食いしばりが強い場合マウスピースから解放される日は来ないのか?

相談者: みんけんさん (47歳:女性)
投稿日時:2014-12-15 09:45:44
食い縛りが昼夜あり、夜中は酷く奥歯が割れてしまい抜歯する程。

それからは一生マウスピースは外して寝ることは無理かな、と歯科医師から言われました。
諦めるしかないのですか?

正直、そう言われまたストレス。
メンタルクリニックで相談もしましたが、薬を一生続けていきたくありません。


回答 回答1
  • 回答者
細見歯科医院の細見です。
回答日時:2014-12-15 10:26:50
新しい概念としてTCHと云う概念が有ります。

まだ新しい概念なので解っていない事も多いですが、TCHを是正すると夜間の歯ぎしりがましになったと云う報告が有るようです。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: みんけんさん
返信日時:2014-12-15 19:27:35
回答ありがとうございます。


現在も定期的に口腔外科には通っていますが、TCHとの言葉は出てきたことがありません。
ただ、ストレスをなくさないと食い縛りは無くならない、と。
でも、ストレスを無くすことが出来ないからこうなっているわけで。
もうどうしていいのかわかりません。

TCH専門の病院はあるのですか?
一生このままなのかと思うと絶望的にしかなれません。
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2014-12-16 09:40:24
TCH専門の病院はあるのですか?

専門と言う病院はありません。

ブラッシング指導と同じでTCHの是正は患者さんが日常的に取り組んでもらう「歯を守るための予防法」だと思います。

「TCH是正指導 施設」で検索していただけるとTCH是正指導に取り組んでいる歯科医院が探せます。

2人の専門家がこの回答を支持しています  



タイトル 食いしばりが強い場合マウスピースから解放される日は来ないのか?
質問者 みんけんさん
地域 非公開
年齢 47歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 歯軋り(歯ぎしり)
歯軋り用マウスピース・ナイトガード
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日