治療1時間前に鎮痛剤を飲み、削る際は無麻酔という歯科治療

相談者: いねもとさん (26歳:男性)
投稿日時:2015-10-15 09:05:30
始めまして。

右下奥歯銀歯詰め物が取れ、その下が虫歯という事で受診しました。
虫歯が深いという事で、神経をとるかどうかの瀬戸際との事です。

神経を出来るだけ守るということで、削る際は無麻酔で行うと言われました。

治療一時間前に鎮痛剤を飲んで下さいとの事で頂いていますが、これで耐えられない程の痛みがこないかが心配です。

通常深い虫歯は麻酔をすると知識があったもので不安でなりません。
ご意見頂けたらと思います。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2015-10-15 10:19:12
担当の先生の意図が分かりません。

麻酔をしても注意深くむし歯部分を除去すれば、良いように思えますが。

あえて麻酔をしないメリットがあるのか?
神経をとる処置になった場合、麻酔が効きにくくなるデメリットのほうが大きいように思えますが。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: いねもとさん
返信日時:2015-10-15 12:31:04
上野先生、回答有難うございます。

神経は警報器なので麻酔をせず最低限に削る為と仰ってました。
ただ、やはりどうしても怖いのと、先生のコメントも最もですので転院を考えてみます。
(今はまだ仮に詰め物をしているだけです)

有難うございました。
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2015-10-15 13:16:04
歯髄温存療法という日本歯科保存学会によるガイドラインがある治療法があります。

歯科保存学会のサイトより→AIPC(非侵襲性歯髄覆罩)のガイドライン

この1ページ目の一番下ににできるだけ無麻酔で行うとあります。
この治療法はとてもマイナーなのですが歯髄を温存することを目標としています。
ですから「無麻酔=メリットがない」とは思いません。

ちなみに26年5月に日本中で約50万本の歯の抜髄神経をとること)が行われていますが、歯髄温存療法は1400本ぐらいしか保険請求されていなかったと思います。




タイトル 治療1時間前に鎮痛剤を飲み、削る際は無麻酔という歯科治療
質問者 いねもとさん
地域 非公開
年齢 26歳
性別 男性
職業 非公開
カテゴリ 虫歯治療中の痛み
むし歯 治療中の痛み
根管治療中の痛み
麻酔その他
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日