学校では教えてくれない歯の授業

咬合治療は保険適用が通常か?削った後の補綴について

相談者: ぱぱぱぱさん (33歳:男性)
投稿日時:2015-03-03 16:10:57
こんにちは。
初めてこのサイトでお世話になります。(書き込み不慣れな点をお許し下さい)


現在、かみ合わせの治療を3ヶ月間、だいたい週に一回程のペースで行っており、先日、いよいよ仮の被せ物を終えて最終の被せ物に変えましょうということになりました。


そこで、一つ目の質問なのですが

@保険の効く、金銭負担の少ない銀歯(一本当たり5000円)
A保険の効かない、金銭負担の大きいセラミック(一本当たり8万円)

の選択肢を出されております。
※対象の歯は左の下5〜8、と右の下4〜7の計8本です。


正直な気持ちとしてはいきなりこの何十万円もするものか、安いけどもキラキラと目立つ銀歯の選択肢では判断がつかず、ご意見を頂ければと思います。



また、二つ目の質問なのですが、

今回は歯石を取るために初めて行った歯医者で、その時に

「全部保険で治せますよ。
受け口が改善します。
歪みが改善します。」

という医師の勧めから安易に始めたかみ合わせ治療でしたが上記の選択肢の検討からネットで色々と調べていたら『かみ合わせ治療は保険適用外』という説明がほとんどで、そもそも私の治療を保険で行っている事にも疑問を感じております。

他にも、上の左右の4番をかみ合わせのために削ったため神経が刺激?され、食べる時に痛みを感じるようになったりと今回の医師には正直不信感も感じております。

かみ合わせ治療を保険内で行っていることは通常の事なのでしょうか?


今回の該当する8本中、6本は被せ物を付けるためにかなり削られており、何らかの被せ物をしないと元の歯の状態には戻せないため大変後悔しておりますが上記の2点についてと、もし関連する事で何かアドバイスを頂きたく、お願い致します。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2015-03-03 19:18:06
ぱぱぱぱ さん、こんにちは。

かみ合わせの治療を3ヶ月間、だいたい週に一回程のペースで行って」いた具体的な治療の内容については、知る由もありませんが、一般的に考えると、「かみ合わせ治療は保険適用外」というのは元より、治療そのものが一般的なものではない可能性があります。

修復物の選択を考える前に、通院が大変かもしれませんが、一度、歯学部の付属病院でご相談になってみてはいかがでしょう。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: ぱぱぱぱさん
返信日時:2015-03-03 23:39:21
ご回答ありがとうございます。
やはり保険適用外ですよね。

アドバイス頂きました方向で検討致します。



タイトル 咬合治療は保険適用が通常か?削った後の補綴について
質問者 ぱぱぱぱさん
地域 大阪
年齢 33歳
性別 男性
職業 その他
カテゴリ クラウン(差し歯・被せ)その他
噛み合わせ(咬合)治療
その他(保険と保険外)
治療費・費用
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

歯磨きをしても虫歯になる原因 デンタルフロスは効果無し? 歯ブラシとデンタルフロスどっちが先? 歯科衛生士が就職前に絶対に知っておきたい

Total total
今日 今日
昨日 昨日