歯肉の腫れで注入された薬の胎児への影響(妊娠中期)

相談者: ますちゃんさん (27歳:女性)
投稿日時:2015-04-15 09:56:40
初めて質問します。

妊娠7ヶ月でもう数日で8ヶ月に入るんですが、昨日歯科医院に行った時に右下7番遠心の歯肉が腫れてたのでSRPしたあとにペリオフィール?ペリオクリン?を歯肉に入れられました。

もう腫れは治り出血もないのですが1回注入して胎児への影響はあるのでしょうか?

赤ちゃんの歯の黄色着色が心配です。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2015-04-15 10:16:18
ますちゃん さん、こんにちは。

>もう腫れは治り出血もないのです

SRPしていただいたことと薬剤の貼布により、一時的に症状が収まっているだけの可能性があります。

実際の状態が判りませんが、例えば、親知らずが原因だったとすると、診査によっては、速やかに、或いは、出産後に抜歯を検討した方が良いかもしれません。

私見になりますが、内服薬ではなく、外用の薬剤のようですので、胎児に対しての影響は、特に永久歯の変色に関しては、さほど神経質にならなくとも良いように思います。




タイトル 歯肉の腫れで注入された薬の胎児への影響(妊娠中期)
質問者 ますちゃんさん
地域 非公開
年齢 27歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 歯茎(歯ぐき)の腫れ
妊娠中の歯科治療
歯科治療用の薬
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日