左右2番抜歯、前歯6本のブリッジ治療の素材について

相談者: acmnさん (26歳:女性)
投稿日時:2014-10-13 00:06:18
左右2番を抜歯し、前歯6本のジルコニアセラミックブリッジを入れるのですが、噛み合う下2番が以前根充までいきましたが、たまに痛む事があり、今だに仮歯のままで様子を見ている状態です。

ジルコニアセラミックは強度が強いため、噛み合わ歯がすり減るなど書いてあるのを見ました。

下2番は今だ噛み合わせが強くあたるとたまに痛みがあり、ジルコニアにすると、強度が強くもっと痛くなるのではないかと不安です。

この場合、ジルコニアセラミックではなくセラミックの方がいいのでしょうか?

返信お願いします


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2014-10-13 00:56:22
ジルコニアの表面は、通常のセラミック(長石)ですので、セラミック(おそらくメタルボンドのことでしょうか?)のフルベイクタイプ(裏側もセラミックを焼き付けた物)と堅さは同じです。

下の歯の経過時間が判りませんが。
術後痛みが長期間治まらないようでしたら、再度 治療を行った方が良いかもしれません。

お大事に

回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2014-10-13 12:53:59
オールジルコニアのことを言っているのだと思いますが、セラミックは2ケイ酸リチウムのことではないでしょうか?

材料的には、EMAXプレスかオールジルコニアのことだと思いますが、問題は痛みですね。
強度的には、それほど問題はないと思います。

担当の先生に痛みのことを、言ってレントゲンを撮られたほうがいいのではないでしょうか?
もし問題があれば再治療をお願いされたほうがいいと思います。

普通のレントゲンでは見えない場合にはCT撮影もお願いされてもいいと思います。

ご参考にしてください。




タイトル 左右2番抜歯、前歯6本のブリッジ治療の素材について
質問者 acmnさん
地域 非公開
年齢 26歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 神経の無い(神経を取った)歯の痛み
抜歯:2番(側切歯)
根管治療後の痛み
お勧めのクラウン(被せ物・差し歯)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日