歯の治療をしているのを知らずにランマークを注射 (第三者より)

相談者: 父代理さん (51歳:女性)
投稿日時:2015-03-04 10:36:35
父83歳 前立腺がんで、骨転移あり

2014年11月21日よりランマークとザイティガに変更しました。

父が、歯の治療をしているのを知らずに、4回目を打ってしまいました。

至急の対応はしなくてもいいのでしょうか。


治療内容を、歯科医に確認したら、2本治療中で、右下(私が見た感じで、5番だとおもいます)は、大きな虫歯であったので、削って残ったのが、歯茎より下の部分でそこに歯を立てると右上は、折れていますので治療をしているとのこと
(少し、しどろもどろのように感じました。)

歯科医には、、ゾメタを始める前に、伝えておりました。
ランマークに変更になったのは、分かるように、薬剤名を書き保険証に貼っています。

1 ランマーク治療中の歯科医療は、このような場合どうするのですか

2 顎骨壊死予防に、できることはありますか

3 泌尿器科に連絡するべきですか

4 歯科医に要望したほうがいいことはありますか

5 父が、絶対しないといけないことはありますか

6 父が、絶対してはいけないことはありますか


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2015-03-04 11:57:20
こんにちは。

まずはゾメタとランマークが使用された事があるため、歯科では特に抜歯または歯槽骨周囲に関わる外科処置が注意を要する事となります。

どちらも癌の治療薬ではありませんが骨転移の予防あるいは骨転移への対応策として処方されていると思います。

ただ歯槽骨はその他の骨と違い、何かが起こると吸収し、何かが起こると再生する速度がとても早い特徴があり、そこに骨の吸収を抑制するお薬を使った上で骨をいじくると顎骨壊死などが起こると考えられております。


一般的な治療は可能かと思いますが、服用するお薬などが出るようでしたらそれはその都度医科にお話だけはしておいて下さい。


> 至急の対応はしなくてもいいのでしょうか。

一般的な虫歯治療であれば抜歯以外は至急とまではいかない気もしますが、連携は取れていたほうが安心かも知れません。

故にどうしたらよいか判断がつかない場合には歯科医師または医師どちら側からでもかまいませんので、双方が連携できるようにそれぞれのかかりつけ医院をお知らせしておくと良いと思います。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: 父代理さん
返信日時:2015-03-04 13:26:31
田中先生ありがとうございます。


一安心しました。
歯科医師には、慌てて電話したことを謝るとともに、今後の治療をより注意していただけるようお願いしてみます。

それと泌尿器科にも、歯の治療後1〜2週間ぐらいにランマークを打ってしまったことを知らせて、今後の注意点などを聞いておきます。


本当に、ありがとうございました。



タイトル 歯の治療をしているのを知らずにランマークを注射 (第三者より)
質問者 父代理さん
地域 非公開
年齢 51歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ その他(歯科治療関連)
癌(抗がん剤服用中)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日