歯科衛生士です、超音波スケーラーで口腔粘膜が壊死するか?

相談者: かずかずさんさん (42歳:女性)
投稿日時:2014-07-15 20:00:49
衛生士をやっています。

超音波スケーラーで、口腔粘膜が壊死することはあるのですか?
ちなみに流水下です。
頬粘膜の排除はしていたつもりでしたが、hysの症状があり、そちらに気をとられていたのも事実です。


Drからは、ナイーブな患者さんだったこと&スケーラー上部は熱をもつので、頬粘膜の排除を気をつけるように言われました。

超音波スケーラーは、振動で熱を発するということは知っています。
たしかに上の水の当たらない部分は熱くなるのかな?と想像はできるのですが、通常のスケーリングで火傷をした等の事例や注意など、検索してもヒットしないので、こちらで質問させていただきました。

宜しくお願いします。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2014-07-15 20:15:59
口腔粘膜が壊死

どのような程度のことでしょうか? 
普通、粘膜の壊死と言えば粘膜下層の深いところまでのことを言うと思うのですが。

壊死の結果、粘膜は変色し、びらん以上の潰瘍を形成して陥凹しその後白苔の形成を見て、治癒していくような過程をたどります。


これとはちょっと違うような意味で書かれているような気がします。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: かずかずさんさん
返信日時:2014-07-15 21:57:28
松山先生
さっそくのご回答ありがとうございます!


口腔粘膜が、うっすら線状に白っぽくなっていたようです。
Drに、粘膜表面が壊死した状態と言われたのでそのまま記載してしまいました。
わかりづらくて申し訳ありません。


いいかえると、超音波スケーラーの上部(チップの接合部分あたり)が高温になって、口腔粘膜に触れた際、やけどをすることはあるのか?と言った質問になります。

これまで、超音波スケーラー&エアースケーラーを幾度となく使用してきましたが、やけどをさせてしまったような経験がなかったのでショックでした..

スケーリングする前にそれがあったのかなかったのかチェックしなかった私もいけないのですが。。
本当に、超音波スケーラーで傷がついてしまうのか疑問なのです..
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2014-07-15 22:40:46
超音波スケーラーのチップは高速震度しています。

当然運動エネルギーをかなり持っています。
それが接触していれば熱エネルギーに変わります。
いわゆる摩擦熱というやつですね。

2人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2014-07-16 09:50:44
かずかずさん さん、今日は。


単刀直入にお答えすると、起超音波スケーラーの上部(チップの接合部分あたり)が高温になって、口腔粘膜に触れた際、やけどをすることはありえると思います。

超音波スレーラーを用いる際は、頬粘膜や舌等の軟組織の排除を確実に行い、冷却水がチップに効率的にかかるように、水量調節や、バキュームの位置に配慮しなければなりません。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: かずかずさんさん
返信日時:2014-07-16 21:07:14
お答えいただきました先生方、お忙しい中ありがとうございました!

やけどする可能性..あるのですねw
これまで気が付かなかっただけかもしれませんねΣ(゜ー゜;)

今後はこのような事が起こらないように、もっと腕を磨きたいとおもいます!
回答 回答4
  • 回答者
回答日時:2014-07-17 14:53:04
遠藤歯科医院の遠藤憲史です。

どこのメーカーでも作業部には注水して冷却しておるはずです。

しかし注水が少ない場合や振動を強くすると冷却が上手くいかず熱くなる可能性がありますね。

十分な注水下で行なえば防げる問題かなとかんがえますがーーー。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答5
  • 回答者
回答日時:2014-07-18 13:11:04
こんにちは。

注水下でも長く触れていたら火傷する可能性は高いと思います。

ためしに水を出しながらグローブしたままでいいですから、チップの付け根付近に指で触れながら発振させてみて下さい。

それが素肌や粘膜に直にだとしたらどんな感触かを想像してみるとよいです。




タイトル 歯科衛生士です、超音波スケーラーで口腔粘膜が壊死するか?
質問者 かずかずさんさん
地域 非公開
年齢 42歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 衛生士関連
スケーリング(歯石取り)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日