[写真あり] ハイブリッドセラミックインレーの色と形

相談者: Akira77さん (40歳:男性)
投稿日時:2014-12-07 01:51:38
はじめまして。

自覚症状は無かったのですが近所の歯科で予防的に検診を受けました。
20年近く前に治療した下4番のインレーに段差ができ、虫歯が出来ているということでインレーを外し治療をして頂きました。

新しく詰める物は、先生のお勧めもありハイブリッドセラミックでお願いしました。

材質は3Mのラヴァアルティメットです。
切削加工用ということで機械で削って歯を作ると説明を頂きました。
型を取って1週間後に取りつけました。


治療結果の写真を付けました。
向かって左の4番です。

色だけではなく、表面もつるつるで、自然歯のような凹凸は無く、ただ白い物を詰めたという感じです。
他の歯は真ん中部分が少しくぼみになっていますが、治療した歯は逆に盛り上がっています。
先生に尋ねたところ特に問題はないとのことでした。


治療してから1か月も経過しておりません。
今のところ盛り上がりが気にはなるものの、違和感はありません。
特に違和感がなければこの仕上がりで問題はありませんか?


最近は多くの歯科のサイトがネット上で情報を提供されています。
ハイブリッドセラミックでの治療例も多く紹介されていてかなり綺麗に仕上がっていたので、この仕上がりは少々残念ではありますが、先生に審美的な希望は伝えていなかったので見た目は仕方ないと思っています。



先生方へ2つ質問です。

審美的な問題は別として、他の歯への影響等はありますでしょうか?

ハイブリッドセラミックで、このように仕上がることはごく普通にあることでしょうか?


よろしくお願いします。

画像1画像1


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2014-12-07 04:51:57
おはようございます。

充填物簿仕上がりについて疑問に感じていらっしゃるようですね。

>他の歯への影響等はありますでしょうか?

基本的にはなさそうな気がしますがこの程度のレベルでOKだとのことなので他の部分の仕上がりにもどの程度の仕上がりか不安はのころます。


ハイブリッドセラミックで、このように仕上がることはごく普通にあることでしょうか?

少なくとも私どものところではこのようなレベルの技工所には発注しません。

2人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2014-12-07 13:06:01
向かって左の4番はご自分の歯(天然歯)のようにみえます。
ご自分の左下4番だと写真で右下に半分位見える歯になりますが、これも問題ありません。


仰っているのは写真の左側奥から三番目の歯でしょうか。
そうだとすれば山田先生の仰るようにLAVAでこのような色はあまりみたことがありません。
LAVAでも相当明るい色の素材だと思います。

個人的には、ここまで大きければ冠を被せます。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: Akira77さん
返信日時:2014-12-07 23:47:27
山田先生
コメントありがとうございます。

技工所を患者が指定する事は出来ないので仕方ないです。
他にも治療予定の部分があるのですが年末年始を理由に延期しています。



三浦先生
コメントありがとうございます。

ご指摘の通り4番は天然歯で左側奥から3番目です。
失礼しました。
色は3Aと伺いました。
削った残り(写真を添付)を頂きました。




奥歯は歯の中心部分がくぼんでいるように思いますが、今回の治療で付けて頂いた歯は、中心部分が盛り上がっています。

自身の歯を含め、ネットで見る治療例でも奥歯で歯の中心部分がくぼんでいない歯を見かけたことがありません。
人体のことですので、そういう歯も稀にあるのでしょうか?


この治療をして頂いた先生は治療内容の説明もきちんとされて、進め方に不安が無かっただけに結果が残念でした。

「ホームページで治療例を紹介している歯科も、かなり綺麗に出来た治療例を選んでホームページに掲載していますからね」とおっしゃっていました。
そんなものなのですかね。
歯科選びの難しさを痛感しています。

画像1画像1 画像2画像2
回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2014-12-08 08:44:59
ご相談ありがとうございます。



>人体のことですので、そういう歯も稀にあるのでしょうか?


今までのところ、古代の化石以来にさかのぼってもそういう報告は見た事がありません。

なぜならば歯の形は地球上に38億年前から生命が生まれて以来進化して来た結果という説もあるからです。
特に小臼歯とは上下の噛み合わせの安定のためにある使命を帯びている事が知られています。



ハイブリッドセラミックで、このように仕上がることはごく普通にあることでしょうか?


その先生にはふつうの事なのでしょう。
自然の身体の仕組みを知って治療している先生達の治療とは全く違うといえます。

歯の治療とは決して元通りにはなりません。
しかし、血のにじむような努力をして自然に近づける事で長期間安心できます。
手を抜けば抜くほどひどい結末が待っています。


今回たまたま見た目の違いで気がついたようですが、今までもこれからも、見えない部分にも備わった偉大な自然の力に畏敬を払った治療をしているかどうか、ちょっと考えるようになると良いと思います。

2人の専門家がこの回答を支持しています  



タイトル [写真あり] ハイブリッドセラミックインレーの色と形
質問者 Akira77さん
地域 非公開
年齢 40歳
性別 男性
職業 非公開
カテゴリ ハイブリッドセラミックインレー
詰め物、インレーのトラブル
その他(写真あり)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日