骨粗しょう症で歯列矯正した場合の予後について

相談者: キンカさん (41歳:女性)
投稿日時:2015-01-19 11:51:20
41歳で歯列矯正を検討しています。(八重歯、叢生虫歯無し、歯周病は極軽度)

私は骨粗しょう症で、先月の人間ドックで計測した骨量は以下の通りです。
若年成年平均の75%、骨年齢70代。
20代の頃よりこのような状況です。

一度整形外科に行ってみましたが、投薬はせず生活改善指導のみでした。
ここ数年、改善に取り組んでおりますが今のところ変化なしです。
ちなみに薬は矯正終了まで考えておりません。

矯正歯科にてこのような状況で矯正できるのか尋ねたところ、可能とのことでした(レントゲン撮影のみ。CTは撮影しないとのこと)。

確かに動かすことは可能であっても、移動した先で骨が形成され、歯がしっかり安定するかどうか不安です。
5年後、10年後に歯が抜けてきたりしないでのしょうか。

その矯正歯科の先生曰く、

「骨粗しょう症で歯が抜けるというのは聞いたことがない。
抜けるとしたら歯周病。」

とのことでした。
なんとなくモヤっとした答えで、治療に踏み切れないでおります。


ご参考までに

父:一本も歯が抜けていません。
差し歯なども無くすべて自分の歯です。

母:昔から虫歯が多かったようで、部分入れ歯です。
骨粗しょう症でもあります。

なんとしてでも矯正したいわけではなく、自分にとってどうするのが最適なのかを考えていきたいと思っております。

よろしくお願いいたします。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2015-01-19 15:26:29
「骨粗しょう症だから、歯を喪失しやすい」などの(個人的な)印象は受けませんけどね。




タイトル 骨粗しょう症で歯列矯正した場合の予後について
質問者 キンカさん
地域 非公開
年齢 41歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 歯列矯正の治療法
骨粗鬆症
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日