[写真あり] 左上4番、クラウンが取れたまま帰国まで過ごせる?(英国)

相談者: エガムさん (31歳:男性)
投稿日時:2015-06-15 07:47:02
【状況】

2日前に左上4番(第一小臼歯)のクラウンが脱落しました。

・その歯は2年ほど前に処置したもので、コアは金属製、クラウンはセラミック製だったと記憶しております。
ハイブリットセラミックジルコニアセラミックの可能性あり)

・コアの部分は残っておりまして、現時点で痛みはありません。(写真1)

・クラウン自体は取れた時に噛んでしまい、破損してしまいました。
取れたクラウンから多少の臭いがあります。(写真2)


私は現在、イギリスに在住でして、5週間後に帰国する予定です。

イギリスの歯科医療が非常に高額であること、英語での専門的で込み入ったコミュニケーションに自信がないこと、クラウン自体の作成技術や歯科医師の方々のレベルが日本のほうが高そうであること、などから帰国後に治療できないかと考えております。


【ご相談】

(1)
今の状況で5週間程度(帰国後に歯科医に行くまでを考えると約6週間)を過ごすことは可能でしょうか?

(2)
治療せずに5週間程度を過ごす場合、発生しうるリスクはどのようなものでしょうか?

(3)
そのリスクを低くするために、どうすればよいでしょうか?
(日常生活での注意点や、イギリスの歯科医での応急処置方法など)


質問は以上です。

お忙しい中恐縮ですが、アドバイスをいただけましたら幸いです。
何卒宜しくお願いいたします。

画像1画像1 画像2画像2


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2015-06-15 08:26:32
ご相談ありがとうございます。

>(1)
>今の状況で5週間程度(帰国後に歯科医に行くまでを考えると約6週間)を過ごすことは可能でしょうか?

可能です。


>(2)
>治療せずに5週間程度を過ごす場合、発生しうるリスクはどのようなものでしょうか?

絶対ではありませんが、また理想的には、残った歯が虫歯になり使えなくなる。
歯ならびが前後と上下とも狂ってしまい、クラウンを作る時に矯正治療が必要になることがある。


>(3)
>そのリスクを低くするために、どうすればよいでしょうか?

正しいむし歯予防を継続しましょう。


イギリスの歯科医での応急処置方法など)

もし可能ならば仮歯を入れて、健康を守ってもらえると理想的です。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: エガムさん
返信日時:2015-06-16 06:33:47
さがら先生

ご回答ありがとうございました。
リスク面と対応策についてもご教示いただき、大変参考になりました。

残った歯を虫歯にしないようにきちんとしたケアをしつつ、帰国後にしっかりと治療をしたいと思います。

重ねまして、誠にありがとうございました。



タイトル [写真あり] 左上4番、クラウンが取れたまま帰国まで過ごせる?(英国)
質問者 エガムさん
地域 非公開
年齢 31歳
性別 男性
職業 非公開
カテゴリ その他(写真あり)
イギリス
クラウンが取れた・外れた
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日