ホワイトニングの期間、取れた前歯の詰め物について(イギリス)

相談者: 88-88さん (35歳:女性)
投稿日時:2015-08-12 03:39:15
前歯(上顎右1番)の詰め物が外れ、英国人歯科医を受診しました。

幸い右2も左1にも虫歯はなく、該当の歯も虫歯にはなっていませんでした。

レジンと他の歯の色合いのことを相談すると、それなら自分でホワイトニングをしてからダイレクトボンディングの修復をしたほうがいいと勧められました。

歯科医で行うとたっぷり2か月はかかるし、この程度なら費用的にも質も自分で行ってもあまり変わりないから、好きなところで止めて来院したらいいでしょうとのこと。

その間、今詰め物が外れているところは、自分でくっつけている取れた詰め物で対応するか、つけなくてもいいし、と言われたのですが・・・

確かに光るように白くしようとも思いませんし、ホワイトニング効果のある歯磨き粉をずっと使用しているため、今回取れたレジンが入った13年前と比べたら白いな、でももう少し白かったらいいな、くらいではあります。

レジンが取れたままだと、隣の左1番と右1番の幅が一番広いところで3ミリないし3.5ミリほどあります。
レントゲン写真では、左1番との接合面の側面を歯肉ぎりぎりまで削ってあるようでしたが、根はあります。

このまま(例えば丸2か月としても)放置すると、歯が動くのではないかと心配です。

代替として、(とりあえず)保険治療でダイレクトボンディングを入れてもらい(抑え気味に仕事もしていますが研究生なので医療費は全額国が負担し、個人負担0です)、年末に日本で自費のダイレクトボンディングを作ってもらう。
その間、ホワイトニングする、という風に考えています。

先生方ならどう治療されますか?


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2015-08-12 08:21:10
88-88さん、こんにちは。

現在、神経がある歯の詰め物が取れているのでしたら、ホームホワイトニングでしみてしまう可能性がありますので、暫間的にダイレクトボンディングを行い、ホワイトニングが終わってから詰め直す方法がいいと思います。

EUは使用できるホワイトニング剤の濃度が6%以内に規制されているため、どうしてもホワイトニングに時間がかかってしまいます。

今は1回で白くなるホワイトニングもありますので日本に帰国される機会がありましたら、ホワイトニングだけ日本でお受けになり、イギリスに戻られてから詰め直しを行ってもよろしいかと思います。

2人の専門家がこの回答を支持しています  
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: 88-88さん
返信日時:2015-08-12 14:39:30
お忙しいところ、ご回答有り難うございます。

1:では、ダイレクトボンディングが取れた状態でのホワイトニングで危惧するはしみるかもしれない点のみという捉え方で大丈夫でしょうか?
歯が動いたり歯髄への影響はさほど心配しなくても大丈夫でしょうか?
3ミリないし3.5ミリ幅で空いているのは歯の先端部ではあります。


2:暫定的にボンディングを行う場合、通常の(外すことを視野に入れない)場合とは異なるレジンを使われ、異なるアプローチで詰めますか?


2の補足:いずれ外すと伝えずに出てきた見積もりには、保険内診療でも自費でもコンポジットフィリングはUR1 MIBPを使用とあります。
恐らく使用できるシェイディング(色数?)が異なってくる為の保険診療費対自費の違いと思います。

また、昨日の受診時は「ホワイトニング後、詰めよう」との医師の見解で、説得できそうな理由(ご教授いただいた、しみるなど)なしに抗うのは、さすがに。。。

私からの変更提案は、今のところ、

「このままだとホームホワイトニングがしみるので、今はホワイトニングしないことにします。
保険内診療でダイレクトボンディングを修復してください」

という形になると思います。

情報も設備も発展的なのに、日本の歯科医に比べ技術も考え方も劣る
(主訴に不具合がなければデンタルのX線は根幹部より下は撮さないので、歯科検診では根治の予後など全く触れません。。。全顎撮影なんて有り得ないくらいです。
マイクロスコープもすぐそこに置かれているのに、根治じゃないしボンディングは拡大鏡で十分だから、と今回の充填には使用しないそう。)
と感じていますが、医師は医師に違いないので、面と向かって「どうなのかしら、こないだの初見?」発言は避けたいです。笑

Dr.TSUBAKI先生のご見解を読み間違い、或いは正しく理解してませんでしたら、ご容赦ください。

以上、よろしくお願いいたします。
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2015-08-12 19:05:33
88-88さん、こんにちは。

ボンディングが取れた状態だと、深さによっては歯髄に影響があるい場合はあります。
また長期間空いたままであれば、歯が移動することも考えられます。

暫間的なボンディングは、担当する歯科医師によっても変わってきます。
暫間充填用のレジンもありますので、これを使用する場合もあります。

担当医としては、治療方針を患者さんに変更されることを嫌がる方もいらっしゃると思います。

88-88さんの提案でよろしいかと思います。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: 88-88さん
返信日時:2015-08-12 21:44:55
お忙しいところ、ご回答有り難うございます。

もう1点だけ質問させてください。

使用するレジンが担当医師によりバラつくということは、暫間充填用のレジンもそうでないレジンも、レジンはレジンなのでホワイトニングが終わってからの本詰め(そんな言葉がもしあれば)の際に取り外す時の歯へのダメージは同じだからでしょうか?

或いは暫間充填用のレジンは取れやすいけれどもその見た目から、べっとり付く通常のレジンを使用するのでしょうか?

櫻井先生がどこかの回答で、審美歯科には目標の白さのレジンを入れ他の歯をとことん白くするケースもある、と書かれているのは拝読しましたが、今後長く使うレジンなので、できればホームホワイトニングで対応できる(自分でどの国ででも、という意味)カラーでレジンを入れたいと思っております。

お忙しいところ恐れ入りますが、よろしくお願いいたします。
回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2015-08-12 22:19:57
担当医によってばらつくのではなく、暫間用のレジンを扱っているかどうかです。
これがなければ通常のレジンを暫間用に使用すると思います。

最終的なホワイトニングの色を予測してレジンを詰めることはかなり困難です。
ホームホワイトニングで対応できるカラーのレジンは難しいと思います。
一般的にはホワイトニングが終わってから周りの色に合せて長く使用できるレジンで詰め直しを行います。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: 88-88さん
返信日時:2015-08-12 22:26:31
夜分遅くのご回答、大変恐縮しております。
有り難うございます。

暫間的に使用するレジンについてよく理解できました。
オフィスホワイトニングを検討する方が賢明のようですね..。

予備知識があるのと無いのとでは、実際に受診する先の医師の対応が雲泥の差ですので、大変有難いです。

また質問させていただきます。

今後ともよろしくお願い致します。
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: 88-88さん
返信日時:2015-08-13 20:31:35
同じくNHS診療と自費両方行う英国人歯科医に、セカンドオピニオンに行ってきました。

ホワイトニングのアプローチ、今回の医師(医師Bと呼びます)はここでの回答と全て一致しました。
取れた状態を続けるのは良くないから、と開口一番におっしゃってました。

別スレッドで質問のアマルガムと「銀歯」の拡大鏡下での判別については、最初の歯科医の初見について伺いました。

もちろんエキスプローラーでつつく事も一切無く、銀歯も一目で「金属」と判別し、珍しいのだろうと思いますので「金属ですか…」と歯科衛生士が記録に戸惑うと、選択肢の最後にあるだろ、それクリックして。
と指示しました。

この医師Bにまずは保険診療で暫間充填をお願いしようと思います。

お忙しいところご回答頂き、本当に有難う御座いました。

しかし、本充填(?)についてはきっとまだまだ質問させて頂きます…。:゚(;´∩`;)゚:



タイトル ホワイトニングの期間、取れた前歯の詰め物について(イギリス)
質問者 88-88さん
地域 非公開
年齢 35歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ ホワイトニング治療法
イギリス
詰め物、インレーが取れた・外れた
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日