金属冠をオールセラミックかメタルボンドに交換 (第三者より)

相談者: m0m0nさん (21歳:女性)
投稿日時:2014-05-26 23:09:49
私の親が上顎5番のFMC(対合歯にはインレーが入っています)を白くしたいと言っており、ジルコニアは高いのでメタルボンドか1日でセットまで出来るセレックオールセラミック)を勧めたのですが

・メタルボンドとセレックで寿命の差、強度の差はどのくらいあるのでしょうか?

・それぞれの平均的な寿命はどのくらいでしょうか?

・メタルボンドとセレックの大きな違いは、「中に金属が有るか無いか」によって見た目や強度が違ってくるという所でしょうか?

・見た目より寿命を重視した場合、どちらの方がいいのでしょうか?
ちなみに15年くらいもてば良いらしいのですが…。


回答 回答1
  • 回答者
細見歯科医院の細見です。
回答日時:2014-05-26 23:30:25
当サイトのお約束として以下の様になっております。

【必読】 相談者の注意事項



第三者による相談の禁止



ご友人や両親など、第三者に関する相談はご遠慮ください。
歯科相談は相談者ご本人様に限らせて頂きます)


ただし、例えばご両親がパソコンを使えなかったり、
お母さまがお子さまのことで相談をされるような場合は、この限りではありません。


御理解の程宜しく御願い致します。


尚質問内容は検索すれば幾つも出てくると思います。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: m0m0nさん
返信日時:2014-05-26 23:46:05
返信ありがとうございます。

親はネットが使えないので、私が代わりに質問したのですが規約をきちんと読んでいませんでした。
申し訳ありません。

他の方の質問と回答を参考にさせていただきます。
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2014-05-27 02:56:12
こんばんは。

白い補綴物に替えたいとお考えのようですね、個人的には精度を求めればメタルボンド、色調を優先すればジルコニアということになると思います。

セレックでは費用が安く早く仕上がるのが特徴ですが精度と色調を求めるのにはかなり無理があるように思います。

個人的にはやめておかれたほうがいいというのが私の見解です。



>寿命の差、

これについては被せものそのものの寿命の差と歯そのものの寿命??の差について考えるべきだと思います。

個人的な経験では満足に根管治療ができていない歯に高価な被せ物を被せてある症例にしばしば遭遇いたします。

これでは何のために補綴をしたのか甚だ疑問に思います、被せ物の寿命以前の問題です、先ず根管治療がきれいにできていて感染根管が治癒しているかどうかの評価をするべきです、これが大前提です。

その上で補綴物の素材を選択すべきです、尚個人的にはセレックはなしだと考えています。


>それぞれの平均的な寿命はどのくらいでしょうか?

平均的な寿命については個人的にはよくわかりませんが感染根管が治癒していて歯根破折を起こさずポーセレンが欠けさえしなければ相当長持ちすると思います。

セレックについては経験がないのでよくわかりませんが上手に作ってあれば大きな問題はないようには思いますが・・・・。


寿命についてはすべての歯科治療にも言えることですが、要は歯科医の腕が一番重要だということです、腕のいい親切なDrを探し当てることができるかどうかにかかっていると思います、参考になさってください。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2014-05-27 07:30:49
お気持ちはとてもよく分かるのですけど、「メタルボンド」とか「セレック」というモノが重要な訳ではありません。

どちらも条件が整えば長持ちするはずです。
それも特に今回の場合は小臼歯ですので、材質そのものの物性(強度等)はそれほどシビアではないと期待できます。


何であれ長持ちさせられるか否かのポイントは、精密に作られるかどうか、と、お手入れ(リスク管理)について適切な指導を受けられるかどうか・・と言ったところでしょうか。

もちろん山田先生が指摘された様に、基礎の部分である根管治療や土台も非常に重要です。




そういった視点で捉えると、丁寧に、時間をかけてやって下さる医院の方が精密な仕事をしてくれる可能性が高いでしょうし、出来ればマイクロスコープやルーペを使って細かいものを大きく見て確認してくれる方がいいと思います。

むし歯歯周病予防("予防"は正確には自費で行うべきです)にも力を入れている医院の方がお手入れの指導もきちんとして下さる可能性が高いかも知れません。


必然的に時間、人的コストもかかってくるでしょうから値段も安いよりは高い方がいいのかも知れません。

材料よりも医院の体制に注目されるというのもいいかも知れませんね。

良い治療が受けられるといいですね、お大事にどうぞ。

3人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答4
  • 回答者
回答日時:2014-05-27 07:50:43
>・メタルボンドセレックで寿命の差、強度の差はどのくらいあるのでしょうか?

A:歯科材料の耐久性に関して言えば、近年の材料はどれも素晴らしいものです。
5~10年程度であれば材料の耐久性は問題ないでしょう。

ただ セラミック系の材料は5年程度するとその強度が落ちてくることは知られていますので、それは頭に入れて置いてください。



>・それぞれの平均的な寿命はどのくらいでしょうか?

A:いろいろなデータが出ていますが、当てになりません。
私の口の中に入っているセラミックのものは25年くらい持ちこたえています。 
もっと持ちこたえている人もいます。
逆に、半年ももたない人もいます。

その差はなにか?

歯科医師歯科技工士のウデの問題です。 
材料の問題ではありません。



>・メタルボンドとセレックの大きな違いは、「中に金属が有るか無いか」によって見た目や強度が違ってくるという所でしょうか?

A:見た目や強度は元々違うものですね。



>・見た目より寿命を重視した場合、どちらの方がいいのでしょうか?
>ちなみに15年くらいもてば良いらしいのですが…。

A:その担当医がどの材料での治療を得意としているかによります。

セレックを薦める場合でも、 

”セレックが本当に良い”と 思って薦めている歯科医師もいれば
”1000万もするセレックの器械買ったし、元を取るために、数をこなさなきゃ!!”との 思いで薦める歯科医師もいます。


単純に、


『金額を無視して、先生自身や家族にするなら どれをしますか?』

と 聞いてみるのが良いかもしれません。


たとえば、 私の場合にはオールセラミックを得意とするので(というより、この4年ほどメタルボンドは一本もしていません)、それを推奨するでしょう。  
歯科医師によって異なります。

5人の専門家がこの回答を支持しています  
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: m0m0nさん
返信日時:2014-05-27 21:46:06
先生方、回答ありがとうございます。
とても参考になりました!

材料だけでなく先生の腕によってもかなり変わってくるのですね…。
慎重に歯科医院を選びたいと思います。

ありがとうございました!!



タイトル 金属冠をオールセラミックかメタルボンドに交換 (第三者より)
質問者 m0m0nさん
地域 非公開
年齢 21歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 保険のクラウン(奥歯:銀歯)
オールセラミック(陶器の被せ物)
メタルボンド
ジルコニアクラウン
お勧めのクラウン(被せ物・差し歯)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

歯磨きをしても虫歯になる原因 デンタルフロスは効果無し? 歯ブラシとデンタルフロスどっちが先? 歯科衛生士が就職前に絶対に知っておきたい

Total total   今日 今日   昨日 昨日  
現在 人が閲覧中