妊娠8ヶ月、痛みのある左上親知らずの虫歯をレントゲンを撮らずに治療

相談者: のんたん555さん (24歳:女性)
投稿日時:2015-01-11 05:25:00
先生、お忙しいところ申し訳ありません。
ご相談させていただきたく、投稿させていただきます。

今、妊娠8ヶ月であり、親知らずが酷く痛み出したため何もしてなくても痛く、水がしみ痛み止めを頓服したのですが、痛みが引かず電話をして妊娠中の旨をつたえたうえで歯科医院へ伺いました。

電話での治療方針決定はできないため、足を運びましたところ

レントゲンを撮影できない
神経の治療が必要

とのことでした。

歯の状況は

・10代前半に歯列矯正のため2本の歯を抜歯
・スペースがあいたために真っ直ぐの親知らず(8番)が2本
・下の親知らずは斜めで神経麻痺の可能性あり、真っ直ぐ生えた8番の計2本いずれも抜歯しておらず
・右上の親知らず(8番)を抜歯、歯列矯正で、上は計3本抜歯ずみでした。

その点を踏まえて安定期に入っているため、レントゲンの撮影をお願いしましたが、そちらの病院では撮れないとの一点ばりで投薬で様子をみましょうと最初に提案されました。

が、酷い痛みで投薬がききません、削って薬をいれてもらえないでしょうかとご相談しました。

神経まで達しているだろうから意味はないかもしれないと言われながらも、その後痛みはひきました。

ですが、その後噛み合わせが悪く、硬いものが噛みづらい感覚で食事が億劫に感じるようになってしまいました。

また、レントゲンを撮らずに治療をしたことは今まではありませんでした。

先生方もレントゲンを撮らず、削られたりはしますでしょうか?

経験のある先生にお任せすれば大丈夫なのでしょうか?

気持ち的に、その先生の予測と本来の自分の状態の確認ができていないままスタートしてしまった治療とその後の不調に不安を感じています。

諸々の諸事情含め、大変長くなってしまいましたが、お知恵を頂けましたら幸いです。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2015-01-11 06:30:16
のんたん555さん、こんにちは。

妊娠中に、親知らずが痛くなってしまったということでおつらいですし、不安ですよね。


先生方もレントゲンを撮らず、削られたりはしますでしょうか?
経験のある先生にお任せすれば大丈夫なのでしょうか?

当然、レントゲンを撮ることができれば、診断のための情報量が増えるので診断がより確実にはなるかと思います。
ただ、今回の場合のように、レントゲンが撮影できない事情等がある場合、症状や様々な診査で、ある程度診断することは可能な場合もあります。

処置をしてもらったあと、痛みは引いたが、かみ合わせが悪くなったということは、詰めてもらったものが当たっている可能性があるかと思います。

まずは、かかりつけの歯科医院を受診し、対応してもらうことをおすすめします。

ご参考までに。




タイトル 妊娠8ヶ月、痛みのある左上親知らずの虫歯をレントゲンを撮らずに治療
質問者 のんたん555さん
地域 非公開
年齢 24歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 親知らずの痛み
親知らずの痛み
妊娠中の歯科治療
親知らずの虫歯
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日