[写真あり] 豪州では一般的でないネジ状のコア。再治療はどうなるか

相談者: Oz dentalさん (46歳:女性)
投稿日時:2013-08-19 22:23:59
オーストラリア在住の者です。

20年前に日本で根管治療した右上5番に被せたクラウン下層で虫歯が進行してしまい、治療が必要になりました。

レントゲン(添付写真)を撮ったところ、オーストラリアでは一般的に使われていないネジ上のコア?が入っており、硬くてクラウンを簡単にはずせないかもしれない、クラウンの交換だけで済むかどうかは開けてみないとわからない、と言われました。
場合によっては抜歯の可能性もあるかと思います。

このネジ上のコア?がどのような物なのか、クラウンと一体化して非常に外しにくいのか、どのような材質のものなのか写真から推測できるようでしたらご教示いただけると幸いです。
また、抜歯になる可能性が高いか、その場合このようなネジ状のポスティングを取り除いた場所に新しくインプラントして問題が起きないのかも知りたいです。

歯の保存の望みが薄く、修復に膨大な費用がかかるようであれば、ブリッジ交換が必要な左上5番共々抜歯して矯正治療に踏み切った方が費用対効果が良いかもと考えております。
宜しくお願いします。

画像1画像1


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2013-08-19 22:41:40
Oz dental さん、こんばんは。

クラウンと一体化して非常に外しにくいのか、どのような材質のものなのか

材質までは分かりかねますが、経験的に、クラウンと一体化していないように思います。


>このようなネジ状のポスティングを取り除いた場所に新しくインプラントして問題が起きないのかも知りたいです。

もしも抜歯に至ったとしても、問題が起きることは少ないものと思います。

回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2013-08-19 23:18:25
Oz dental さんこんばんは。

オーストラリアでは一般的に使われていないネジ上のコア?が入っており、硬くてクラウンを簡単にはずせないかもしれない

実際に拝見していないのではっきりとは言えませんが、ネジ状のものを使用することも良くありますし、逆に外すこともあります。
特殊なものかもしれないので何とも言えませんが慎重に行えば外すことは可能と思われます。


>クラウンと一体化して非常に外しにくいのか

私が普段使用しているのと似たものであれば一体化していないと思います。

おだいじにどうぞ。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: Oz dentalさん
返信日時:2013-08-20 06:37:06
小林先生、水川先生

お忙しいところ、早速お返事いただきましてありがとうございます。
日本の専門家のご意見を聞くことが出来て心強いです。

レントゲン写真をみていて気付いたのですが、ネジが入っている歯の周りの歯ぐきだけに黒い陰が見えます。
こちらの歯医者には指摘されませんでしたが、これは歯周病が進行していると理解するべきでしょうか?

もし抜歯になってしまった場合、新しいインプラントをするのと矯正治療で隙間を埋めてしまうのとどちらが歯や歯茎にとって負担が少ないのでしょうか?
私の歯はもともと出っ歯ぎみで矯正する場合は下の歯二本も抜歯しなければなりませんが、Orthodontistには矯正可能で私の決断次第と言われています。
回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2013-08-20 12:12:14
おはようございます。

〉ネジが入っている歯の周りの歯ぐきだけに黒い陰が見えます。

色々な原因が考えられますが、多くはクラウンやコアの材質(金属系)による歯肉の透過や歯自体の変色による影響が多いように思います。
改善出来るものかはケースによると思います。
担当医に伺ってみてください。


〉もし抜歯になってしまった場合、新しいインプラントをするのと矯正治療で隙間を埋めてしまうのとどちらが歯や歯茎にとって負担が少ないのでしょうか?

優劣はつけられないですね。
どちらにも優れている部分があると思います。

現状と治療のゴールの設定の仕方、治療費や治療期間などを考慮して担当医と相談して方向性を決めてはいかがでしょうか。

参考になさってください。

回答 回答4
  • 回答者
回答日時:2013-08-20 17:22:12
もし、これが一般的に日本の保険治療で使用されているネジであれば、逆回転(反時計回り)させれることで比較的簡単に除去出来る可能性はあります。

また、出っ歯矯正治療抜歯するのもありだと思います。
後ろの大臼歯が前に移動しないような工夫は必要ですが、それは担当医が行なってくれるはずですから、通常は心配いらないと思います。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: Oz dentalさん
返信日時:2013-08-21 07:45:55
三留先生、藤森先生
お忙しいところ追加の質問にお答えいただきありがとうございました。
藤森先生、ネジを逆回転で外す件、必要になった場合は歯科医に伝えます。
有用な情報ありがとうございました!

今回は大掛かりかつ高価な治療になるので、詰めの甘い自宅近所の担当医ではなく、職場近くで評判の良い歯科医や歯科矯正医を同僚や友人に何人か紹介してもらっています。

諸先生のご意見を参考にじっくり検討し、後悔しない結論を出したいと思います。


最後に、リサーチ中にこのサイトを知ることが出来て大変助かりました。
海外からでも簡単に登録、質問が出来て、しかも複数の先生からすぐに回答がつくという便利さに感動しました。
日本が誇れるサービスですね。
運営に関わられている皆様に心から感謝申し上げます。



タイトル [写真あり] 豪州では一般的でないネジ状のコア。再治療はどうなるか
質問者 Oz dentalさん
地域 非公開
年齢 46歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 根管治療の失敗・再治療
根管治療その他
その他(写真あり)
オーストラリア
土台(コア)の除去・交換
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日