二次カリエスがありセラミックインレーに交換後、温冷痛がある

相談者: まうまうさんさん (35歳:女性)
投稿日時:2014-07-07 22:51:02
こんにちは。

先週の金曜日に、右下奥の歯で(右下6番)詰め物が劣化し、虫歯になっていたので治療し、セラミックを詰めました。


治療してくださった先生は、

「すこししみますが、しばらくしたら落ち着きますから」

と言われていましたが、その日に温かい食べものを食べた時にしみたのでいれたてだからかなと思い気にはしませんでしたが、冷たい物を食べるとしみだし、同じく温かい物でもしみました。
(しみますが、時間が経つと痛みは収まります)



週明けの本日、医院に確認をしたところ
(返答は受付の方が担当の先生に確認し、返答)

・しみるのは虫歯が神経にまでいっているのかもしれない。
もしそうであれば 神経を触ることになり、今のセラミック料金は返金しますが、神経を抜くとセラミックが大きくなるため、差額は頂きます。

・こちらはちゃんとした適切に虫歯治療をした

・今の状態より酷くならなければ1週間待ってほしい


確認のためにホットコーヒー&お白湯を飲みましたが特にしみたり、痛みは感じず。
ですが、アイスを食べたところしみて痛い!とまでではないものの見た目はわからないですが腫れて鈍痛もありました。
(現在は、腫れてはいるものの痛みはなし)


セラミックを詰める時に、虫歯が酷くなっていればプロとしてわかっていたのではないか?
儲けるために詰めたのではないか?
と疑う気持ちも湧いてきています。

セラミックにするとしみやすいのでしょうか?
それとも治療のため元の歯を削っているため歯髄が剥き出し状態になっていて、しみやすいのでしょうか?
そして、この腫れは一体何が原因なのか・・・・・


よろしくお願い致します。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2014-07-07 23:40:10
まうまうさん さん、こんばんは。

セラミックにするとしみやすいのでしょうか?

熱の伝導性という観点からは、金属製の修復物より凍み難いように思います。


>治療のため元の歯を削っているため歯髄が剥き出し状態になっていて、しみやすいのでしょうか?

歯髄が露出していなくても、生活歯の治療をすることで、稀に歯髄炎を惹起してしまうことがあるようです。

差し当たり、次回の受診までの間、熱い物や冷たい物の摂取は出来るだけ避け、また、食事の時など致し方ない場合を除き、上下の歯が接触しないよう意識した生活を送ってみませんか。

* 参考になる過去ログ

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: まうまうさんさん
返信日時:2014-07-09 21:27:18
ご返信ありがとうございます。

翌日に歯科医にかかりましたが、詰め物がやや大きく隣の歯にストレスをかけているのでと削りましたが堅い食べ物(ポテトチップス程度の堅さ)でキーンとひびき現在は、うずく痛みを伴っています。


私は歯の食いしばりも強いと診断を受けていますので、それもあるかもしれませんねとも言われました。
ただセラミックにする前は保険適用内のプラスチックでしたのでそれは一切なかったので・・・・・・

治療も削るだけで終わるのかなと思うとかなり不安です。
なるべく歯を接触させないように気をつけてみますね。



タイトル 二次カリエスがありセラミックインレーに交換後、温冷痛がある
質問者 まうまうさんさん
地域 非公開
年齢 35歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ セラミックインレー(陶器の詰め物)
詰め物、インレー治療後の痛み
二次カリエス(2次的な虫歯)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日