出っ歯と斑状歯の前歯を差し歯にすることの利点と欠点

相談者: めりーさん、さん (19歳:女性)
投稿日時:2013-01-13 20:53:14
こんばんわ。

わたしは前歯出っ歯がきになります。

矯正を決意して鏡で歯をみたところ、斑状歯がきになります。
軽度ではなくかなり重度だとおもいます‥


だからいっそ差し歯にすることも考えました。
歯を抜くことに特に抵抗はありませんが生活が不便になるのはいかがわしいです。

なので前歯を差し歯にするリスクとコストをおしえていただきたいです、。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2013-01-13 21:45:41
こんばんは。カワサキです。

前歯差し歯にするリスクとコストを教えていただきたいです。

歯は、削って被せると、歯と被せ物の隙間から、虫歯になったりしやすいです。
健康な歯は、なるべく削らないほうが、歯の寿命のためにも、よいです。


セラミックの被せ物は、1本あたり、8万円〜 が、相場です。



一度、歯医者さんにかかり、矯正斑状歯について、相談してみましょう。

場合によっては、部分的な詰めものや、ラミネートべニアなどで、改善可能かもしれません。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2013-01-14 00:09:49
基本的に、お勧めしません。

色々な視点からリスクを説明することが出来ますが、例えば今の年齢だと何十万円かかけて周囲の歯とぴったり調和の取れた綺麗な人工の歯を作ったとしても、10年か20年かしたらもう周りと合わなくなってると思います。

天然の歯は、年齢とともに色が変わっていきますし、前歯あたりだと歯肉の形も変わりやすいです。


今何万円支払うか?ということよりも、身体が支払う代償が高すぎるかも知れません。
(直接拝見しないと断言は出来ませんが・・)



まず考えた方が良い順番としてはたぶん、

@矯正
Aその後、斑状歯がどうしても気になる様であれば出来るだけリスクの少ない方法で改善を試みる

だと思います。


結果的に差し歯になったとしても@を飛ばすのと飛ばさないのとでは、生涯前歯が残る確率がかなり変わると思いますよ。

まずは歯科医院で相談してみて下さい。

5人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2013-01-14 00:18:43
審美や治療期間を短くということに格段の固執があると、確かに歯を多少痛めてでも審美回復することを考える気持ちはわかります。

ただ、差し歯は所詮人工物です。
40年も50年も審美性を一切損なわずに使っていけるようなものではありません。

人生の後半が辛くなるので 出来れば自身の歯を温存する治療を考えたほうがいいですよ。

7人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答4
  • 回答者
回答日時:2013-01-15 11:08:03
1つの意見としてお聞きください。
他の方のご回答とちょっと違います。


若い女性が出っ歯斑状歯で悩んでいたら私のファーストチョイスはラミネートかオールセラミックスクラウンです。
差し歯ではないです。)

理由は、口元に自信の持てない若い女性の精神的なリスクは決して歯を削るリスクよりも少なくないと思うからです。
ただ、それには矯正治療なしでも顔貌、審美的改善が歯の治療だけで充分可能である、と言う条件が整えば、です。


歯を削る時、顕微鏡を使えば神経を抜かずに相当歯の角度を変えるまで削る事ができます。
これから先、ずっと出っ歯と斑状歯で悩むか2度とない青春時代を綺麗な口元で過ごすかは大違いだと思います。


歯は1度治療したらどんな良い材料を使っても一生モノではない、と考えるのも必要だと思います。

所詮、人工物は神様の創造物に勝てるはずはありません。
しかし神様も時々、出っ歯や斑状歯を造ります。
これを治療できるのは私達歯医者だけです。

そして、矯正治療が必要ならするしかないでしょう。
が、矯正器具を着けた口を私はどうしても好きになれません。

回答 回答5
  • 回答者
回答日時:2013-01-15 11:49:31
こんにちわ

さて、どれくらいの出っ歯なんでしょうかね。

出っ歯の具合にもよりますが、まず一番いいのはやはり矯正治療だと思います。


しかし、理由が長い期間は嫌だとか、矯正器具が嫌だとか(裏からつけるのもあるのですが) ということであれば綺麗に治せそうであれば、削ってかぶすのもいいと思います。

しかし、デメリットも沢山あります。 

削るともとには戻りません。(>_<)  
また、かなり高度なテクニックを持った先生であればいいですが、それほどでもなければ歯茎の境目に歯が見えてきたり最悪は隙間が空いてきたり、歯と歯の間が大きくなったりといいことは僕も川崎先生 渡辺先生 タカタ先生と同じくあまりおすすめはしていません。



某有名審美歯科でした方でうまくいってる人を個人的にですが、あまりいません。 
みなさん 何年か後には、するんでなかったと後悔されています。

何回もやり替えが必要であれば、お金もかなりかかってきますのでね。


今一度、ご両親等と相談されて それでもあたしは、したいんですということであれば、仕方ないですがね。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答6
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2013-01-15 12:20:22
私もまずは、矯正をされることをお勧めします。

歯軸を修正することなく、安易にラミネートやセラミックで修復すると、後々何らかのトラブルを抱えることになります。

トラブルごとに再度治療をしてやりかえられる間は、お金と時間さえあれば問題ないでしょうが、削った歯は元には戻りませんから、いずれ神経を取ったり、歯が割れたりという致命的なことにつながりかねません。

そうなってから後悔しても、取り返しがつきません。



出っ歯の程度がどのくらいかはわかりませんが、一度矯正歯科で相談されてはいかがでしょうか?



審美修復を前提にした術前矯正ならば、費用も期間も少なくてすみますし、歯をほとんど削らないで極薄のラミネートを貼り付ける手法と組み合わすこともできると思います。

ご両親とよくご相談ください。




タイトル 出っ歯と斑状歯の前歯を差し歯にすることの利点と欠点
質問者 めりーさん、さん
地域 非公開
年齢 19歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 審美歯科治療(人工の歯)
クイック矯正(セラミック矯正、補綴矯正)
上顎前突(出っ歯)
斑状歯(歯牙フッ素症)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

歯磨きをしても虫歯になる原因 デンタルフロスは効果無し? 歯ブラシとデンタルフロスどっちが先? 歯科衛生士が就職前に絶対に知っておきたい

Total total   今日 今日   昨日 昨日  
現在 人が閲覧中