抜歯矯正の仕上げ段階、頬のこけのため歯列弓を広げられるか?

相談者: 晴れっさん (45歳:女性)
投稿日時:2013-08-30 09:55:42
投稿させていただきます。
よろしくお願いいたします。

出歯を引っ込めるため、上下2本ずつ抜歯をして矯正をしています。
そろそろ仕上げの調整に入れるところまできたそうです。


おかげさまで口元は引っ込んできましたが、頬のこけが気になっています。
一時的に筋肉が落ちたせいかとも思いましたが、よく見ると、矯正前とくらべ、歯列弓がかなりせまくなっています。
特に567番に広がりがなく直線的な感じです。

また、舌の側面やや下側が、歯に当たって痛いこともあります。
舌を置く位置を正しく気をつけるようにしていても、やはり痛いです。
これもつらいです。


そこで、ゆったりとしたカーブを描く歯列弓を希望することは可能でしょうか。
まだブラケットはついています。

歯列弓を広げると頬にも多少ふくらみが出るように思うのですがどうでしょうか。
やつれた感じに見えるのは改善したいところです。


ご回答よろしくお願いいたします。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2013-08-30 10:26:25
晴れっさん

お悩みですね。

先ず、今の思いと状態を、主治医の歯医者さんに相談するのが一番だと思います。

多分、的確に判断してくれると思います。




タイトル 抜歯矯正の仕上げ段階、頬のこけのため歯列弓を広げられるか?
質問者 晴れっさん
地域 非公開
年齢 45歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 歯列矯正の治療法
歯列矯正(矯正歯科)その他
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日