抗がん剤治療前の抜歯、多く縫合されたのは練習台にされたからでは?

相談者: pokkeさん (50歳:男性)
投稿日時:2013-11-15 11:38:03
こんにちは。

抗がん剤の治療前に大学病院口腔外科抜歯をしてもらいました。

症状はほとんどなかったのですが膿が出ているとの事でそうなりました。



右下の6?なんですが抜歯に1時間以上かかりました。

病室に帰って見てみると抜歯した穴は全て粘膜で覆いたくさん縫合されていました。
かなり離れた場所まで切開していたようです。

抗がん剤の治療が始まっても糸が取れてきているとまた縫合されました。
痛みは1週間以上続きましたが出血などはありませんでした。

そして糸抜きは2週間後。


一時退院で地元に帰った際、義歯をなくしたのでかかりつけの歯科医院にいくと、とり忘れの糸が残っていてとってもらいました。

そしてそんなに歯周病が進んでいない歯は、完全に傷を閉じようとすると、骨を削るか、粘膜を切って伸ばさないとこうはならないと言っていました。

インプラントなどの練習にされたのかと怒りがこみ上げてきています。


こういうことってあるのでしょうか?


回答 回答1
  • 回答者
細見歯科医院の細見です。
回答日時:2013-11-15 12:18:41
インプラントなどの練習にされたのかと怒りがこみ上げてきています。

何らかの理由が有って閉鎖創にする必要が有っただけではないでしょうか。

口腔外科の主治医に尋ねてみてはどうでしょう。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2013-11-15 12:39:14
pokke様

僕は難しい抜歯大学病院、都立病院の口腔外科に患者さんをお願いしております。

患者さんはよっほどの事がない限り、抜糸は紹介元でという事で縫合糸はうちの院で抜くのですが。


僕の経験ですと、難抜歯の場合どの口腔外科も例外無く、これでもかという感じで縫ってきます。

(縫いすぎじゃなかなぁといつも思ってます。
糸取るの大変なんです。
歯肉切らないようにして、引っ張りすぎず確実にカットしなければいけないし、自分が縫っていないから何本縫合と書いてあっても見落としがないように注意しないといけないし)


で、開業当初、抜歯を良く依頼していた東京女子医科大学付属病院の口腔外科の友人に聞きました。

「ねぇ、Y先生。
先生の所だけじゃなく、何処の口腔外科も傷口が見えないくらいに縫合してくるのだけどなんで?」


「まず、大きい病院にくる人は近くの人ばかりじゃないでしょ。
くるのに半日掛りという患者さんも多いわけ。
縫ってもらったことろの糸が取れましたで、また半日かけて来てもらうわけにいかない。
だから十二分に縫合する。
保険の意味でもという事はあるとおもうけど。」


「あとさ、切開線みて、これ切りすぎじゃん。
と思うこともあるんだけど。」


「大学時代の見学でなに見てたん?
外科の先生はズバッと切ってたでしょ。
見えない状態で時間を掛けて抜くとグチャグチャやって腫れてしまう。
広く術野をとって早く抜く、これ基本中の基本です。」


「いや、恐れ入りました。」



今回は止血、感染予防、食物残渣の迷入防止、で閉鎖する必要があったのかなと思いますが、お気持ちが少しでも軽くなればと思い書きました。


インプラントの練習だったとしたら釈然としない気持ちになりますが。
沢山縫合してあった、必要のなさそうなところまで切ってあった。
その訳は私が書かせていただいたような理由もあったかもしれません。


どうか処方頂いているお薬が奏効し、一日もはやく永続的に寛解されますよう祈念申し上げます。
お大事に。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2013-11-15 22:10:59
インプラントなどの練習にされたのかと怒りがこみ上げてきています。
>こういうことってあるのでしょうか?

おそらく練習ではなく、これから抗がん剤の治療が始まると分かっていたので、傷口の閉鎖が重要と思い切開を大きくして縫合したのではないかと思います。

また、頑張ったけれども傷口が思うように閉じず再縫合したのではないかと推測します。


疑問に思ったのであれば抜歯した先生に聞かれるとういいですよ。

2人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答4
  • 回答者
回答日時:2013-11-15 22:44:48
諸先生方がおっしゃるように、詳しくは主治医の先生へお伺いするのがいいかと思います。


一般的には。
抗がん剤の治療を行うと抵抗力が下がってくるため(これも病気や抗がん剤の種類などにより下がり方が小さなものから大きなものまであります)、通常なら保存しておくことを選択する歯も、抜歯の対象となる場合もあります。

これは抗がん剤治療中にその歯が強く症状が出てくると、抗がん剤治療を中断しなければならないリスクが生じるからです。


このように何らかの理由があるのかもしれませんので、主治医へ聞いてみることがいいかと思います。




タイトル 抗がん剤治療前の抜歯、多く縫合されたのは練習台にされたからでは?
質問者 pokkeさん
地域 非公開
年齢 50歳
性別 男性
職業 非公開
カテゴリ 抜歯:6番(第一大臼歯)
歯医者への不信感
口腔外科関連
癌(抗がん剤服用中)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日