笑気麻酔で歯科治療希望。どの程度の喘息であれば対応できる?

相談者: ひろですよさん (23歳:男性)
投稿日時:2014-12-25 00:46:31
現在、右奥歯インレーが引っかかるような感じがしたり、そのあたりの歯が痛くなったりすることがあり診察に行こうと考えています。

今まで行っていた歯医者さんでは、奥歯の治療時にあまりの苦しさに吹き出したり、受け口ゆえに口の中に水が貯まる不快感などで気分が悪くなったこともありました。
そうしたこともあり、治療したいのですが口がちゃんと開けれて気分が悪くならないだろうかと不安でいっぱいです。

そこで、笑気麻酔ができるところに移ろうと考えておりますが、笑気麻酔はどの程度の喘息であれば対応できるのでしょうか?


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2014-12-28 11:43:18
笑気麻酔はどの程度の喘息であれば対応できるのでしょうか?

まれに笑気ガスが喘息発作の誘因となりうるので、ひどい喘息発作で入院治療を受けたことがあるといった場合には、慎重に行う必要がありますが、ほとんどのケースでは問題は生じないと思います。

笑気吸入鎮静法は、歯科外来に普通に通院されている患者さんにとって(妊娠初期を除いては)安全性は高いです。

過換気症候群や鼻閉なども禁忌と書かれているものを見かけますが、それは鼻から空気が吸いにくいため口から呼吸してしまい、(結果的に笑気ガスを吸入しないため)効果が期待できない場合があるといった意味で、笑気を使うことによってリスクが上がるわけではありません。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: ひろですよさん
返信日時:2014-12-29 13:38:46
森川先生、ご返信ありがとうございます。

喘息があると「笑気麻酔は危険」ではなく「効果が無い」かもしれないということだったんですね。
一度、笑気麻酔が可能な歯科に移って、相談してみます。



タイトル 笑気麻酔で歯科治療希望。どの程度の喘息であれば対応できる?
質問者 ひろですよさん
地域 非公開
年齢 23歳
性別 男性
職業 非公開
カテゴリ 虫歯治療
笑気麻酔
喘息(ぜんそく)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日