[写真あり] 根が化膿し抜歯宣告。インプラントと入れ歯で迷っている

相談者: たまごのしろみさん (47歳:女性)
投稿日時:2013-02-11 14:46:55
ご相談申し上げます。
 

左下5番(1本歯がないので6番かも)奥から2番目の歯についてです。
神経はありません。


昨年末に歯茎が腫れたため、かかりつけの歯科医院で診ていただいたところ、歯の根が化膿しているので抜歯しかないと言われました。
他の二院でも抜歯と診断されたので、覚悟はできました。



その後このサイトで勉強させていただき、インプラントをすることに決め、インターネットで探した歯科医院で4日後に抜歯の予定となっています。

院長先生は丁寧に説明してくださり、信頼できそうですし、設備も整っているので、インプラントの手術そのものには、ほとんど不安はありません。
(執刀も院長先生です)


しかし、先日、図書館で借りた本を読んでいたところ、

「将来ボケてしまい、周囲を清潔にできなくなることもあるのでインプラントはできれば避けたい。」

という文章を見つけてしまいました。
その先生は、ブリッジ入れ歯を勧めてみえます。
 

わたしとしては、ブリッジは両端の歯に負担がかかるので避けたいと思っていましたが、先入観から入れ歯については考えていなかったので、迷いが生じてしまいました。

お願いする医院では、入れ歯は扱っていないので、入れ歯にするなら、違う病院を探さなければなりません。 
 


そこで次の4点について教えていただけたらと思います。

@ 現在歯茎の腫れはなく、痛みもありませんが、歯が化膿しているなら、早く抜いてしまいたいと考えているので、とりあえず4日後、抜歯だけはしてしまってもいいでしょうか。
それとも、インプラントか入れ歯かじっくり考え、お願いする医院を決めてから 抜歯したほうがいいのでしょうか。



A インプラントは、高齢になり自分で歯の手入れをするのが難しくなった時に、負担なく取り外せるのでしょうか。
取り外した後、歯がない状態でも大丈夫でしょうか。



B 弾性樹脂義歯磁性アタッチメント義歯などの入れ歯は選択として適当でしょうか。



C 院長先生は抜歯をすれば、自然治癒力で直っていくから、特に治療はしない。という方針です。  
しかし、このサイトの中に「感染した部分は全部とりきることが必要」「抜歯しただけでは全身への影響は防げません」とありました。

抜歯後どんな治療をしていただくのが理想なのでしょうか。
言いにくいとは思いますがその先生に治療をお願いした方がいいでしょうか。
違う医院を探すべきでしょうか。


抜歯の日がせまり、今迷いの中にいます。
アドバイスをよろしくお願い申し上げます。
 

画像1画像1


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2013-02-11 15:07:21
こんにちは。カワサキです。

>@について。

早めに抜歯した方がいいと思います。
感染源を抱えるよりかは、抜いたほうが歯槽骨・全身に対しても好ましいです。

また、歯を抜いた後、骨ができるまで、数か月かかります。
その間に、次の治療を考えれば、十分でしょう。



>Aについて。

こればかりは、なんとも回答しにくいです。
口腔介護をしっかりとするしかないでしょう。



>Bについて。

弾性樹脂義歯;適当だと思います。
磁性アタッチメント義歯;磁石をどこに入れるかにもよりますが、1本の部分入れ歯では、あまり用いないと思います。



>Cについて。

抜歯する院長先生に、相談した方がいいです。

・不良肉芽をよくソウハしてもらう。
・再生を促す薬(テルプラグなど)を、抜歯の時に、入れてもらう。

などの方法があります。



ネット上では、診査・診断できませんが、一般的に、思いつく所を、具体的に述べさせて頂きました。

ご参考までに。お大事になさって下さい。

回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2013-02-11 15:41:17
たまごのしろみ さん、こんにちは。

@少なくとも3軒の歯科医院で保存が不可能と言われたのであれば、早期に抜歯していただいたくことをお勧めします。


A個人差はあるかと思いますが、いわゆるオバチャン世代の時は歯の形のように固定性の修復、オバアチャンの世代になってから上部構造をアタッチメントに交換して、義歯に置き換える手法はよく行われています。


Bインプラント治療を選択しないのであれば、義歯も致し方ありません。
義歯を選択なさり、他院に行かれるのであれば、どのような義歯があるのか、そちらでお尋ねくださいね。


Cインプラントを埋めることが前提で抜歯していただいたくのであれば、必要があれば、何らかの処置をしていただけるものと思われます。

回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2013-02-11 15:58:42
感染状態を体内に保持していることの方が問題と思います。
抜歯を勧める方がよろしく感じます。


将来のお手入れの問題は天然の歯もインプラントも同じだと思います。

今回であれば、ブリッジを選択するとインプラントを行った場合よりも手入れはしにくくなる可能性もあります。


ご自身が信頼できると感じられる方の治療をお受けになるべきだと思います。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答4
  • 回答者
回答日時:2013-02-11 19:25:54
大船駅北口歯科 杉山です。

他の先生と同様に3箇所の歯科医院全てで抜歯が必要と診断があったのであれば、保存が難しいのだと考えられます。
保存が難しい歯であれば、早めに抜歯された方が懸命です。

保存が難しい状態の歯を治療したり、そのままにしても改善の見込みがなく、逆に状態が悪くなると判断した場合に抜歯ということになります。

悪い状態を放置する方が問題が大きくなる可能性があります。



>院長先生は抜歯をすれば、自然治癒力で直っていくから、特に治療はしない。という方針です。  
しかし、このサイトの中に「感染した部分は全部とりきることが必要」「抜歯しただけでは全身への影響は防げません」とありました。

インプラント治療を前提で抜歯を行なう予定であれば、感染は徹底的にとることは当然のことですのでそのこと自体は心配ないかと思います。


臨床ではご相談にありますように、抜歯後にインプラントにするか
義歯にするかブリッジにするかを悩まれる患者様は多くいらっしゃいます。

どの治療法を選択するかが決まらない場合には、インプラント治療を前提として、抜歯をされた方が良いでしょう。

そして、抜歯部が治癒するまで考えられても良いかと思います。


担当医の先生には、そのまま患者様ご自身の希望を伝えれることが良いと思います。

「抜歯後、どのような治療にするのか、考え中です」

と伝えて下さい。



私が診療する際にも同様のことはよくあります。
抜歯後に十分お考えの上インプラント治療を選択される方もいらっしゃいますし、ブリッジを選択される方もいらっしゃいます。

ブリッジのように歯を削ることに抵抗があるので、始めに義歯を選択され、実際に義歯を使用したら思ったより、違和感があり、インプラントに変更される方もいらっしゃいます。


まず、担当医に患者様のご希望をしっかりと伝えることが大切です。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: たまごのしろみさん
返信日時:2013-02-12 21:55:09
早速4人もの先生方にご返答いただき、ありがとうございました。
3日後の金曜日に抜歯をすることは決意できました。


自分でも神経質になりすぎているとは思うのですが、これ以上後悔したくないので、あと2つ質問をさせてください。


@今回抜歯予定の歯科医院では、院長先生とはお話できましたが抜歯は他の先生が(院長先生曰く信頼できるスタッフ)がされるとのことです。
 

小林先生は「インプラントを埋めることが前提で抜歯していただいたくのであれば、必要があれば、何らかの処置をしていただけるものと思われます。」

杉山先生は「インプラント治療を前提で抜歯を行なう予定であれば、感染は徹底的にとることは当然のことですのでそのこと自体は心配ないかと思います。」

とおっしゃっていますが、初めてお会いする先生に抜歯していただくということで不安があります。


抜歯の前にその先生に抜歯後の処置についてお尋ねした時、川崎先生がおっしゃっているような

・不良肉芽をよくソウハしてもらう。
・再生を促す薬(テルプラグなど)を、抜歯の時に、入れてもらう。

などの方法を提示していただけない場合は抜歯を断った方がいいのでしょうか。

または、「不良肉芽をよくソウハしていただきたいのですが・・」とお願いできるものなのでしょうか。



A アドバイスいただいたように、インプラントか入れ歯かは、抜歯後じっくり考えていきたいと思っています。

たくさんの症例を扱ってみえる先生方はインプラントと入れ歯(弾性樹脂義歯を考えています。)どちらの方が適当だとお考えですか。
参考にさせていただきたいと思います。

よろしくお願いします。



タイトル [写真あり] 根が化膿し抜歯宣告。インプラントと入れ歯で迷っている
質問者 たまごのしろみさん
地域 非公開
年齢 47歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 虫歯、根の病気で抜けた・抜く予定
抜歯:5番(第二小臼歯)
インプラントその他
部分入れ歯 その他
その他(写真あり)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日