親知らず移植が成功した場合のクラウンとコアの材料選択について

相談者: わいどさん (42歳:男性)
投稿日時:2014-08-09 17:28:21
下6番を歯根破折により抜歯し、親知らずを移植することになりました。
まだ手術前の段階なので少し早いかもしれませんが、移植が成功した場合のクラウンとコアの材質に悩んでいます。


※移植歯の寿命を考えるとセラミックはもったいないでしょうか?

無髄歯になるので歯根破折のリスクを考慮するとファイバーコアが良いのでしょうか。
移植歯の寿命からするとメタルコアで十分でしょうか?

よろしくお願いいたします。


回答 回答1
  • 回答者
細見歯科医院の細見です。
回答日時:2014-08-09 17:35:26
私も移植はしますが、殆どの場合コアやクラウンにはせずレジン充填で対応しています。

2人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2014-08-10 00:52:37
こんにちは。

移植歯の寿命が特別に短いということはありません。
普通の歯の治療と同様に考えればよいと思います。

2人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2014-08-10 10:09:49
>移植歯の寿命を考えるとセラミックはもったいないでしょうか?

上手く行けば他の天然歯と同様と考えても良いと思います。
極一部に、内部吸収や外部吸収などがみられた場合はある程度すると抜歯になることもある程度ではないかと思います。


無髄歯になるので歯根破折のリスクを考慮するとファイバーコアが良いのでしょうか。
>移植歯の寿命からするとメタルコアで十分でしょうか?


処置をされる先生あるいは歯の状態によって変わってきますので、どちらが好ましいのかは先生に直接聞かれた方が良いかと思います。
状態によっては細見先生がおっしゃるように、レジン充填でも良いかもしれませんね。

まずは移植が上手くいくと良いですね。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: わいどさん
返信日時:2014-08-14 23:06:23
細見先生

お忙しい中、ご回答ありがとうございました。
レジン充填という治療法もあるのですね。
ご意見を参考にさせていただき、担当の先生にお聞きしてみようと思います。



樋口先生

お忙しい中、再びご回答いただき誠にありがとうございました。
専門家の方のご意見は心強いです。
移植が無事成功したら、もっと前向きに考えてみようと思います。



加藤先生

お忙しい中、ご回答ありがとうございました。
詳しくアドバイスいただき大変参考になりました。
まずは移植の成功を祈りつつ、担当の先生のご意見を伺いながら前向きに検討したいと思います。



タイトル 親知らず移植が成功した場合のクラウンとコアの材料選択について
質問者 わいどさん
地域 非公開
年齢 42歳
性別 男性
職業 非公開
カテゴリ 親知らずの移植
お勧めの土台(コア)
お勧めのクラウン(被せ物・差し歯)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日