歯がボロボロで問題だらけですが、何を優先に治療すべきか? (英国)

相談者: kappa_tanukiさん (46歳:女性)
投稿日時:2013-06-07 08:30:50
イギリス在住ですが、なかなか納得のいく歯医者さんに出会えないことと、治療費がバカ高いこともあり歯科治療をハンガリーで受けています。


とにかく、歯に問題が多く今回14と15のインプラントを受ける為にハンガリー行きました。

その際に主治医の先生に他の歯もチェックしてもらったのですが、12と21のクラウンが外れかけ、23、24と38の歯の根元に慢性の炎症がみられると言われました。


この歯科医院は巨大なところで、何人も先生がいてロンドンに分院があり、先生が交代でロンドンに来てコンサルテーションやアフターケアをされています。

来週、そのロンドンの分院にてインプラントの抜歯を受けるのですが、偶然今回ロンドンの担当が主治医の先生なので様子をみて来週ロンドンで治療プランを考えましょうと言われました。


先生がおっしゃるには、一番気になるのは38の歯の根の炎症で1週間様子を見て改善されてないのであれば、抜歯なども含め最優先に治療すべきとのことです。

12と21はクラウンの下の歯の根元の状態などは問題ないようなので、コッロっと外れたような状態であればとりあえず再度接着して様子を見てもよいのではないか。

とにかく、来週まで様子をみてグラグラ度がどの程度なのか。
(現段階では21はグラグラはしていないけど、少し浮いたように見受けられる。12は少しグラグラした感じはするが、隣のインプラントが骨に馴染む??とこの12もしっかりするかもとのこと)



次回、主治医の先生がロンドンに来られるのははるか先になりそうですし、私がハンガリーに行くのもインプラントの治癒期間後の6か月程先になります。

万一、問題が起これば他のロンドン担当の先生が対応してくれると言うシステムではあるのですが、やはり来週主治医の先生と今後にプランについてしっかりと相談したいのですが、英語力の問題もあり少し不安なので、事前に少し日本語にて先生のご意見を聞かせて頂きたいと思い投稿しました。



ちなみに、とにかく歯はボロボロで既に5本インプラントです。
その5本も全てその歯科医院でしたのですが、毎回じゃあ、次回は1年後との検診でお会いしましょうと言うのに、数か月後に、他の歯(昔他の歯科医で治療ちてあった歯)に問題が出てしまい、再度駆けつけるので先生も冗談でここまで上顧客はあなた位だと半ば驚き気味です。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2013-06-07 08:49:02
kappa_tanuki さん、こんにちは。

>事前に少し日本語にて先生のご意見を聞かせて頂きたいと思い投稿しました。

「とにかく、歯に問題が多く」とのことですが、私だったら、歯磨きのことだけはなく、間食を含む食事の摂り方など、生活習慣の見直しを優先して提案するかと思います。

回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2013-06-07 11:18:28
どのような治療システムか分かりませんが・・・


>次回は1年後との検診でお会いしましょうと言うのに、数か月後に、他の歯(昔他の歯科医で治療ちてあった歯)に問題が出てしまい、

目先の問題解決だけを行っているように感じます。

口腔内全体の総合的な検査をする
・問題点を洗い出す
・問題が起こった原因とその対策を考える
・理想的な治療のゴールを設定する
・コストや時間などの事情とすり合わせる
・実際的な治療ゴールを設定する
・治療計画を立てる

といったプロセスを担当医と相談しながら進めていく必要があるように思います。


ご参考まで・・・

1人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2013-06-07 13:34:45
ご相談ありがとうございます。

根本的な解決をお望みであれば、予防を含む総合的な治療計画が最優先となります。
予防の中には、単にむし歯を防ぐだけではなく、抜歯を防ぐこと即ち歯を一生残すという積極的な治療が含まれます。


前歯がぐらつき、あるいは割れて、抜歯に至る要素の一つが奥歯噛み合わせの異常です。
上の前歯がダメになる原因の一つが、知らないうちに下の歯が異常に前に出て噛み、下の前歯が上の前歯を突き上げることによって起きます。

14,15という歯は、下の歯が前後に異常な動きをしないようにコントロールしている重要な歯です。
したがって、そこのインプラントをすることは部分的にはとても良い順番だと思います。



そしてハンガリーはインプラントに関して世界最安値圏の国ですから、値段だけの基準では良い優先順位です。
しかも巨大な組織でアフターケアもしていただけるならば、治療後も考えるとさらに良い選択です。


ただ総合的な治療計画とその実現をしていただけるかどうかは分かりません。


また噛み合わせは全体に関わります。
たとえ1本2本のインプラントであっても、それまでに変化した噛み合わせを基準にして歯を作ればくりかえしを避けられないかもしれません。
前歯など弱った歯に異常が出続けることはふつうです。

新たに健康な基準を測定してインプラントなどの噛み合わせを作るしかありませんが、これは非常に高度な治療となります。
補綴学というジャンルを究める必要があり、そこまで対応していただけると最高の計画となります。


来週よくご相談下さい。
長期戦になりそうですから、ご担当の先生とメール相談ができるようにならないかもお尋ねになっても良いかもしれません。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: kappa_tanukiさん
返信日時:2013-06-12 08:37:45
先生方、有難うございました。

確かに、目先の問題のみを優先させているところはあります。
いくらハンガリーでイギリスより安く治療しているとはいえ、全く保険がきかないので予算的に厳しい部分も有、主治医の先生もその辺りもご存じなので・・・。


小林先生がご自身のクリニックのHPで指摘されてらっしゃるように、昔の治療法で虫歯を削って削って削って結局残っている部分がかなりモロクなっているようです。
なので、主治医の先生も遅かれ早かれ問題は出るかもしれませんとは最初から言われてはいました。

でも、歯はかなりコマメに磨いて、マウスウォッシュを併用しています。
フルーツなどの酸のきつい食べ物はなるべく就寝に近い時間には食べないようにもしています。
喫煙もしません。

1年に1度は歯医者さんでスケールもしてもらっています。
主治医の先生も特に手入れの仕方が悪いこともないとおっしゃって下さっています。



ただ、そこまで気を使うようになったのはここ2年程でそれ以前は、朝夕それはど時間もかけずに歯を磨いていただけなので、そのツケが今きたのかもしれません。

とにかく、先生とよく相談してみます。


有難うございました。
回答 回答4
  • 回答者
回答日時:2013-06-12 09:11:27
プラークコントロールと合わせて「力のコントロール」も頑張ってされてみてください。

僕の患者さんだと、海外での生活のストレスからか、TCHクレンチングの率が非常に高いように感じております。

参考:TCH、歯列接触癖


お大事にされてください。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: kappa_tanukiさん
返信日時:2013-06-15 07:11:42
櫻井先生有難うございます。

実は、子供の頃から何かに熱中すると歯を異常にくいしばってしまうクセがありました。

それも、問題の一因だったのですね。

気をつけるようにします。

本当に有難うございました。



タイトル 歯がボロボロで問題だらけですが、何を優先に治療すべきか? (英国)
質問者 kappa_tanukiさん
地域 海外
年齢 46歳
性別 女性
職業 会社員(事務系)
カテゴリ インプラントその他
その他(歯科治療関連)
イギリス
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日