再根管治療後も痛みが残り、これ以上の治療は無理と言われた

相談者: みやまこさん (41歳:女性)
投稿日時:2014-04-13 12:15:37
2か月前に右の上顎洞炎になりました。

原因は右上奥歯でした。 
そこは10年前に神経をとり 銀の被せ物をしていました。


根の専門医で 銀の被せ物をはずしたところ腐敗しており、どうやら神経の取残しがあったための炎症とのこと。
(膿はありません)

ひと月前から根の治療を開始。
マイクロスコープは原因がわかっているため必要なしとのこと)


しばらく治療しましたが、まだ歯の浮くような痛みが常にありますす。
神経の一部にカルシウムが固くついており、それ以上やると穴が開てしまうため 根の治療はこれ以上できないとのことです。


またそこの歯は以前親不知が横に生えていたのを抜いた後遺症で
抜いた部分に骨がなく 歯周病もあるとここと。
(グラグラはしてません)



来週 防腐剤を入れることとなりますが 歯の浮く痛みがまだ続きます。


*歯の浮くような痛みと神経の取残しがありますが が防腐剤を入れても大丈夫でしょうか?

*しばらく様子を見てまだ痛みがある場合 大学病院にも見てもらおうかと思いますが一度入れた防腐剤は簡単にとることができますか?



現在不妊治療中のため 歯の痛みから早く解放されたいです。
抜歯はなるべく避けたいです。


雑文ですみません。
ご返答のほど 宜しくお願い致します。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2014-04-13 14:21:57
みやまこ さん、こんにちは。

根の専門医で「根の治療はこれ以上できない」と言われたのであれば、これ以上の加療は望めないかもしれません。

現状と、今後の見通しについて、改めて説明していただきましょう。


大学病院でご相談になってみるのも一法ですが、上顎洞炎を惹起した程なのでしたら、長期の保存は難しいかもしれません。




>現在不妊治療中のため 歯の痛みから早く解放されたいです。

ということでしたら、残念ではありますが、抜歯の選択も止むを得ないかもしれません。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: みやまこさん
返信日時:2014-04-14 14:36:08
小林先生

こんにちは。
早速にご連絡ありがとうございました。
 

ひとつ手前の歯も1月に抜歯したまま(根幹治療後)のため、奥歯はなるべく残したく セカンドオピニオンも希望したいのですが、それを今の担当の先生にお伝えするのは失礼でしょうか?


また仮に、防腐剤を入れて様子を見てまだ痛みがある場合に他の病院でも見ていただくことも考えてますが、その場合 中につめた防腐剤はすぐに取りだせるものでしょうか? 
 

何度もすみません。
宜しくお願いいたします。
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2014-04-14 15:36:18
みやまこ さん、ご返信ありがとうございます。

>セカンドオピニオンも希望したいのですが、それを今の担当の先生にお伝えするのは失礼でしょうか?

「セカンドオピニオン」は厳密には、「担当医に診療情報提供を作成してもらい、それを持って別の医師に意見をもらった後、担当医のもとに戻る」というものです。

ただ、希望を伝え難い状況なのでしたら、自主的に他の医療機関を受診なさるもの止むを得ないものと思います。


>中につめた防腐剤はすぐに取りだせるものでしょうか?

すぐに簡単にという訳にはいかないかもしれませんので、今の状態のままでご相談になった方が良いのではと思います。 

* セカンドオピニオン





タイトル 再根管治療後も痛みが残り、これ以上の治療は無理と言われた
質問者 みやまこさん
地域 非公開
年齢 41歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 神経の無い(神経を取った)歯の痛み
根管治療の治療法
根管治療の失敗・再治療
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日