-10-29 14:00:06
先生方へ

まずは、「歯科医が嫌いです」と言ってしまった事を謝罪させていただきます。
本当に失礼しました。

そして、このように適切にご回答いただいた事に感謝いたします。
ありがとうございます。

治療のゴール…
最終的には、総入れ歯を考えていますが、まずは化膿しないように全て抜歯したいところです。
化膿は、一箇所を繰り返すのではなく、あっちこっちに出来ます。
も、ほぼ全ての歯茎に化膿した経験がありますから、全て抜歯する事が望ましいと自分では思っています。

その後で、入れ歯はゆっくり作ってもらえればいいかと思ってます。

全部、素人考えですから誤りもあると思いますが、まずは、意思疎通可能な歯医者さんを探したいと想います。

通院圏内の歯医者さんは、全て行った事がありますが、まずは説教がほとんどです。
それも行く度なので、困ってしまいます。

でも、そういう歯医者さんに限って、技術の評判がいいので、私が何言われても我慢する必要もあるかと思いますが、難しいところです。

ここで教ええていただいた事を元に、説教を乗り越えてお話と治療が出来るように頑張ってみたいと思います。

いろいろ教えていただき、ありがとうございました。
回答 回答6
  • 回答者
回答日時:2012-10-29 14:08:45
ほいど さん、こんにちは。

>そういう歯医者さんに限って、技術の評判がいいので、私が何言われても我慢する必要もあるかと思います

世間で評判の良い(特にネット上で)歯科医院と、ほいど さんに合っている歯科医院は、必ずしも一致しません。

我慢しながら通院するのではなく、コミュニケーションがとれる・・・、治療が一段落した後もメンテナンスに通い続けられる・・・といったことで歯科医院を選択することをお勧めします。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: ほいどさん
返信日時:2012-10-29 20:04:18
小林先生へ

そうですね。
評判よりも、コミュニケーションがとれるかですよね。

抜歯は早期解決できそうですが、その後も入れ歯の件。
またそのメンテナンスを含めると、普通の人以上のお付き合いになりそうですから、歯医者さんの選択には、注意したいと思います。

ご回答ありがとうございました。



タイトル [写真あり] 憂鬱な通院、全部を抜歯したら最短どれくら掛かりますか?
質問者 ほいどさん
地域 非公開
年齢 45歳
性別 男性
職業 非公開
カテゴリ 抜歯:複数の歯(前歯部)
抜歯:複数の歯(臼歯部)
総入れ歯 その他
歯医者への不満・グチ
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日